LIFE NORTH CAROLINA

ジェフ・マッキニス:NBAとCBAで活躍した名ポイント・ガード

本記事の信頼性

  • 2012年9月~2013年8月にマイケル・ジョーダンの母校「ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)」で客員研究員として働いた経験があり,アメリカの大学バスケ(NCAA)やNBAに詳しい
  • 2020年1月~現在はアメリカのノースカロライナ州チャペルヒル(UNCがある町)にあるスタートアップ「Guarantee Happiness LLC」でCTOとして働いているので,アメリカの最新のバスケに詳しい.(コロナの影響のため,2022年現在は日本からアメリカの仕事をリモートワーク.)
  • 中高はバスケ部で,中学は千葉県ベスト8,高校は千葉県ベスト16.UNCの学生やノースカロライナの地元の方と一緒にアメリカのバスケの経験あり

こういった私が解説していきます.

目次

ジェフ・マッキニス

ジェフ・マッキニスは,1993~1996年にノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)で活躍した選手です.

ジェフ・マッキニスのポジションは,ポイント・ガードです.

それでは,ジェフ・マッキニスの活躍を紹介していきます.

ジェフ・マッキニスの大学時代の活躍

ジェフ・マッキニスの大学時代の活躍を紹介していきます.

ジェフ・マッキニスの背番号は#5です.

1995年2月2日:デューク大学戦で8得点の活躍

1995年2月2日のデューク大学戦で8得点の活躍でした.

UNCは2度のオーバータイムの末,デューク大学に102-100で勝利しました.

ジェフ・マッキニスのNBA第1期時代の活躍

ジェフ・マッキニスは,1996年のNBAドラフトでデンバー・ナゲッツに2巡目37位で指名されました.

ジェフ・マッキニスのNBA第1期時代の活躍を紹介していきます.

1996年:デンバー・ナゲッツ時代の活躍

1996年のデンバー・ナゲッツ時代の活躍を紹介していきます.

ジェフ・マッキニスの背番号は#5です.

ジェフ・マッキニスのギリシャ・バスケットリーグ(ギリシャ)時代の活躍

ジェフ・マッキニスのギリシャ・バスケットリーグ(ギリシャ)時代の活躍を紹介していきます.

1996~1997年:パニオニオスBC時代の活躍

1996~1997年のパニオニオスBC時代の活躍を紹介していきます.

動画は見つかり次第追加します.

ジェフ・マッキニスのコンチネンタル・バスケットボール・アソシエーション(CBA)第1期時代の活躍

ジェフ・マッキニスのコンチネンタル・バスケットボール・アソシエーション(CBA)第1期時代の活躍を紹介していきます.

1997~1999年:クワッドシティ・サンダー第1期時代の活躍

1997~1999年のクワッドシティ・サンダー第1期時代の活躍を紹介していきます.

1997年にCBA新人王を受賞しました.

動画は見つかり次第追加します.

ジェフ・マッキニスのNBA第2期時代の活躍

ジェフ・マッキニスのNBA第2期時代の活躍を紹介していきます.

1999年:ワシントン・ウィザーズ時代の活躍

1999年のワシントン・ウィザーズ時代の活躍を紹介していきます.

ジェフ・マッキニスの背番号は#10です.

動画は見つかり次第追加します.

ジェフ・マッキニスのコンチネンタル・バスケットボール・アソシエーション(CBA)第2期時代の活躍

ジェフ・マッキニスのコンチネンタル・バスケットボール・アソシエーション(CBA)第2期時代の活躍を紹介していきます.

1999~2000年:クワッドシティ・サンダー第2期時代の活躍

1999~2000年のクワッドシティ・サンダー第2期時代の活躍を紹介していきます.

1999年にCBA MVPを受賞しました.

動画は見つかり次第追加します.

ジェフ・マッキニスのNBA第3期時代の活躍

ジェフ・マッキニスのNBA第3期時代の活躍を紹介していきます.

2000~2002年:ロサンゼルス・クリッパーズ時代の活躍

2000~2002年のロサンゼルス・クリッパーズ時代の活躍を紹介していきます.

ジェフ・マッキニスの背番号は#5です.

2001年12月29日:ボストン・セルティックス戦で23得点,7アシストの活躍

2001年12月29日のボストン・セルティックス戦で23得点,7アシストの活躍でした.

ロサンゼルス・クリッパーズはボストン・セルティックスに103-105で惜敗しました.

2002年1月26日:ダラス・マーベリックス戦で17得点,9アシスト,3スティールの活躍

2002年1月26日のダラス・マーベリックス戦で17得点,9アシスト,3スティールの活躍でした.

※ダラス・マーベリックスのスティーブ・ナッシュと対戦しています.

ロサンゼルス・クリッパーズはダラス・マーベリックスに112-133で敗戦しました.

2002年2月5日:ニューヨーク・ニックス戦で19得点,9アシストの活躍

2002年2月5日のニューヨーク・ニックス戦で19得点,9アシストの活躍でした.

※ニューヨーク・ニックスのマーク・ジャクソンと対戦しています.

ジェフ・マッキニスの活躍により,ロサンゼルス・クリッパーズはニューヨーク・ニックスに112-110で勝利しました.

2002年2月16日:ダラス・マーベリックス戦で20得点,16アシストの活躍

2002年2月16日のダラス・マーベリックス戦で20得点,16アシストの活躍でした.

ジェフ・マッキニスの活躍により,ロサンゼルス・クリッパーズはダラス・マーベリックスに119-110で勝利しました.

