LIFE NORTH CAROLINA

ジャスティン・ジャクソン:スラムダンクの沢北の「へなちょこシュート」が必殺技の選手

本記事の信頼性

こういった私が解説していきます.

目次

ジャスティン・ジャクソン

ジャスティン・ジャクソンは,2014~2017年にUNC男子バスケ部の選手として活躍しました.

ジャスティン・ジャクソンのポジションはスモール・フォワードで,中と外の両方で得点できる選手です.

ジャスティン・ジャクソンはスラムダンクの沢北の「へなちょこシュート(フローター)」が必殺技の選手で,ビッグマンのブロックを躱して得点できるリアル沢北です!

※沢北のポジションもジャスティン・ジャクソンと同じスモール・フォワードです.

2015~2016年の年末年始にCEOのマリアンジェラ・ウォーカーの自宅に滞在していた時に,ジャスティン・ジャクソンの活躍をディーン・スミス・センターでライブ観戦しました.

2016年1月2日のジョージア工科大学戦の写真です.

ジョージア工科大学 vs. UNC(2016年1月2日)
白ジャージの背番号#44がジャスティン・ジャクソン

ディーン・スミス・センターを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

ジャスティン・ジャクソンの大学時代の活躍

ジャスティン・ジャクソンは2014~2017年にスターティング5として活躍しました.

最初の2年(2014~2016年)は3番手くらいの選手でしたが,2016~2017年の3年生の時にはエースとしてチームを引っ張りました.

ジャスティン・ジャクソンの大学時代の主な実績は以下になります.

  • 2015年:ACC All-Freshman team
  • 2017年:Consensus first-team All-American
  • 2017年:ACC最優秀選手賞
  • 2017年:First-team All-ACC

これらの活躍により,ジャスティン・ジャクソンのジャージ(背番号#44)が,優秀選手としてディーン・スミス・センターに掲げられました.

永久欠番を含むUNCの優秀選手を知りたいあなたはこちらからどうぞ.

ジャスティン・ジャクソンの大学時代の成績

ジャスティン・ジャクソンの大学時代の成績は以下になります.

平均得点は,2014~2015年は10.7,2015~2016年は12.7でしたが,2016~2017年は18.3と大幅に増えています.

また,3Pの成功率は,2014~2015年は30.4%,2015~2016年は29.8%とあまり得意ではありませんでしたが,2016~2017年には37%まで向上しています.

平均得点フィールドゴール成功率3P成功率フリースロー成功率
2014~201510.70.4770.3040.710
2015~201612.70.4720.2980.667
2016~201718.30.4430.3700.748

へなちょこシュート:ジャスティン・ジャクソンの必殺技

ジャスティン・ジャクソンの必殺技「へなちょこシュート」を紹介します.

ブロックを躱してシュートを決めていることがわかります.

2017年にはACC Player of the Yearを受賞しています.

ハイライト動画はこちらになります.0:51で「へなちょこシュート」を決めています.

2017年はエースとしてNCAAトーナメントでUNCを優勝に導きました.

0:321:44で「へなちょこシュート」を決めています.

ジャスティン・ジャクソンのNBA時代の活躍

ジャスティン・ジャクソンは,2017年のNBAドラフトでポートランド・トレイルブレイザーズに1巡目15位で指名されました.(その後,すぐにサクラメント・キングスにトレードされました.)

それでは,ジャスティン・ジャクソンのNBA時代の活躍を観てみましょう.

2017~2019年:サクラメント・キングス時代の活躍

2017~2019年のサクラメント・キングス時代の活躍を紹介していきます.

ジャスティン・ジャクソンの背番号は#25です.

2019年1月5日:ゴールデンステート・ウォリアーズ戦でキャリアハイの28得点の活躍

2019年1月5日のゴールデンステート・ウォリアーズ戦で,キャリアハイの28得点の活躍でした.

1:34で「へなちょこシュート」を決めています.(試合は123-127で惜敗しました.)

2019~2020年:ダラス・マーベリックス時代の活躍

2019~2020年のダラス・マーベリックス時代の活躍を紹介していきます.

