LIFE NORTH CAROLINA

ビリー・カニンガム:NBA優勝とバスケットボール殿堂入りした名スモール・フォワード&名コーチ

本記事の信頼性

  • 2012年9月~2013年8月にマイケル・ジョーダンの母校「ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)」で客員研究員として働いた経験があり,アメリカの大学バスケ(NCAA)やNBAに詳しい
  • 2020年1月~現在はアメリカのノースカロライナ州チャペルヒル(UNCがある町)にあるスタートアップ「Guarantee Happiness LLC」でCTOとして働いているので,アメリカの最新のバスケに詳しい.(コロナの影響のため,2022年現在は日本からアメリカの仕事をリモートワーク.)
  • 中高はバスケ部で,中学は千葉県ベスト8,高校は千葉県ベスト16.UNCの学生やノースカロライナの地元の方と一緒にアメリカのバスケの経験あり

こういった私が解説していきます.

ビリー・カニンガム

ビリー・カニンガムは,1962~1965年にノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)で活躍した選手です.

ビリー・カニンガムのポジションは,スモール・フォワードとパワー・フォワードです.(基本的にはスモール・フォワードが多いです.)

ビリー・カニンガムは,非常に高いジャンプ力を持つため,「カンガルー・キッド」というニックネームで呼ばれました.

また,ビリー・カニンガムは,NBA優勝とバスケットボール殿堂入りした名スモール・フォワード&名コーチです.

それでは,ビリー・カニンガムの活躍を紹介していきます.

ビリー・カニンガムの大学時代の活躍

ビリー・カニンガムの大学時代の活躍を紹介していきます.

ビリー・カニンガムの主な実績は以下になります.

  • First-team All-America(1964年)
  • Second-team All-America(1965年)
  • ACC最優秀選手賞(1965年)

これらの活躍により,ビリー・カニンガムのジャージ(背番号#32)が,優秀選手としてディーン・スミス・センターに掲げられました.

永久欠番を含むUNCの優秀選手を知りたいあなたはこちらからどうぞ.

UNC男子バスケ部 永久欠番
UNC男子バスケ部の永久欠番と優秀選手

こういった私が解説していきます. ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)男子バスケ部の永久欠番と優秀選手を紹介します. 永久欠番の選手は,男子バスケ部のスタジアム「ディーン・スミス・センター」に ...

続きを見る

ビリー・カニンガムの大学時代のプレイ動画は見つかりませんでしたが,写真を紹介します.

ビリー・カニンガムのNBA/ABA時代の活躍

ビリー・カニンガムのNBA/ABA時代の活躍を紹介していきます.

NBA時代の主な実績は以下になります.

  • NBAオールスター(1969~1972年)
  • NBA優勝(1967年)
  • ABA MVP(1973年)
  • NBA50周年記念チーム(1996年)
  • NBA75周年記念チーム(2021年)
  • フィラデルフィア・セブンティシクサーズ時代の背番号#32は永久欠番

ビリー・カニンガムを含むNBA50周年やNBA75周年記念に選ばれた偉大な選手を知りたいあなたはこちらからどうぞ.

NBA50周年記念 偉大な50人の選手
NBA50周年記念に選ばれた偉大な50人の選手,10人のコーチ,10のチーム

こういった私が解説していきます. 目次1 NBA50周年記念に選ばれた偉大な50人の選手,10人のコーチ,10のチーム1.1 偉大な50人の選手1.2 偉大な10人のコーチ1.3 偉大な10のチーム2 ...

続きを見る

NBA75周年記念 偉大な76人の選手
NBA75周年記念に選ばれた偉大な76人の選手

こういった私が解説していきます. 目次1 NBA75周年記念に選ばれた偉大な76人の選手2 ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)の出身選手3 その他の本ブログで紹介しているNBA選手4 まとめ ...

続きを見る

NBA時代のハイライト動画

NBA時代のハイライト動画です.

高いジャンプ力によるレイアップやジャンプシュートが強みであることがわかります.

1965~1972年:フィラデルフィア・セブンティシクサーズ(NBA)第1期時代の活躍

1965~1972年のフィラデルフィア・セブンティシクサーズ第1期時代の活躍を紹介していきます.

ビリー・カニンガムの背番号は#32です.

1967年:NBA優勝のシーズンについて語る動画

ビリー・カニンガムが1967年のNBA優勝のシーズンについて語る動画です.

プレイ動画も含まれています.

