LIFE NORTH CAROLINA

ウォルター・デイビス:マイケル・ジョーダンの少年時代のヒーロー

本記事の信頼性

  • 2012年9月~2013年8月にマイケル・ジョーダンの母校「ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)」で客員研究員として働いた経験があり,アメリカの大学バスケ(NCAA)やNBAに詳しい
  • 2020年1月~現在はアメリカのノースカロライナ州チャペルヒル(UNCがある町)にあるスタートアップ「Guarantee Happiness LLC」でCTOとして働いているので,アメリカの最新のバスケに詳しい.(コロナの影響のため,2021年現在は日本からアメリカの仕事をリモートワーク.)
  • 中高はバスケ部で,中学は千葉県ベスト8,高校は千葉県ベスト16.UNCの学生やノースカロライナの地元の方と一緒にアメリカのバスケの経験あり

こういった私が解説していきます.

ウォルター・デイビス

ウォルター・デイビスは,1973~1977年にノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)で活躍した選手です.

ウォルター・デイビスのポジションは, シューティング・ガードとスモール・フォワードを兼ねたスイングマンです.

ウォルターデイビスはUNC時代,スムーズなプレースタイルと強いディフェンス力から「Sweet D」というニックネームで呼ばれていました.

また,NBAのフェニックス・サンズ時代の背番号#6は永久欠番になりました.

ウォルター・デイビスは,マイケル・ジョーダンの少年時代のヒーローです.

マイケル・ジョーダンを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

マイケル・ジョーダン
マイケル・ジョーダン:ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)出身のバスケの神様

こういった私が解説していきます. アメリカのノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)で客員研究員として働いていた私が,その先輩でバスケの神様である「マイケル・ジョーダン」について解説します. マイ ...

続きを見る

もうひとりのヒーローのデイビッド・トンプソンを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

マイケル・ジョーダン 殿堂
マイケル・ジョーダンのバスケットボール殿堂入りスピーチ【コービー・ブライアントの代役も】

こういった悩みにお答えします. こういった私が解説していきます. 目次1 マイケル・ジョーダンのバスケットボール殿堂入りスピーチ2 マイケル・ジョーダンが代役したコービー・ブライアントとは2.1 コー ...

続きを見る

ウォルター・デイビスは2021年現在UNC男子バスケ部のコーチ「ヒューバート・デイビス」の叔父です.

ヒューバート・デイビスを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

UNCコーチ ヒューバート・デイビス
ヒューバート・デイビス:UNC男子バスケ部出身のコーチ

こういった私が解説していきます. 2021年4月1日にノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)男子バスケ部のコーチ「ロイ・ウィリアムズ」が引退してニュースになりましたね. 2021年4月5日に元ア ...

続きを見る

それでは,ウォルター・デイビスの活躍を紹介していきます.

ウォルター・デイビスの大学時代の活躍

ウォルター・デイビスの大学時代の活躍を紹介していきます.

ウォルター・デイビスの背番号は#24です.

1974年3月2日:デューク大学戦で後半残り17秒で8点差を追いついてオーバータイムの末逆転勝利

1974年3月2日のデューク大学戦で後半残り17秒で8点差を追いかける状況でした.

0:26でウォルター・デイビスはインバウンドパスをスティールしています.

1:10でウォルター・デイビスは30フィートのバンクショットをブザービーターで決めて8点差を追いついてオーバータイムに突入しました.

オーバータイムの末,UNCはデューク大学に96-92で逆転勝利しました.

1977年3月28日:NCAAトーナメント決勝のマーケット大学戦でチーム最多20得点の活躍

1977年3月28日:NCAAトーナメント決勝のマーケット大学戦でチーム最多20得点の活躍でした.

UNCはマーケット大学に59-67で惜敗して準優勝でした.

ウォルター・デイビスのNBA時代の活躍

ウォルター・デイビスは,1997年のNBAドラフトでフェニックス・サンズに1巡目5位で指名されました.

ウォルター・デイビスのNBA時代の活躍を紹介していきます.

NBA時代の主な実績は以下になります.ウォルター・デイビスは,フェニックス・サンズのレジェンドですね.

  • フェニックス・サンズ時代に6度のNBAオールスター出場(1978~1981年,1984年,1987年)
  • フェニックス・サンズの歴代最多得点(15,666得点)
  • フェニックス・サンズの背番号#6は永久欠番

1977~1988年:フェニックス・サンズ時代の活躍

1977~1988年のフェニックス・サンズ時代の活躍を紹介していきます.

