LIFE NORTH CAROLINA

J・R・リード:1989年のACCトーナメントでMVPを受賞した名パワー・フォワード

本記事の信頼性

  • 2012年9月~2013年8月にマイケル・ジョーダンの母校「ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)」で客員研究員として働いた経験があり,アメリカの大学バスケ(NCAA)やNBAに詳しい
  • 2020年1月~現在はアメリカのノースカロライナ州チャペルヒル(UNCがある町)にあるスタートアップ「Guarantee Happiness LLC」でCTOとして働いているので,アメリカの最新のバスケに詳しい.(コロナの影響のため,2022年現在は日本からアメリカの仕事をリモートワーク.)
  • 中高はバスケ部で,中学は千葉県ベスト8,高校は千葉県ベスト16.UNCの学生やノースカロライナの地元の方と一緒にアメリカのバスケの経験あり

こういった私が解説していきます.

目次

J・R・リード

J・R・リードは,1986~1989年にノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)で活躍した選手です.

また,J・R・リードは,1989年のACCトーナメントでMVPを受賞した名パワー・フォワードです.

それでは,J・R・リードの活躍を紹介していきます.

J・R・リードの大学時代の活躍

J・R・リードの大学時代の活躍を紹介していきます.

J・R・リードの主な実績は以下になります.

  • 1987年:Second-team All-ACC
  • 1987年:ACC Rookie of the Year
  • 1988年:Consensus first-team All-American
  • 1988年:First-team All-ACC
  • 1989年:Third-team All-American – NABC
  • 1989年:ACC Tournament MVP

これらの活躍により,J・R・リードのジャージ(背番号#34)は,優秀選手としてディーン・スミス・センターに掲げられました.

永久欠番の選手を含む優秀選手一覧を知りたいあなたは,こちらの記事を読みましょう.

UNC男子バスケ部 永久欠番
UNC男子バスケ部の永久欠番と優秀選手

こういった私が解説していきます. ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)男子バスケ部の永久欠番と優秀選手を紹介します. 永久欠番の選手は,男子バスケ部のスタジアム「ディーン・スミス・センター」に ...

続きを見る

大学時代のハイライト動画

大学時代のハイライト動画です.

大学時代の活躍と思い出を語っています.

1986~1987年シーズンのUNCのハイライト動画

1986~1987年シーズンのUNCのハイライト動画です.(画質は少し悪いです.)

J・R・リードが速攻からダンクを決めているシーンがあります.

1989年3月12日:ACCトーナメント決勝のデューク大学戦で14得点の活躍

1989年3月12日のACCトーナメント決勝のデューク大学戦で14得点の活躍でした.

UNCはデューク大学に77-74で勝利し,ACCトーナメントを優勝しました.

J・R・リードは,ACCトーナメントのMVPを受賞しました.

J・R・リードのNBA第1期時代の活躍

J・R・リードは,1989年のNBAドラフトでシャーロット・ホーネッツに1巡目5位で指名されました.

J・R・リードのNBA第1期時代の活躍を紹介していきます.

1989~1992年:シャーロット・ホーネッツ時代の活躍

1989~1992年のシャーロット・ホーネッツ時代の活躍を紹介していきます.

J・R・リードの背番号は#34です.

シャーロット・ホーネッツ時代のハイライト動画

シャーロット・ホーネッツ時代のハイライト動画です.

動画の後半は1997~1999年の第2期時代(背番号#7)のハイライト動画になります.

1992~1996年:サンアントニオ・スパーズ時代の活躍

1992~1996年のサンアントニオ・スパーズ時代の活躍を紹介していきます.

J・R・リードの背番号は#7です.

1993年1月24日:シカゴ・ブルズ戦で14得点,7リバウンドの活躍

1993年1月24日のシカゴ・ブルズ戦で14得点,7リバウンドの活躍でした.

J・R・リードの活躍により,サンアントニオ・スパーズはシカゴ・ブルズに103-99で勝利しました.

1996年:ニューヨーク・ニックス時代の活躍

1996年のニューヨーク・ニックス時代の活躍を紹介していきます.

J・R・リードの背番号は#7です.

同じUNC出身のヒューバート・デイビスとチームメイトになりました.

ヒューバート・デイビスを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

UNCコーチ ヒューバート・デイビス
ヒューバート・デイビス:UNC男子バスケ部出身のコーチ

こういった私が解説していきます. 2021年4月1日にノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)男子バスケ部のコーチ「ロイ・ウィリアムズ」が引退してニュースになりましたね. 2021年4月5日に元ア ...

続きを見る

1996年2月25日:フェニックス・サンズ戦で22得点,11リバウンドの活躍

1996年2月25日のフェニックス・サンズ戦で22得点,11リバウンドの活躍でした.

※ヒューバート・デイビスは20得点の活躍でした.

ニューヨーク・ニックスはフェニックス・サンズに105-113で惜敗しました.

J・R・リードのリーグ・ナショナル・バスケットボール(フランス)時代の活躍

J・R・リードのリーグ・ナショナル・バスケットボール(フランス)時代の活躍を紹介していきます.

1996~1997年:PSGラシン・バスケ時代の活躍

1996~1997年のPSGラシン・バスケ時代の活躍を紹介していきます.

J・R・リードの背番号は#12です.

