LIFE NORTH CAROLINA

NBAドラフトで指名されたUNC男子バスケ部の選手

本記事の信頼性

  • 2012年9月~2013年8月にマイケル・ジョーダンの母校「ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)」で客員研究員として働いた経験があり,アメリカの大学バスケ(NCAA)やNBAに詳しい
  • 2020年1月~現在はアメリカのノースカロライナ州チャペルヒル(UNCがある場所)にあるスタートアップ「Guarantee Happiness LLC」でCTOとして働いているので,アメリカの最新のバスケに詳しい.(コロナの影響のため,2021年現在は日本からアメリカの仕事をリモートワーク.)
  • 中高はバスケ部で,中学は千葉県ベスト8,高校は千葉県ベスト16.UNCの学生やノースカロライナの地元の方と一緒にアメリカのバスケの経験あり

こういった私が解説していきます.

NBAドラフトで指名された選手

NBAドラフトで指名されたノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)男子バスケ部の選手を下表に紹介します.

指名順位名前指名チーム
19571巡目6位
全体6位
レニー・ローゼンブルースフィラデルフィア・ウォーリアーズ
(2021年現在:ゴールデンステート・ウォリアーズ)
19581巡目4位
全体4位
ピート・ブレナンニューヨーク・ニックス
19582巡目4位
全体12位
ジョー・クイッグニューヨーク・ニックス
19584巡目6位
全体29位
トミー・カーンズシラキューズ・ナショナルズ
(2021年現在:フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)
19601巡目5位
全体5位
リー・シェーファーシラキューズ・ナショナルズ
(2021年現在:フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)
19606巡目6位
全体46位
ヨーク・レアーズセントルイス・ホークス
(2021年現在:アトランタ・ホークス)
19607巡目4位
全体52位
ダグ・モーデトロイト・ピストンズ
19612巡目11位
全体20位
ヨーク・レアーズシカゴ・パッカーズ
(2021年現在:ワシントン・ウィザーズ)
19612巡目13位
全体22位
ダグ・モーシカゴ・パッカーズ
(2021年現在:ワシントン・ウィザーズ)
196111巡目7位
全体97位
ディック・ケプリーセントルイス・ホークス
(2021年現在:アトランタ・ホークス)
19626巡目7位
全体50位
ジム・ヒュードックフィラデルフィア・ウォーリアーズ
(2021年現在:ゴールデンステート・ウォリアーズ)
196210巡目6位
全体84位
ケン・マコームフィラデルフィア・ウォーリアーズ
(2021年現在:ゴールデンステート・ウォリアーズ)
196211巡目5位
全体89位
ドニー・ウォルシュフィラデルフィア・ウォーリアーズ
(2021年現在:ゴールデンステート・ウォリアーズ)
19637巡目2位
全体55位
ラリー・ブラウンボルティモア・ブレッツ
(2021年現在:ワシントン・ウィザーズ)
19651巡目4位
全体4位
ビリー・カニンガムフィラデルフィア・セブンティシクサーズ
196613巡目1位
全体101位
ボブ・ベネットニューヨーク・ニックス
19674巡目8位
全体39位
ボブ・ルイスサンフランシスコ・ウォリアーズ
196711巡目4位
全体117位
マーク・マーキンニューヨーク・ニックス
19685巡目12位
全体62位
ラリー・ミラーフィラデルフィア・セブンティシクサーズ
19692巡目11位
全体26位
ビル・バンティングニューヨーク・ニックス
19696巡目12位
全体83位
ディック・グルバルロサンゼルス・レイカーズ
196911巡目4位
全体145位
ラスティ・クラークデトロイト・ピストンズ
19707巡目4位
全体106位
チャーリー・スコットボストン・セルティックス
19715巡目13位
全体81位
リー・デドモンロサンゼルス・レイカーズ
19721巡目2位