1979年3月30日:シアトル・スーパーソニックス戦で40得点の活躍

1979年3月30日のシアトル・スーパーソニックス戦で40得点の活躍でした.

第4Qの残り8秒で103-105の2点差で負けている時,ウォルター・デイビスの2Pシュートで105-105の同点に追いつきオーバータイムに突入しました(4:40).

ウォルター・デイビスの活躍により,フェニックス・サンズはシアトル・スーパーソニックスにオーバータイムの末113-111で勝利しました.

1983年2月25日:シアトル・スーパーソニックス戦でNBA記録の34得点を連続で成功(シュートは15本連続で成功)

1983年2月25日のシアトル・スーパーソニックス戦でNBA記録の34得点を連続で成功しました.(15本連続のシュート成功,この試合では合計36得点)

ウォルター・デイビスの活躍により,フェニックス・サンズはシアトル・スーパーソニックスに106-101で勝利しました.

1984年5月23日:ロサンゼルス・レイカーズ戦で27得点10アシストの活躍

1984年5月23日のロサンゼルス・レイカーズ戦で27得点10アシストの活躍でした.

ウォルター・デイビスの活躍により,フェニックス・サンズはロサンゼルス・レイカーズに126-121で勝利しました.

1988~1991年:デンバー・ナゲッツ第1期時代の活躍

1988~1991年のデンバー・ナゲッツ第1期時代の活躍を紹介していきます.

1990年11月7日:サンアントニオ・スパーズ戦で32得点の活躍

1990年11月7日のサンアントニオ・スパーズ戦で32得点の活躍でした.

デンバー・ナゲッツはサンアントニオ・スパーズに153-161で惜敗しました.

1990年11月24日:シカゴ・ブルズ戦で22得点の活躍

1990年11月24日のシカゴ・ブルズ戦で22得点の活躍でした.

デンバー・ナゲッツはシカゴ・ブルズに145-151で惜敗しました.

1991年1月2日:デトロイト・ピストンズ戦で23得点の活躍

1991年1月2日のデトロイト・ピストンズ戦で23得点の活躍でした.

デンバー・ナゲッツはデトロイト・ピストンズに107-118で敗戦しました.

1991年:ポートランド・トレイルブレイザーズ時代の活躍

1991年のポートランド・トレイルブレイザーズ時代の活躍を紹介していきます.

1991年5月24日:ロサンゼルス・レイカーズ戦で2得点

1991年5月24日のロサンゼルス・レイカーズ戦で2得点でした.

1:24:07で最初のシュートはブロックされましたが,2度目のシュートでファウルをもらってフリースローを2本決めました.

1991~1992年:デンバー・ナゲッツ第2期時代の活躍

1991~1992年のデンバー・ナゲッツ第2期時代の活躍を紹介していきます.

得点シーンの動画が見つからなかったので,見つかり次第追加します.

1992年に現役を引退しました.

ウォルター・デイビスのアメリカ代表時代の活躍

ウォルター・デイビスは1976年のモントリオールオリンピックでアメリカ代表として活躍しました.

※アメリカ代表のコーチはUNCのコーチ「ディーン・スミス」です.

オリンピックの決勝で,アメリカ代表はユーゴスラビア代表に95-74で勝利して見事金メダルを獲得しました.

ウォルター・デイビスは白ジャージの背番号#6です.

アメリカ代表のコーチ「ディーン・スミス」はウォルター・デイビスのUNC時代のコーチでもあります.

ディーン・スミスを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

ディーン・スミス
ディーン・スミス:マイケル・ジョーダンの大学時代のコーチ

こういった私が解説していきます. 目次1 ディーン・スミスとは2 ディーン・スミスの名言「Play hard, play smart, play together.」3 ディーン・スミスの有名な戦略「 ...

続きを見る

まとめ

マイケル・ジョーダンの少年時代のヒーロー「ウォルター・デイビス」を紹介しました.

ウォルター・デイビスはフェニックス・サンズ時代の背番号#6が永久欠番であること,2021年現在UNC男子バスケ部のコーチ「ヒューバート・デイビス」の叔父であることがわかりました.

英語の動画を楽しみたいあなたは,アメリカ企業CTOがおすすめするオンラインビジネス英会話は1つを読みましょう.

-LIFE, NORTH CAROLINA
-, , , , , , , ,