また,チームメイトにはウィルト・チェンバレンがいました.

1971年1月10日:ボストン・セルティックス戦で31得点,14リバウンドの活躍

1971年1月10日のボストン・セルティックス戦で31得点,14リバウンドの活躍でした.

ビリー・カニンガムの活躍により,フィラデルフィア・セブンティシクサーズはボストン・セルティックスに115-107で勝利しました.

1972年1月18日:オールスターゲームで14得点,10リバウンド,3アシスト,2スティールの活躍

1972年1月18日のオールスターゲームで14得点,10リバウンド,3アシスト,2スティールの活躍でした.

ビリー・カニンガム率いるイーストはウェストに110-112で惜敗しました.

1972~1974年:カロライナ・クーガーズ(ABA)時代の活躍

1972~1974年のカロライナ・クーガーズ(ABA)時代の活躍を紹介していきます.

ビリー・カニンガムの背番号は#32です.

1973年4月24日:ケンタッキー・カーネルズ戦で16得点の活躍

1973年4月24日のケンタッキー・カーネルズ戦で16得点の活躍でした.

カロライナ・クーガーズは,ケンタッキー・カーネルズに96-107で敗戦しました.

白黒の映像で見にくいですが,ビリー・カニンガムは白ジャージの#32です.

1974~1976年:フィラデルフィア・セブンティシクサーズ(NBA)第2期時代の活躍

1974~1976年のフィラデルフィア・セブンティシクサーズ(NBA)第2期時代の活躍を紹介していきます.

ビリー・カニンガムの背番号は第1期時代と同じく#32です.

1975~1976年シーズンのハイライト動画

1975~1976年シーズンのハイライト動画です.

ビリー・カニンガムのコーチ時代の活躍

ビリー・カニンガムのコーチ時代の活躍を紹介していきます.

ビリー・カニンガムは1977~1985年にNBAのフィラデルフィア・セブンティシクサーズのコーチでした.

コーチ時代の主な実績は以下になります.

フィラデルフィア・セブンティシクサーズの選手とコーチの両方でNBA優勝を達成したことがわかります.

  • NBAオールスターゲームのコーチ(1978年,1980~1981年,1983年)
  • NBA優勝(1983年)

1983年のNBAプレーオフから優勝までの総集編

1983年のNBAプレーオフから優勝までの総集編です.

1983年にNBA優勝したフィラデルフィア・セブンティシクサーズはNBA50周年記念の偉大な10のチームに選ばれています.

NBA50周年記念 偉大な50人の選手
NBA50周年記念に選ばれた偉大な50人の選手,10人のコーチ,10のチーム

こういった私が解説していきます. 目次1 NBA50周年記念に選ばれた偉大な50人の選手,10人のコーチ,10のチーム1.1 偉大な50人の選手1.2 偉大な10人のコーチ1.3 偉大な10のチーム2 ...

続きを見る

また,この時のフィラデルフィア・セブンティシクサーズの選手には同じUNC出身のボビー・ジョーンズがいました.

ボビー・ジョーンズを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

ボビー・ジョーンズ
ボビー・ジョーンズ:UNC出身で初代NBAシックスマン賞を受賞した名ディフェンダー

こういった私が解説していきます. 目次1 ボビー・ジョーンズ2 ボビー・ジョーンズの大学時代の活躍2.1 1974年3月2日:デューク大学戦で後半残り17秒で8点差を追いついてオーバータイムの末逆転勝 ...

続きを見る

1983年5月31日:NBAファイナルのロサンゼルス・レイカーズに115-108で勝利して,NBA優勝

1983年5月31日のNBAファイナルのロサンゼルス・レイカーズ戦で115-108で勝利して,NBA優勝を決めました!

1:37:00でビリー・カニンガムはフィラデルフィア・セブンティシクサーズのコーチとしてNBA優勝インタビューを受けています.

1986年:バスケットボール殿堂入りスピーチ

1986年のバスケットボール殿堂入りスピーチです.

まとめ

NBA優勝とバスケットボール殿堂入りした名スモール・フォワード&名コーチ「ビリー・カニンガム」を紹介しました.

ビリー・カニンガムは,選手とコーチの両方で偉大な人物であることがわかりました.

英語の動画を楽しみたいあなたは,アメリカ企業CTOがおすすめするオンラインビジネス英会話は1つを読みましょう.

-LIFE, NORTH CAROLINA
-, , , , , , ,