ジャスティン・ジャクソンの背番号は#44です.

2019年11月22日:クリーブランド・キャバリアーズ戦で19得点の活躍

2019年11月22日のクリーブランド・キャバリアーズ戦で19得点の活躍でした.

0:36で「へなちょこシュート」を決めています.試合は143-101でダラス・マーベリックスがクリーブランド・キャバリアーズに圧勝しました.

2020~2021年:オクラホマシティ・サンダー時代の活躍

2020~2021年のオクラホマシティ・サンダー時代の活躍を紹介していきます.

ジャスティン・ジャクソンの背番号は#44です.

2021年2月12日:デンバー・ナゲッツ戦で20得点の活躍

2021年2月12日のデンバー・ナゲッツ戦で,ジャスティン・ジャクソンは20得点を記録しました.

1:00で「へなちょこシュート」を決めています.(試合は95-97で惜敗しました.)

2021年:ミルウォーキー・バックス時代の活躍

2021年でのミルウォーキー・バックス時代の活躍を紹介していきます.

ジャスティン・ジャクソンの背番号は#44です.

2021年5月16日:シカゴ・ブルズ戦で9得点,6リバウンドの活躍

2021年5月16日のシカゴ・ブルズ戦で9得点,6リバウンドの活躍でした.

ミルウォーキー・バックスはシカゴ・ブルズに112-118で惜敗しました.

2021年にNBA優勝

ジャスティン・ジャクソンは2021年のNBAで優勝しました.

おめでとうございます!

https://twitter.com/HChishiro/status/1417693114467176448?s=20

ジャスティン・ジャクソンは,NCAAとNBAを両方で優勝した4人目の選手になりました.

他の選手を知りたいあなたはこちらからどうぞ.

NBAを優勝した出身大学の人数でUNCが36人で1位になりました!

2021年:ダラス・マーベリックス/テキサス・レジェンズ第1期時代の活躍

2021年のダラス・マーベリックス/テキサス・レジェンズ第1期時代の活躍を紹介していきます.

2021年10月15日にダラス・マーベリックスと契約しました.

ジャスティン・ジャクソンの背番号は#44です.

また,2021年10月23日にNBA Gリーグのテキサス・レジェンズと契約しました.

2021年11月5日:レイクランド・マジック戦で25得点の活躍

2021年11月5日のレイクランド・マジック戦で25得点の活躍でした.

ジャスティン・ジャクソンの活躍により,テキサス・レジェンズはレイクランド・マジックに114-98で勝利しました.

0:23でジャスティン・ジャクソンは馬場雄大(背番号#18)からのアシストで3Pを決めています.

※へなちょこシュートを外したオフェンスリバウンドからのセカンドシュートを決めています!

2021年11月6日:レイクランド・マジック戦で41得点の活躍

2021年11月6日のレイクランド・マジック戦で41得点の活躍でした(シュートは20本中14本,3Pは15本中11本,フリースロー1本中1本).

ジャスティン・ジャクソンの活躍により,テキサス・レジェンズはレイクランド・マジックに120-103で勝利しました.

1:102:03でへなちょこシュートを決めています.

また,1:55でワイドオープンの3Pを決めていますが,馬場雄大(背番号#18)が中にカットインしてディフェンスを引きつけています.馬場雄大のナイスプレイですね.

2021年:ボストン・セルティックス第1期時代の活躍

2021年のボストン・セルティックス第1期時代の活躍を紹介していきます.

2021年12月18日にボストン・セルティックスと10日間契約をしました!

NBA復帰です!

ジャスティン・ジャクソンの背番号は#43です.

※10日間契約後はテキサス・レジェンズに戻りました.

2021年12月22日:クリーブランド・キャバリアーズ戦に出場

2021年12月22日のクリーブランド・キャバリアーズ戦に出場しました.

8:19の画面左下にジャスティン・ジャクソン(背番号#43)がいます!

2022年:フェニックス・サンズ時代の活躍

2022年のフェニックス・サンズ時代の活躍を紹介していきます.

2021年12月31日に10日間契約をしました!

NBAに再復帰です!

ジャスティン・ジャクソンの背番号は#45です.

