LIFE NORTH CAROLINA

フィル・フォード:マイケル・ジョーダンと同じ大学で永久欠番のポイント・ガードの選手【Four Corners Offenseの代名詞】

本記事の信頼性

  • 2012年9月~2013年8月にマイケル・ジョーダンの母校「ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)」で客員研究員として働いた経験があり,アメリカの大学バスケ(NCAA)やNBAに詳しい
  • 2020年1月~現在はアメリカのノースカロライナ州チャペルヒル(UNCがある場所)にあるスタートアップ「Guarantee Happiness LLC」でCTOとして働いているので,アメリカの最新のバスケに詳しい.(コロナの影響のため,2021年現在は日本からアメリカの仕事をリモートワーク.)
  • 中高はバスケ部で,中学は千葉県ベスト8,高校は千葉県ベスト16.UNCの学生やノースカロライナの地元の方と一緒にアメリカのバスケの経験あり

こういった私が解説していきます.

フィル・フォード

フィル・フォードは,1974~1978年にノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)で活躍した選手です.

フィル・フォードのポジションはポイント・ガードで,非常に高いボールハンドリングとペネトレーションのスキルがあります.

また,フィル・フォードは,非常に正確なプルアップ・ジャンプショットが得意で,マイケル・ジョーダンのような得点能力とクラッチ能力を持っています.

特に試合接戦の終盤で,フリースローを決めることに長けています.

フィル・フォードの必殺技「360度回転のレイアップ」は必見です!

フィル・フォードは,Four Corners Offenseの代名詞です.

Four Corners Offenseは,相手チームのコートの真ん中にポイント・ガードの選手,4つの角に他の4人の選手を配置し,時間を使いながらイージーショットを狙う戦略です.

Four Corners Offenseを始める時は,数字の4のハンドサインで手を挙げます.するとUNCのファンが勝利を確信して盛り上がります!

フィル・フォードがFour Corners Offenseの中央でドリブルをしているときは,チームメイトにアシストして簡単なショットを決めたり,相手チームのファウルを誘ったりしました.

フィル・フォードがUNC時代のコーチ「ディーン・スミス」は,試合接戦の終盤でリードを守らなければならないときにFour Corners Offenseをよく採用しました.

フィル・フォードのポイント・ガードとしての能力は,Four Corners Offenseに打って付け(最適)です.

フィル・フォードによるFour Corners Offenseは,The Ford Cornersと呼ばれています.

Four Corners Offense(The Ford Corners)は,サッカーだと「鳥かご作戦」「相手コートのコーナーでボールキープ」で時間稼ぎするようなものです.

フィル・フォードのUNC時代のコーチ「ディーン・スミス」を知りたいあなたはこちらからどうぞ.

ディーン・スミス
ディーン・スミス:マイケル・ジョーダンの大学時代のコーチ

こういった私が解説していきます. 目次1 ディーン・スミスとは2 ディーン・スミスの名言「Play hard, play smart, play together.」3 ディーン・スミスの有名な戦略「 ...

続きを見る

フィル・フォードの大学時代の活躍

フィル・フォードの大学時代の活躍を紹介していきます.

フィル・フォードの大学時代の主な実績は以下になります.

  • 1977~1978年:First-team All-America
  • 1978年:ACC最優秀選手賞
  • 1978年:年間最優秀選手賞

これらの実績により,フィル・フォードの背番号#12は永久欠番になりました.

UNCで永久欠番の選手を知りたいあなたはこちらからどうぞ.

UNC男子バスケ部 永久欠番
UNC男子バスケ部の永久欠番と優秀選手

こういった私が解説していきます. ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)男子バスケ部の永久欠番と優秀選手を紹介します. 永久欠番の選手は,男子バスケ部のスタジアム「ディーン・スミス・センター」に ...

続きを見る

フィル・フォードのキャリア通算2,290得点はUNCの歴代2位です.

UNCの歴代1位はタイラー・ハンズブローのキャリア通算2,872得点です.

タイラー・ハンズブローを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

タイラー・ハンズブロー
タイラー・ハンズブロー:マイケル・ジョーダンと同じ大学でNCAAトーナメントを優勝した永久欠番の選手

こういった私が解説していきます. 目次1 タイラー・ハンズブロー2 タイラー・ハンズブローの大学時代の活躍2.1 タイラー・ハンズブローのハイライト動画2.2 2006年2月15日:ジョージア工科大学 ...

続きを見る

フィル・フォードの大学時代のハイライト動画

フィル・フォードの大学時代のハイライト動画は以下になります.

1975年2月12日:デューク大学戦でFour Corners Offense(The Ford Corners)

1975年2月12日のデューク大学戦でFour Corners Offense(The Ford Corners)を採用した動画です.

UNCはデューク大学に78-70で勝利しました.