全体2位
ボブ・マカドゥーバッファロー・ブレーブス
(2021年現在:ロサンゼルス・クリッパーズ)
19722巡目14位
全体27位
デニス・ヴュイチクボストン・セルティックス
19723巡目13位
全体43位
ビル・チェンバレンゴールデンステート・ウォリアーズ
19727巡目4位
全体111位
スティーブ・プレヴィスボストン・セルティックス
19734巡目14位
全体66位
ジョージ・カールニューヨーク・ニックス
197318巡目1位
全体207位
ドン・ジョンソンバッファロー・ブレーブス
(2021年現在:ロサンゼルス・クリッパーズ)
19741巡目5位
全体5位
ボビー・ジョーンズヒューストン・ロケッツ
19743巡目7位
全体43位
ダレル・エルストンアトランタ・ホークス
197410巡目14位
全体174位
ジョン・オドネルニューヨーク・ニックス
19755巡目8位
全体80位
ドナルド・ワシントンニューヨーク・ニックス
19755巡目13位
全体85位
エド・スタルカンザスシティ=オマハ・キングス
(2021年現在:サクラメント・キングス)
19761巡目13位
全体13位
ミッチ・クプチャクワシントン・ブレッツ
(2021年現在:ワシントン・ウィザーズ)
19771巡目5位
全体5位
ウォルター・デイビスフェニックス・サンズ
19771巡目9位
全体9位
トム・ラガルドデンバー・ナゲッツ
19773巡目9位
全体53位
ジョン・キュースターカンザスシティ・キングス
(2021年現在:サクラメント・キングス)
19776巡目15位
全体125位
ブルース・バックリーサンアントニオ・スパーズ
19781巡目2位
全体2位
フィル・フォードカンザスシティ・キングス
(2021年現在:サクラメント・キングス)
19784巡目4位
全体70位
ジェフ・クロンプトンカンザスシティ・キングス
(2021年現在:サクラメント・キングス)
19788巡目12位
全体164位
トム・ザリアギリスミルウォーキー・バックス
19791巡目13位
全体13位
ダドリー・ブラッドリーインディアナ・ペイサーズ
19801巡目6位
全体6位
マイク・オコレンニュージャージー・ネッツ
(2021年現在:ブルックリン・ネッツ)
19803巡目3位
全体49位
ジョン・バージルゴールデンステート・ウォリアーズ
19803巡目15位
全体61位
リッチ・ヨナコールサンアントニオ・スパーズ
19804巡目17位
全体86位
ジェフ・ウルフミルウォーキー・バックス
19807巡目2位
全体140位
デイブ・コレスコットユタ・ジャズ
19811巡目4位
全体4位
アル・ウッドアトランタ・ホークス
19815巡目1位
全体93位
ピート・ブッドコダラス・マーベリックス
19816巡目8位
全体123位
マイク・ペッパーサンディエゴ・クリッパーズ
(2021年現在:ロサンゼルス・クリッパーズ)
19821巡目1位
全体1位
ジェームズ・ウォージーロサンゼルス・レイカーズ
19823巡目13位
全体59位
ジミー・ブラックニュージャージー・ネッツ
(2021年現在:ブルックリン・ネッツ)
19826巡目16位
全体131位
クリス・ブルストデンバー・ナゲッツ
19827巡目15位
全体153位
ジェブ・バーロウデンバー・ナゲッツ
19835巡目14位
全体107位
ジム・ブラドックデンバー・ナゲッツ
19841巡目3位
全体3位
マイケル・ジョーダンシカゴ・ブルズ
19841巡目4位
全体4位
サム・パーキンスダラス・マーベリックス
19846巡目3位
全体118位
マット・ドハーティクリーブランド・キャバリアーズ
19849巡目10位
全体194位
セシル・エクサムデンバー・ナゲッツ
19857巡目8位
全体147位
バズ・ピーターソンクリーブランド・キャバリアーズ
19861巡目1位
全体1位
ブラッド・ドアティークリーブランド・キャバリアーズ
19864巡目3位
全体73位
ウォーレン・マーティンクリーブランド・キャバリアーズ
19864巡目11位
全体81位
スティーヴ・ヘイルニュージャージー・ネッツ
(2021年現在:ブルックリン・ネッツ)
19871巡目6位
全体6位
ケニー・スミスサクラメント・キングス
19871巡目13位