2022年1月6日:ロサンゼルス・クリッパーズ戦で8得点の活躍

2022年1月6日のロサンゼルス・クリッパーズ戦で8得点の活躍でした.

ジャスティン・ジャクソンの活躍により,フェニックス・サンズはロサンゼルス・クリッパーズに106-89で勝利しました.

1:45で3Pを決めています.

ジャスティン・ジャクソンは同じUNC出身でフェニックス・サンズのチームメイトのキャメロン・ジョンソン(背番号#23)のリザーブとして出場しています.

キャメロン・ジョンソンを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

2022年:テキサス・レジェンズ第2期と第3期時代の活躍

2022年のテキサス・レジェンズ第2期と第3期時代の活躍を紹介していきます.

※2022年はフェニックス・サンズとテキサス・レジェンズを行ったり来たりしていました.

ジャスティン・ジャクソンの背番号は#44です.

2022年1月15日:サンタクルーズ・ウォリアーズ戦で30得点の活躍

2022年1月15日のサンタクルーズ・ウォリアーズ戦で30得点の活躍でした.

ジャスティン・ジャクソンの活躍により,テキサス・レジェンズはオーバータイムの末,136-132でサンタクルーズ・ウォリアーズに勝利しました.

2022~2023年:ボストン・セルティックス第2期時代の活躍

2022~2023年のボストン・セルティックス第2期時代の活躍を紹介していきます.

ジャスティン・ジャクソンの背番号は#43です.

2022年10月7日:シャーロット・ホーネッツ戦で16得点(4本の3P),4リバウンドの活躍

2022年10月7日のシャーロット・ホーネッツ戦で16得点(4本の3P),4リバウンドの活躍でした.

ジャスティン・ジャクソンの活躍により,ボストン・セルティックはシャーロット・ホーネッツに112-103で勝利しました.

2023年~現在:テキサス・レジェンズ第4期時代の活躍

2023年~現在のテキサス・レジェンズ第4期時代の活躍を紹介していきます.

ジャスティン・ジャクソンの背番号は#44です.

2023年12月10日:オースティン・スパーズ戦で35得点(7本の3P),9リバウンドの活躍

2023年12月10日のオースティン・スパーズ戦で35得点(7本の3P),9リバウンドの活躍でした.

ジャスティン・ジャクソンの活躍により,テキサス・レジェンズはオースティン・スパーズに115-111で勝利しました.

ジャスティン・ジャクソンのアメリカ代表時代の活躍

ジャスティン・ジャクソンのアメリカ代表時代の活躍を紹介していきます.

2011年:FIBAアメリカU16選手権で金メダルを獲得

2011年のFIBAアメリカU16選手権で金メダルを獲得しました.

ジャスティン・ジャクソンの背番号は#5です.

FIBAアメリカU16選手権のハイライト動画

FIBAアメリカU16選手権のハイライト動画です.

1:212:15でレイアップを決めています.

UNC時代のチームメイトだったシオ・ピンソン(背番号#10)もいます.

シオ・ピンソンを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

2022年:FIBAワールドカップ予選チーム

2022年のFIBAワールドカップ予選チームに選ばれました.

ジャスティン・ジャクソンの背番号は#15です.

2022年7月1日:プエルトリコ代表戦で26得点の活躍

2022年7月1日のプエルトリコ代表戦で26得点の活躍でした.

ジャスティン・ジャクソンの活躍により,アメリカ代表はプエルトリコ代表に83-75で勝利しました.

まとめ

スラムダンクの沢北の「へなちょこシュート」が必殺技の選手「ジャスティン・ジャクソン」を紹介しました.

ジャスティン・ジャクソンは,「もしスラムダンクの沢北がアメリカの大学やNBAでプレイしていたら...」が実現した選手です.

今後も,ジャスティン・ジャクソンが「へなちょこシュート」でNBAのビッグマンから得点するシーンを観ていきましょう.

英語の動画を楽しみたいあなたは,アメリカ企業CTOがおすすめするオンラインビジネス英会話は1つを読みましょう.

-LIFE, NORTH CAROLINA
-, , , , , , , , , , ,