1977年3月19日:NCAAトーナメントの準々決勝のケンタッキー大学戦でのFour Corners Offense(The Ford Corners)

1977年3月19日:NCAAトーナメントの準々決勝のケンタッキー大学戦でのFour Corners Offense(The Ford Corners)を採用した動画です.

後半残り1分30秒くらいからUNCがケンタッキー大学に71-70でリードした場面で採用しました(49:10).

UNCはケンタッキー大学に79-72で勝利しました.

フィル・フォードのNBA時代の活躍

フィル・フォードのNBA時代の活躍を紹介していきます.

1978~1982年:カンザスシティ・キングス時代の活躍

フィル・フォードは,1978年のNBAドラフトでカンザスシティ・キングス(2021年現在:サクラメント・キングス)に1巡目2位で指名されました.

1978~1982年のカンザスシティ・キングス時代の活躍を紹介していきます.

フィル・フォードは,1979年にNBA最優秀新人賞を受賞しました.

1979年1月14日:ニューヨーク・ニックス戦で22得点の活躍&必殺技「360度回転レイアップ」

1979年1月14日のニューヨーク・ニックス戦で,フィル・フォード(背番号#1)は22得点の活躍でした.

フィル・フォードの必殺技「360度回転のレイアップ」が観られます!

フィル・フォードの活躍でカンザスシティ・キングスはニューヨーク・ニックスに124-104で勝利しました.

1981年4月26日:ヒューストン・ロケッツ戦で10得点の活躍&必殺技「360度回転レイアップ」

1981年4月26日のヒューストン・ロケッツ戦でフィル・フォードは10得点の活躍でした.

フィル・フォードの必殺技「360度回転のレイアップ」が観られます!

カンザスシティ・キングスはヒューストン・ロケッツに89-100で敗戦しました.

1982年:ニュージャージー・ネッツ時代の活躍

1982年のニュージャージー・ネッツ(2021年現在:ブルックリン・ネッツ)時代の活躍を紹介していきます.

フィル・フォードは,ニュージャージー・ネッツで7試合スターティング5として出場しました.

※動画は見つかりませんでした.

1982~1983年:ミルウォーキー・バックス時代の活躍

1982~1983年のミルウォーキー・バックス時代の活躍を紹介していきます.

1983年5月2日:NBAプレーオフのボストン・セルティックス戦で4得点の活躍

1983年5月2日のNBAプレーオフのボストン・セルティックス戦で,フィル・フォード(背番号#12)は4得点(フリースロー4本中4本)の活躍でした.

1:35:49でフリースロー2本,1:38:46でフリースロー2本を決めています.

ミルウォーキー・バックスはボストン・セルティックスに107-93で勝利しました.

1983~1985年:ヒューストン・ロケッツ時代の活躍

1983~1985年のヒューストン・ロケッツ時代の活躍を紹介していきます.

1984年1月10日:ロサンゼルス・レイカーズ戦で14得点の活躍

1984年1月10日のロサンゼルス・レイカーズ戦で,フィル・フォード(背番号#1)は14得点の活躍でした.

ヒューストン・ロケッツは,ロサンゼルス・レイカーズにオーバータイムの末132-136で惜敗しました.

フィル・フォードのアメリカ代表時代の活躍

フィル・フォードは1976年のモントリオールオリンピックでアメリカ代表として活躍しました.

※アメリカ代表のコーチはUNCのコーチ「ディーン・スミス」です.

オリンピックの決勝で,アメリカ代表はユーゴスラビア代表に95-74で勝利して見事金メダルを獲得しました.

フィル・フォードは白ジャージの背番号#4です.

フィル・フォードの引退後のキャリアと現在

フィル・フォードは1985年に引退しました.

フィル・フォードのアシスタントコーチの経歴は以下になります.

  • 1988~2000年:UNCのアシスタントコーチ(1993年のNCAAトーナメントの優勝)
  • 2004~2005年:デトロイト・ピストンズのアシスタントコーチ
  • 2005~2007年:ニューヨーク・ニックスのアシスタントコーチ
  • 2007~2011年:シャーロット・ボブキャッツ(2021年現在:シャーロット・ホーネッツ)のアシスタントコーチ

2021年現在,フィル・フォードはUNCのスポーツ部門の資金調達部門である教育基金で勤務しています.

まとめ

マイケル・ジョーダンと同じ大学で永久欠番のポイント・ガードの選手「フィル・フォード」を紹介しました.

フィル・フォードの代名詞「Four Corners Offense(The Ford Corners)」は偉大な戦略です!

英語の動画を楽しみたいあなたは,アメリカ企業CTOがおすすめするオンラインビジネス英会話は1つを読みましょう.

-LIFE, NORTH CAROLINA
-, , , , , , , , ,