1996年10月24日:エラン・ベアルン・ポー=オルテズ戦に出場

1996年10月24日のエラン・ベアルン・ポー=オルテズ戦に出場しました.

成績はわかり次第追加します.

PSGラシン・バスケはエラン・ベアルン・ポー=オルテズに95-107で敗戦しました.

1997年のフランス大会優勝について語られる動画

2018年に公開された1997年のフランス大会優勝について語られる動画です.

1:59でJ・R・リードの得点シーンが紹介されています.

J・R・リードのNBA第2期時代の活躍

J・R・リードのNBA第2期時代の活躍を紹介していきます.

1997~1999年:シャーロット・ホーネッツ第2期時代の活躍

1997~1999年のシャーロット・ホーネッツ第2期時代の活躍を紹介していきます.

J・R・リードの背番号は#7です.

1999年に同じUNC出身のジョー・ウルフとチームメイトになりました.

ジョー・ウルフ
ジョー・ウルフ:UNC出身で選手とコーチの両方で活躍した名ディフェンダー

こういった私が解説していきます. 目次1 ジョー・ウルフ2 ジョー・ウルフの大学時代の活躍2.1 1987年2月26日:デューク大学戦で77-71の勝利に貢献3 ジョー・ウルフのNBA第1期時代の活躍 ...

続きを見る

1999年2月26日:ポートランド・トレイルブレイザーズ戦で22得点,5リバウンド,3スティールの活躍

1999年2月26日のポートランド・トレイルブレイザーズ戦で22得点,5リバウンド,3スティールの活躍でした.

シャーロット・ホーネッツはポートランド・トレイルブレイザーズに97-95で勝利しました.

1999年:ロサンゼルス・レイカーズ時代の活躍

1999年のロサンゼルス・レイカーズ時代の活躍を紹介していきます.

J・R・リードの背番号は#11です.

1999年4月2日:フェニックス・サンズ戦で10得点連続で決めた動画

1999年4月2日のフェニックス・サンズ戦で10得点連続で決めた動画です.

J・R・リードの14得点,3リバウンドの活躍により,ロサンゼルス・レイカーズはフェニックス・サンズに91-90で勝利しました.

フル動画です.

1999~2000年:ミルウォーキー・バックス時代の活躍

1999~2000年のミルウォーキー・バックス時代の活躍を紹介していきます.

J・R・リードの背番号は#7です.

1999年12月7日:デトロイト・ピストンズ戦で5得点,3リバウンドの活躍

1999年12月7日のデトロイト・ピストンズ戦で5得点,3リバウンドの活躍でした.

ミルウォーキー・バックスはデトロイト・ピストンズに112-116で惜敗しました.

2000~2001年:クリーブランド・キャバリアーズ時代の活躍

2000~2001年のクリーブランド・キャバリアーズ時代の活躍を紹介していきます.

J・R・リードの背番号は#31です.

動画は見つかり次第追加します.

J・R・リードのリーグ・ナショナル・バスケットボール(フランス)時代の活躍

J・R・リードのリーグ・ナショナル・バスケットボール(フランス)時代の活躍を紹介していきます.

2001~2002年:ストラスブール時代の活躍

2001~2002年のストラスブール時代の活躍を紹介していきます.

動画は見つかり次第追加します.

J・R・リードのLEBオロ(スペイン)時代の活躍

J・R・リードのLEBオロ(スペイン)時代の活躍を紹介していきます.

2002~2003年:バロンセスト・レオン時代の活躍

2002~2003年のバロンセスト・レオン時代の活躍を紹介していきます.

動画は見つかり次第追加します.

J・R・リードのアメリカ代表時代の活躍

J・R・リードのアメリカ代表時代の活躍を紹介していきます.

1998年:ソウルオリンピックで銅メダルを獲得

1998年のソウルオリンピックで銅メダルを獲得しました.

J・R・リードの背番号は#14です.

1988年9月28日:準決勝のソビエト連邦代表戦に出場

1988年9月28日の準決勝のソビエト連邦代表戦に出場しました.

成績はわかり次第追加します.

アメリカ代表はソビエト連邦代表76-82で惜敗しました.

フル動画です.

1988年9月29日:3位決定戦のオーストラリア代表戦に出場

1988年9月29日の3位決定戦のオーストラリア代表戦に出場しました.

アメリカ代表はオーストラリア代表に78-49で勝利して,銅メダルを獲得しました.

J・R・リードのコーチ時代の活躍

J・R・リードのコーチ時代の活躍を紹介していきます.

J・R・リードのコーチとしての経歴は以下になります.

  • 2011~2013年:パトリック & ヘンリー・コミュニティ大学のアシスタントコーチ
  • 2018年~現在:モンマス大学のアシスタントコーチ

まとめ

1989年のACCトーナメントでMVPを受賞した名パワー・フォワード「J・R・リード」を紹介しました.

J・R・リードは,NBAやヨーロッパで活躍したことがわかりました.

今後のJ・R・リードのコーチとしての活躍に期待しましょう!

(UNCと対戦する以外は)応援します!

英語の動画を楽しみたいあなたは,アメリカ企業CTOがおすすめするオンラインビジネス英会話は1つを読みましょう.

-LIFE, NORTH CAROLINA
-, , , , ,