2002~2004年:ポーランド・トレイルブレイザーズ時代の活躍

2002~2004年のポーランド・トレイルブレイザーズ時代の活躍を紹介していきます.

ジェフ・マッキニスの背番号は#5です.

同じUNC出身のラシード・ウォーレスとチームメイトになりました.

ラシード・ウォーレス
ラシード・ウォーレス:NBAレギュラーシーズンで最多41回のテクニカルファウル記録を持つ選手【Ball Don't Lie!】

こういった私が解説していきます. 目次1 ラシード・ウォーレス2 ラシード・ウォーレスの名言「Ball Don't Lie!」2.1 「Ball Don't Lie!」と抗議するハイライト動画2.2 ...

続きを見る

2002年12月10日:ポートランド・トレイルブレイザーズ戦に出場

2002年12月10日のポートランド・トレイルブレイザーズ戦に出場しました.

第4Qの残り4:24からです.(1:22:00

同じUNC出身でワシントン・ウィザーズのマイケル・ジョーダン,ジェリー・スタックハウスと対戦しました.

マイケル・ジョーダン NBA
マイケル・ジョーダンのNBA時代の活躍

こういった悩みにお答えします. こういった私が解説していきます. マイケル・ジョーダンのNBA時代の活躍は,とても長い記事です. 記事を全部読む時間がないあなたは,興味がある部分だけでも読んで頂ければ ...

続きを見る

ジェリー・スタックハウス
ジェリー・スタックハウス:マイケル・ジョーダンと同じ大学出身で1巡目3位指名された選手

こういった私が解説していきます. 目次1 ジェリー・スタックハウス2 ジェリー・スタックハウスの大学時代の活躍2.1 1994年3月13日:ACCトーナメント決勝でバージニア大学に73-66で勝利して ...

続きを見る

2004~2005年:クリーブランド・キャバリアーズ時代の活躍

2004~2005年のクリーブランド・キャバリアーズ時代の活躍を紹介していきます.

ジェフ・マッキニスの背番号は#0です.

2004年11月10日:フェニックス・サンズ戦で17得点,4アシストの活躍

2004年11月10日のフェニックス・サンズ戦で17得点,4アシストの活躍でした.

レブロン・ジェームズは38得点,10リバウンド,6アシストの活躍でした.

ジェフ・マッキニスの活躍により,クリーブランド・キャバリアーズはフェニックス・サンズに114-109で勝利しました.

2004年11月15日:ゴールデンステート・ウォリアーズ戦で20得点,4アシストの活躍

2004年11月15日のゴールデンステート・ウォリアーズ戦で20得点,4アシストの活躍でした.

※チームメイトのレブロン・ジェームズは33得点,12リバウンドの活躍でした.

ジェフ・マッキニスの活躍により,クリーブランド・キャバリアーズはゴールデンステート・ウォリアーズに99-88で勝利しました.

2005~2007年:ニュージャージー・ネッツ時代の活躍

2005~2007年のニュージャージー・ネッツ時代の活躍を紹介していきます.

ジェフ・マッキニスの背番号は#0です.

同じUNC出身のビンス・カーターとチームメイトになりました.

ビンス・カーター
ビンス・カーター:マイケル・ジョーダンと同じ大学出身のスラムダンク王

こういった私が解説していきます. 目次1 ビンス・カーター2 ビンス・カーターのスラムダンク動画2.1 高校時代のダンク2.2 大学時代のTOP10のダンク2.3 2000年のNBAスラムダンクコンテ ...

続きを見る

2005年11月28日:ロサンゼルス・レイカーズ戦で10得点,3リバウンド,2スティールの活躍

2005年11月28日のロサンゼルス・レイカーズ戦で10得点,3リバウンド,2スティールの活躍でした.

ニュージャージー・ネッツはロサンゼルス・レイカーズに102-96で勝利しました.

2007~2008年:シャーロット・ボブキャッツ時代の活躍

2007~2008年のシャーロット・ボブキャッツ時代の活躍を紹介していきます.

ジェフ・マッキニスの背番号は#0です.

2007年1月13日:フェニックス・サンズ戦でシャーロット・ボブキャッツの選手としての幻のデビュー戦

2007年1月13日のフェニックス・サンズ戦で,試合に出るタイミングでロースターの契約書類の手続きミスがわかったため,試合に出れなかった時の動画です.

シャーロット・ボブキャッツの選手としての幻のデビュー戦になりました.

2007年11月24日:ボストン・セルティックス戦で4得点,4アシストの活躍

2007年11月24日のボストン・セルティックス戦で4得点,4アシストの活躍でした.

シャーロット・ボブキャッツはボストン・セルティックスに95-96で惜敗しました.

ジェフ・マッキニスの引退後の活躍

ジェフ・マッキニスの引退後の活躍を紹介していきます.

ジェフ・マッキニスは,2009年に米国で最も有名で成功したAAUバスケットボール組織の一つである「チーム・シャーロット」を設立しました.

また,ジェフ・マッキニスは,Combine Academyのコーチをしています.

2020年:Combine Academyのコーチとしてのインタビュー動画

Combine Academyのコーチとしてのインタビュー動画です.

まとめ

NBAとCBAで活躍した名ポイント・ガード「ジェフ・マッキニス」を紹介しました.

ジェフ・マッキニスは,同じUNC出身のラシード・ウォーレスやビンス・カーターとNBAでチームメイトになったことがわかりました.

英語の動画を楽しみたいあなたは,アメリカ企業CTOがおすすめするオンラインビジネス英会話は1つを読みましょう.

-LIFE, NORTH CAROLINA
-, , , ,