全体13位
ジョー・ウルフロサンゼルス・クリッパーズ
19874巡目19位
全体88位
デイブ・ポプソンデトロイト・ピストンズ
19877巡目18位
全体156位
カーティス・ハンターデンバー・ナゲッツ
19891巡目5位
全体5位
J・R・リードシャーロット・ホーネッツ
19911巡目24位
全体24位
リック・フォックスボストン・セルティックス
19911巡目27位
全体27位
ピート・チルカットサクラメント・キングス
19921巡目20位
全体20位
ヒューバート・デイビスニューヨーク・ニックス
19931巡目12位
全体12位
ジョージ・リンチロサンゼルス・レイカーズ
19941巡目9位
全体9位
エリック・モントロスボストン・セルティックス
19951巡目3位
全体3位
ジェリー・スタックハウスフィラデルフィア・セブンティシクサーズ
19951巡目4位
全体4位
ラシード・ウォーレスワシントン・ブレッツ
(2021年現在:ワシントン・ウィザーズ)
19962巡目8位
全体37位
ジェフ・マッキニスデンバー・ナゲッツ
19972巡目1位
全体29位
セルジュ・ズウィッカーヒューストン・ロケッツ
19981巡目4位
全体4位
アントワン・ジェイミソントロント・ラプターズ
19981巡目5位
全体5位
ビンス・カーターゴールデンステート・ウォリアーズ
19982巡目5位
全体34位
シャモンド・ウィリアムズシカゴ・ブルズ
20011巡目20位
全体20位
ブレンダン・ヘイウッドクリーブランド・キャバリアーズ
20011巡目21位
全体21位
ジョセフ・フォルテボストン・セルティックス
20051巡目2位
全体2位
マービン・ウィリアムズアトランタ・ホークス
20051巡目5位
全体5位
レイモンド・フェルトンシャーロット・ボブキャッツ
(2021年現在:シャーロット・ホーネッツ)
20051巡目13位
全体13位
ショーン・メイシャーロット・ボブキャッツ
(2021年現在:シャーロット・ホーネッツ)
20051巡目14位
全体14位
ラシャード・マキャンツミネソタ・ティンバーウルブズ
20062巡目9位
全体39位
デビッド・ノエルミルウォーキー・バックス
20071巡目8位
全体8位
ブランダン・ライトシャーロット・ボブキャッツ
(2021年現在:シャーロット・ホーネッツ)
20072巡目14位
全体44位
レイショーン・テリーオーランド・マジック
20091巡目13位
全体13位
タイラー・ハンズブローインディアナ・ペイサーズ
20091巡目18位
全体18位
タイ・ローソンミネソタ・ティンバーウルブズ
20091巡目28位
全体28位
ウェイン・エリントンミネソタ・ティンバーウルブズ
20092巡目16位
全体46位
ダニー・グリーンクリーブランド・キャバリアーズ
20101巡目13位
全体13位
エド・デイビストロント・ラプターズ
20121巡目7位
全体7位
ハリソン・バーンズゴールデンステート・ウォリアーズ
20121巡目13位
全体13位
ケンドール・マーシャルフェニックス・サンズ
20121巡目14位
全体14位
ジョン・ヘンソンミルウォーキー・バックス
20121巡目17位
全体17位
タイラー・ゼラーダラス・マーベリックス
20131巡目25位
全体25位
レジー・ブロックロサンゼルス・クリッパーズ
20141巡目26位
全体26位
P・J・ヘアストンマイアミ・ヒート
20152巡目28位
全体58位
J・P・トコトフィラデルフィア・セブンティシクサーズ
20161巡目25位
全体25位
ブライス・ジョンソンロサンゼルス・クリッパーズ
20162巡目25位
全体55位
マーカス・ペイジブルックリン・ネッツ
20171巡目15位
全体15位
ジャスティン・ジャクソンサクラメント・キングス
20171巡目28位
全体28位
トニー・ブラッドリーユタ・ジャズ
20191巡目7位
全体7位
コービー・ホワイトシカゴ・ブルズ
20191巡目11位
全体11位
キャメロン・ジョンソンミネソタ・ティンバーウルブズ
20191巡目25位
全体25位
ナシール・リトルポートランド・トレイルブレイザーズ
20201巡目15位
全体15位
コール・アンソニーオーランド・マジック

