LIFE NORTH CAROLINA

マイク・オコレン:UNCで1,500得点,800リバウンド,300アシストを初めて達成した名スモール・フォーワード

本記事の信頼性

  • 2012年9月~2013年8月にマイケル・ジョーダンの母校「ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)」で客員研究員として働いた経験があり,アメリカの大学バスケ(NCAA)やNBAに詳しい
  • 2020年1月~現在はアメリカのノースカロライナ州チャペルヒル(UNCがある町)にあるスタートアップ「Guarantee Happiness LLC」でCTOとして働いているので,アメリカの最新のバスケに詳しい.(コロナの影響のため,2022年現在は日本からアメリカの仕事をリモートワーク.)
  • 中高はバスケ部で,中学は千葉県ベスト8,高校は千葉県ベスト16.UNCの学生やノースカロライナの地元の方と一緒にアメリカのバスケの経験あり

こういった私が解説していきます.

マイク・オコレン

マイク・オコレンは,1976~1980年にノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)で活躍した選手です.

また,マイク・オコレンは,UNCで1,500得点,800リバウンド,300アシストを初めて達成した名スモール・フォーワードです.

※2013年時点では唯一の選手で,現在はUNCで他に達成している選手がいるかもしれません.

それでは,マイク・オコレンの活躍を紹介していきます.

マイク・オコレンの大学時代の活躍

マイク・オコレンの大学時代の活躍を紹介していきます.

マイク・オコレンの主な実績は以下になります.

1978年:First-team All-America
1978,1980年:First-team All-ACC
1979年:Second-team All-ACC
1979~1980年:Consensus second-team All-America

これらの活躍により,マイク・オコレンのジャージ(背番号#31)は,優秀選手としてディーン・スミス・センターに掲げられました.

永久欠番の選手を含む優秀選手一覧を知りたいあなたは,こちらの記事を読みましょう.

UNC男子バスケ部 永久欠番
UNC男子バスケ部の永久欠番と優秀選手

こういった私が解説していきます. ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)男子バスケ部の永久欠番と優秀選手を紹介します. 永久欠番の選手は,男子バスケ部のスタジアム「ディーン・スミス・センター」に ...

続きを見る

大学時代とNBA時代の紹介動画

大学時代とNBA時代の紹介動画です.

1977年3月12日:パデュー大学戦で11得点,5リバウンドの活躍

1977年3月12日のパデュー大学戦で11得点,5リバウンドの活躍でした.

マイク・オコレンの活躍により,UNCはパデュー大学に69-66で勝利しました.

1977年3月26日:UNLV戦で31得点,8リバウンドの活躍

1977年3月26日のUNLV戦で31得点,8リバウンドの活躍でした.

マイク・オコレンの活躍により,UNCはUNLVに84-83で勝利しました.

マイク・オコレンのNBA時代の活躍

マイク・オコレンは,1980年のNBAドラフトでニュージャージー・ネッツに1巡目6位で指名されました.

マイク・オコレンのNBA時代の活躍を紹介していきます.

1980~1986年:ニュージャージー・ネッツ第1期時代の活躍

1980~1986年のニュージャージー・ネッツ第1期時代の活躍を紹介していきます.

マイク・オコレンの背番号は#31です.

1982年1月17日:フィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦で13得点,3リバウンドの活躍

1982年1月17日のフィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦で13得点,3リバウンドの活躍でした.

ニュージャージー・ネッツはフィラデルフィア・セブンティシクサーズに105-97で勝利しました.

動画はこちらです.

1982年12月25日:ニューヨーク・ニックス戦で5得点,7リバウンドの活躍

1982年12月25日のニューヨーク・ニックス戦で5得点,7リバウンドの活躍でした.

ニュージャージー・ネッツはオーバータイムの末,ニューヨーク・ニックスに112-110で勝利しました.

1983年3月6日:フィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦で7得点,4リバウンドの活躍

1983年3月6日のフィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦で7得点,4リバウンドの活躍でした.

ニュージャージー・ネッツはフィラデルフィア・セブンティシクサーズに112-106で勝利しました.

動画はこちらです.

1984年:NBAプレーオフでディフェンディングチャンピオンのフィラデルフィア・セブンティシクサーズに3勝2敗で勝利したハイライト動画

1984年のNBAプレーオフでディフェンディングチャンピオンのフィラデルフィア・セブンティシクサーズに3勝2敗で勝利したハイライト動画です.

1986~1987年:ワシントン・ブレッツ時代の活躍

1986~1987年のワシントン・ブレッツ時代の活躍を紹介していきます.

マイク・オコレンの背番号は#25です.

動画は見つかり次第追加します.

1987~1988年:ニュージャージー・ネッツ第2期時代の活躍

1987~1988年のニュージャージー・ネッツ第2期時代の活躍を紹介していきます.

マイク・オコレンの背番号は#31です.

ダドリー・ブラッドリーとチームメイトになりました.

ダドリー・ブラッドリー
ダドリー・ブラッドリー:同じUNC出身のボビー・ジョーンズと同じ国防長官のニックネームを持つスイングマン

こういった私が解説していきます. 目次1 ダドリー・ブラッドリー2 ダドリー・ブラッドリーの大学時代の活躍2.1 1979年1月17日:ノースカロライナ州立大学戦でThe Stealからのダンク3 ダ ...

続きを見る

マイク・オコレンのアメリカ代表時代の活躍

マイク・オコレンのアメリカ代表時代の活躍を紹介していきます.

1979年:パンアメリカン競技大会で金メダルを獲得

1979年のパンアメリカン競技大会で金メダルを獲得しました.

マイク・オコレンの背番号は#10です.

1979年7月13日:決勝のプエルトリコ代表戦に出場

1979年7月13日の決勝のプエルトリコ代表戦に出場しました.

成績は見つかり次第追加します.

アメリカ代表はプエルトリコ代表に113-94で勝利し,金メダルを獲得しました.

マイク・オコレンのコーチ時代の活躍

マイク・オコレンのコーチ時代の活躍を紹介していきます.

マイク・オコレンのコーチとしての経歴は以下になります.

  • 1999~2003年:ニュージャージー・ネッツのアシスタントコーチ
  • 2003~2009年:ワシントン・ウィザーズのアシスタントコーチ
  • 2009~2010年:フィラデルフィア・セブンティシクサーズのアシスタントコーチ
  • 2014~2016年:ラトガース大学のアシスタントコーチ

まとめ

UNCで1,500得点,800リバウンド,300アシストを初めて達成した名スモール・フォーワード「マイク・オコレン」を紹介しました.

マイク・オコレンはNBAで活躍したことがわかりました.

英語の動画を楽しみたいあなたは,アメリカ企業CTOがおすすめするオンラインビジネス英会話は1つを読みましょう.

-LIFE, NORTH CAROLINA
-, , ,