LIFE NORTH CAROLINA

ジョン・キュースター:1977年のACCトーナメントのMVPを受賞した名ポイント・ガード

本記事の信頼性

  • 2012年9月~2013年8月にマイケル・ジョーダンの母校「ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)」で客員研究員として働いた経験があり,アメリカの大学バスケ(NCAA)やNBAに詳しい
  • 2020年1月~現在はアメリカのノースカロライナ州チャペルヒル(UNCがある町)にあるスタートアップ「Guarantee Happiness LLC」でCTOとして働いているので,アメリカの最新のバスケに詳しい.(コロナの影響のため,2022年現在は日本からアメリカの仕事をリモートワーク.)
  • 中高はバスケ部で,中学は千葉県ベスト8,高校は千葉県ベスト16.UNCの学生やノースカロライナの地元の方と一緒にアメリカのバスケの経験あり

こういった私が解説していきます.

ジョン・キュースター

ジョン・キュースターは,1973~1977年にノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)で活躍した選手です.

また,ジョン・キュースターは,1977年のACCトーナメントのMVPを受賞した名ポイント・ガードです.

それでは,ジョン・キュースターの活躍を紹介していきます.

ジョン・キュースターの大学時代の活躍

ジョン・キュースターの大学時代の活躍を紹介していきます.

1974年3月2日:デューク大学戦で後半残り17秒で8点差を追いついてオーバータイムの末逆転勝利

1974年3月2日のデューク大学戦で後半残り17秒で8点差(78-86)を追いかける状況でした.

以下の流れで86-86の同点に追いつきました.

  • 0:18:ボビー・ジョーンズが2本のフリースローを決めて,80-86の6点差
  • 0:26:ウォルター・デイビスがインバウンドパスをスティールし,ジョン・キュースターにアシストして82-86の4点差
  • 0:46:ボビー・ジョーンズがゴール下でレイアップを決めて84-86の2点差
  • 1:10:ウォルター・デイビスが30フィートのバンクショットをブザービーターで決めて8点差を追いついて86-86の同点になり,オーバータイムに突入

オーバータイムの末,UNCはデューク大学に96-92で逆転勝利しました.

UNCのチームメイトで勝利に貢献したウォルター・デイビスとボビー・ジョーンズを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

ウォルター・デイビス
ウォルター・デイビス:マイケル・ジョーダンの少年時代のヒーロー

こういった私が解説していきます. 目次1 ウォルター・デイビス2 ウォルター・デイビスの大学時代の活躍2.1 1974年3月2日:デューク大学戦で後半残り17秒で8点差を追いついてオーバータイムの末逆 ...

続きを見る

ボビー・ジョーンズ
ボビー・ジョーンズ:UNC出身で初代NBAシックスマン賞を受賞した名ディフェンダー

こういった私が解説していきます. 目次1 ボビー・ジョーンズ2 ボビー・ジョーンズの大学時代の活躍2.1 1974年3月2日:デューク大学戦で後半残り17秒で8点差を追いついてオーバータイムの末逆転勝 ...

続きを見る

1977年3月5日:ACCトーナメント決勝のバージニア大学戦で75-69の勝利に貢献

1977年3月5日のACCトーナメント決勝のバージニア大学戦で75-69の勝利に貢献しました.

UNCはACCトーナメントを優勝し,ジョン・キュースターはACCトーナメントのMVPを受賞しました!

ジョン・キュースターのNBA時代の活躍

ジョン・キュースターは,1977年のNBAドラフトでカンザスシティ・キングスに3巡目53位で指名されました.

ジョン・キュースターのNBA時代の活躍を紹介していきます.

1977~1978年:カンザスシティ・キングス時代の活躍

1977~1978年のカンザスシティ・キングス時代の活躍を紹介していきます.

ジョン・キュースターの背番号は#5です.

1978年3月12日:ゴールデンステート・ウォリアーズ戦で5得点,3アシストの活躍

1978年3月12日のゴールデンステート・ウォリアーズ戦で5得点,3アシストの活躍でした.

カンザスシティ・キングスはゴールデンステート・ウォリアーズに106-113で惜敗しました.