※NBAドラフトを辞退

NBAドラフトで1巡目の指名された選手の名前と順位は,カロライナ・バスケットボール・ミュージアムに展示されています.見学したいあなたはこちらからどうぞ.

Carolina Basketball Museum
カロライナ・バスケットボール・ミュージアムを見学しよう

こういった私が解説していきます. カロライナ・バスケットボール・ミュージアムは,ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)にある男子バスケットボール部の博物館です. ディーン・スミス・センターの隣に ...

続きを見る

本ブログで紹介している選手・コーチ

1980年代に指名

ジェームズ・ウォージー
ジェームズ・ウォージー:マイケル・ジョーダンが大学時代に優勝した時のエースで永久欠番の選手

こういった私が解説していきます. 目次1 ジェームズ・ウォージー2 ジェームズ・ウォージーの大学時代の活躍2.1 1979~1980年:1年生の時2.2 1980~1981年:2年生の時2.2.1 1 ...

続きを見る

サム・パーキンス
サム・パーキンス:マイケル・ジョーダンが大学時代に優勝した時の名センター

こういった私が解説していきます. 目次1 サム・パーキンス2 サム・パーキンスの大学時代の活躍2.1 1981年3月7日:ACCトーナメント優勝とMVP受賞2.2 1982年3月29日:NCAAトーナ ...

続きを見る

マイケル・ジョーダン
マイケル・ジョーダン:ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)出身のバスケの神様

こういった私が解説していきます. アメリカのノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)で客員研究員として働いていた私が,その先輩でバスケの神様である「マイケル・ジョーダン」について解説します. マイ ...

続きを見る

1990年代に指名

UNCコーチ ヒューバート・デイビス
ヒューバート・デイビス:UNC男子バスケ部出身のコーチ

こういった私が解説していきます. 2021年4月1日にノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)男子バスケ部のコーチ「ロイ・ウィリアムズ」が引退してニュースになりましたね. 2021年4月5日に元ア ...

続きを見る

ビンス・カーター
ビンス・カーター:マイケル・ジョーダンと同じ大学出身のスラムダンク王

こういった私が解説していきます. 目次1 ビンス・カーター2 ビンス・カーターのスラムダンク動画2.1 高校時代のダンク2.2 大学時代のTOP10のダンク2.3 2000年のNBAスラムダンクコンテ ...

続きを見る

2000年代に指名

タイラー・ハンズブロー
タイラー・ハンズブロー:マイケル・ジョーダンと同じ大学でNCAAトーナメントを優勝した永久欠番の選手

こういった私が解説していきます. 目次1 タイラー・ハンズブロー2 タイラー・ハンズブローの大学時代の活躍2.1 2006年2月15日:ジョージア工科大学戦で40得点,10リバウンドの活躍2.2 20 ...

続きを見る

ダニー・グリーン:マイケル・ジョーダンと同じ大学出身でNCAAとNBAで優勝した選手

こういった私が解説していきます. 目次1 ダニー・グリーン2 ダニー・グリーンの大学時代の活躍3 ダニー・グリーンのNBA時代の活躍3.1 2009~2010年:クリーブランド・キャバリアーズ時代の活 ...

続きを見る

2010年代に指名

ハリソン・バーンズ
ハリソン・バーンズ:NBAでエースとしてブザービーターを決める選手

こういった私が解説していきます. 目次1 ハリソン・バーンズ2 ハリソン・バーンズの大学時代の活躍2.1 大学時代のダンク動画2.2 2011年3月12日:クリムゾン大学戦で40得点の活躍3 ハリソン ...

続きを見る

マーカス・ペイジ
マーカス・ペイジ:マイケル・ジョーダンと同じ大学でNCAAトーナメントの決勝でクラッチショットを決めた選手

こういった私が解説していきます. 目次1 マーカス・ペイジ2 マーカス・ペイジの大学時代の活躍2.1 2014年2月26日:ノースカロライナ州立大学戦の延長線の残り0.9秒でウイニングショット2.2 ...

続きを見る

ジャスティン・ジャクソン
ジャスティン・ジャクソン:スラムダンクの沢北の「へなちょこシュート」が必殺技の選手

こういった私が解説していきます. 目次1 ジャスティン・ジャクソン2 ジャスティン・ジャクソンの大学時代の活躍2.1 ジャスティン・ジャクソンの大学時代の成績2.2 へなちょこシュート:ジャスティン・ ...

続きを見る

キャメロン・ジョンソン
キャメロン・ジョンソン:スラムダンクの神のような名シューター

こういった私が解説していきます. 目次1 キャメロン・ジョンソン2 キャメロン・ジョンソンの大学時代の活躍2.1 2018年1月30日:クリムゾン大学戦でキャリアハイの32得点の活躍2.2 2019年 ...

続きを見る

コービー・ホワイト
コービー・ホワイト:マイケル・ジョーダンと同じ大学出身でNBAドラフトでシカゴ・ブルズに1巡目で指名された選手

こういった私が解説していきます. 目次1 コービー・ホワイト2 コービー・ホワイトの大学時代の活躍2.1 2019年2月26日:シラキュース大学戦でキャリアハイ34得点の活躍2.2 2019年3月5日 ...

続きを見る

2020年代に指名

コール・アンソニー
コール・アンソニー:デリック・ローズのようなポイント・ガードの選手

こういった私が解説していきます. 目次1 コール・アンソニー2 コール・アンソニーの大学時代の活躍2.1 2019年11月6日:ノートルダム大学戦で34得点,11リバウンド,5アシストの活躍2.2 2 ...

続きを見る

BAAとABAドラフトで指名された選手

アメリカには,NBAの前身のBasketball Association of America(BAA)(1946~1949年),NBAとライバルリーグのAmerican Basketball Association(ABA)(1967~1976年)がありました.

BAAドラフトで指名されたUNC男子バスケ部の選手を下表に紹介します.

名前指名チーム
1948ノーマン・コーラーインディアナポリス・オリンピアンズ
1948ボブ・パックストンインディアナポリス・オリンピアンズ
1948フック・ディロンシカゴ・スタッグズ

ABAドラフトで指名されたUNC男子バスケ部の選手を下表に紹介します.チャールズ・スコット以外はNBAドラフトでも指名されています.

名前指名チーム
1967ボブ・ルイスアナハイム・アミーゴズ(1976年までユタ・スターズとして活動)
1968ラリー・ミラーロサンゼルス・スターズ(1976年までユタ・スターズとして活動)
1969ディック・グルバルインディアナ・ペイサーズ
1969ビル・バンティングマイアミ・フロリディアンズ(1972年までフロリディアンズとして活動)
1969ラスティ・クラークロサンゼルス・スターズ(1976年までユタ・スターズとして活動)
1970チャールズ・スコットバージニア・スクワイアーズ
1971リー・デドモンユタ・スターズ
1972デニス・ヴュイチクカロライナ・クーガーズ
1972ビル・チェンバレンカロライナ・クーガーズ
1972スティーブ・プレヴィスカロライナ・クーガーズ
1973ボビー・ジョーンズカロライナ・クーガーズ
1973ジョージ・カールメンフィス・タムズ(1975年までメンフィス・サウンズとして活動)
1974ダレル・エルストンカロライナ・クーガーズ

※ABAドラフトの指名順位はダレル・エルストンのデータ(4巡目1位,全体31位)以外のデータがありません.

-LIFE, NORTH CAROLINA
-, , , , , , , , , ,

© 2021 元東大教員/アメリカのスタートアップCTO