動画はこちらです.

1978~1979年:デンバー・ナゲッツ時代の活躍

1978~1979年のデンバー・ナゲッツ時代の活躍を紹介していきます.

ジョン・キュースターの背番号は#10です.

1979年3月11日:ワシントン・ブレッツ戦で3リバウンド,4アシストの活躍

1979年3月11日のワシントン・ブレッツ戦で3リバウンド,4アシストの活躍でした.

デンバー・ナゲッツはワシントン・ブレッツに98-119で敗戦しました.

動画はこちらです.

1979~1980年:インディアナ・ペイサーズ時代の活躍

1979~1980年のインディアナ・ペイサーズ時代の活躍を紹介していきます.

ジョン・キュースターの背番号は#5です.

動画は見つかり次第追加します.

ジョン・キュースターのコーチ時代の活躍

ジョン・キュースターのコーチ時代の活躍を紹介していきます.

ジョン・キュースターのコーチとしての経歴は以下になります.

  • 1980~1981年:リッチモンド大学のアシスタントコーチ
  • 1981~1983年:ボストン大学のアシスタントコーチ
  • 1983~1985年:ボストン大学のコーチ
  • 1985~1990年:ジョージ・ワシントン大学のコーチ
  • 1995~1997年:ボストン・セルティックスのアシスタントコーチ
  • 1997~2003年:フィラデルフィア・セブンティシクサーズ第1期のアシスタントコーチ
  • 2003~2004年:デトロイト・ピストンズのアシスタントコーチ
  • 2004~2005年:ニュージャージー・ネッツのアシスタントコーチ
  • 2005~2006年:フィラデルフィア・セブンティシクサーズ第2期のアシスタントコーチ
  • 2006~2007年:オーランド・マジックのアシスタントコーチ
  • 2007~2009年:クリーブランド・キャバリアーズのアシスタントコーチ
  • 2009~2011年:デトロイト・ピストンズのコーチ
  • 2011~2012年:ロサンゼルス・レイカーズのアシスタントコーチ

2004年にデトロイト・ピストンズのアシスタントコーチとしてNBAを優勝しました!

デトロイト・ピストンズのコーチは同じUNC出身のラリー・ブラウン,選手に同じUNC出身のラシード・ウォーレスがいます.

ラリー・ブラウンとラシード・ウォーレスを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

ラリー・ブラウン
ラリー・ブラウン:UNC出身の名ポイント・ガード&名コーチ

こういった私が解説していきます. 目次1 ラリー・ブラウン2 ラリー・ブラウンの大学時代の活躍2.1 大学時代のプレイ動画3 ラリー・ブラウンのアメリカ代表時代の選手としての活躍4 ラリー・ブラウンの ...

続きを見る

ラシード・ウォーレス
ラシード・ウォーレス:NBAレギュラーシーズンで最多41回のテクニカルファウル記録を持つ選手【Ball Don't Lie!】

こういった私が解説していきます. 目次1 ラシード・ウォーレス2 ラシード・ウォーレスの名言「Ball Don't Lie!」2.1 「Ball Don't Lie!」と抗議するハイライト動画2.2 ...

続きを見る

2010年:デトロイト・ピストンズのコーチとしてインタビュー

2010年に公開されたデトロイト・ピストンズのコーチとしてインタビューされる動画です.

2018年:2004年のデトロイト・ピストンズのNBA優勝を振り返る動画

2018年に公開された2004年のデトロイト・ピストンズのNBA優勝を振り返る動画です.

22:10でジョン・キュースターがアシスタントコーチとしてインタビューされています.

まとめ

1977年のACCトーナメントでMVPを受賞した名ポイント・ガード「ジョン・キュースター」を紹介しました.

ジョン・キュースターは,2004年のデトロイト・ピストンズのNBA優勝にアシスタントコーチとして貢献したことがわかりました.

英語の動画を楽しみたいあなたは,アメリカ企業CTOがおすすめするオンラインビジネス英会話は1つを読みましょう.

-LIFE, NORTH CAROLINA
-, , , , , ,