LIFE NORTH CAROLINA

UNCがライバルのデューク大学にメモリアル勝利をした試合

2021年7月15日

本記事の信頼性

こういった私が解説していきます.

ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)がライバルのデューク大学にメモリアル勝利をした試合を紹介します.

※昔の試合の動画は見つかり次第追加します.

また,Carolina-Duke rivalryでも多くの試合が紹介されています.(もちろん負け試合もあります...)

1999年1月27日以降の全試合の結果は「University of North Carolina Athletics Men's Basketball Recent History vs Duke University」でまとめられています.

これらの情報を参考にしてメモリアル勝利をした試合を紹介していきます.

Go Heels! Beat Duke!

1920年1月24日:UNC 36-25 デューク大学

1920年1月24日の記念すべき最初のライバル戦で,UNCはデューク大学に36-25で勝利しました.

1921年3月5日:UNC 55-18 デューク大学

1921年3月5日の試合で,UNCはデューク大学に55-18で勝利しました.

現在,37点差の勝利は最高得点差です.

1971年3月25日:UNC 73-67 デューク大学

1971年3月25日のNITトーナメントの準決勝で,UNCはデューク大学に73-67で勝利しました.

※NITトーナメント決勝で,UNCはジョージア工科大学に84-66で勝利し,NITトーナメントを優勝しました!

1974年3月2日:UNC 96-92 vs. デューク大学

1974年3月2日の試合で,UNCはデューク大学にオーバータイムの末96-92で勝利しました.

後半の残り17秒で8点差でほぼ負けが確定している状況でしたが,奇跡の逆転勝利でした.

この試合で勝利に貢献したボビー・ジョーンズ,ウォルター・デイビス,ジョン・キュースターを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

1980年12月5日:UNC 78-76 デューク大学

1980年12月5日の試合で,UNCはデューク大学に78-76で勝利しました.

エースのジェームズ・ウォージーは26得点,9リバウンドの活躍です.

ジェームズ・ウォージーを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

1983年1月22日:UNC 103-82 デューク大学

1983年1月22日の試合で,UNCはデューク大学に103-82で勝利しました.

マイケル・ジョーダンが32得点を記録した試合です.

マイケル・ジョーダンの大学時代の活躍を知りたいあなたはこちらからどうぞ.

1984年3月3日:UNC 96-83 デューク大学(2OT)

1984年3月3日の試合で,UNCはデューク大学にダブルオーバータイムの末96-83で勝利しました.

マイケル・ジョーダンとサム・パーキンスのホームでのラストゲームです.

サム・パーキンスを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

1986年1月18日:UNC 95-92 デューク大学

1986年1月18日の試合で,UNCはデューク大学に95-92で勝利しました.

UNC男子バスケ部のスタジアム「ディーン・スミス・センター」における初試合&初勝利です.

ディーン・スミス・センターを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

1989年3月12日:UNC 77-74 デューク大学

1989年3月12日のACCトーナメントの決勝で,UNCはデューク大学に77-74で勝利して優勝しました.

スターティング5として勝利に貢献したスコット・ウィリアムズを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

1992年2月5日:UNC 75-73 デューク大学

1992年2月5日の試合で,UNCはデューク大学に75-73で勝利しました.

ヒューバート・デイビスは16得点,エリック・モントロスは12得点,9リバウンド,3ブロックの活躍でした.

ヒューバート・デイビスとエリック・モントロスを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

スターティング5として勝利に貢献したジョージ・リンチを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

1995年2月2日:UNC 102-100 vs. デューク大学(2OT)

1995年2月2日の試合で,UNCはデューク大学にダブルオーバータイムの末102-100で勝利しました.

ジェリー・スタックハウスとラシード・ウォーレスは,それぞれ25得点ずつ(合計50得点)の活躍でした.

また,ドナルド・ウィリアムズは24得点の活躍でした.

ジェリー・スタックハウス,ラシード・ウォーレス,ドナルド・ウィリアムズを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

1996年1月31日:UNC 73-72 デューク大学

1996年1月31日の試合で,UNCはデューク大学に73-72で勝利しました.

71-72で負けていましたが,後半残り6.5秒でダンテ・カラブリア(背番号#24)が逆転シュートを決めて73-72で勝利しました(1:48:04).

ダンテ・カラブリアを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

1998年2月5日:UNC 97-73 デューク大学

1998年2月5日の試合で,UNCはデューク大学に97-73で勝利しました.

24点差という大差での勝利です!

1998年3月8日:UNC 83-68 デューク大学

1998年3月8日のACCトーナメントの決勝で,UNCはデューク大学に83-68で勝利して優勝しました.

アントワン・ジェイミソン(背番号#33)は22得点18リバウンド,ビンス・カーター(背番号#15)は16得点の活躍でした.

アントワン・ジェイミソンとビンス・カーターを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

2005年3月6日:UNC 75-73 デューク大学

2005年3月6日の試合で,UNCはデューク大学に75-73で勝利しました.

ショーン・メイ(背番号#42)は,26得点,24リバウンドの活躍でした.

ショーン・メイを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

2006年3月4日:UNC 83-76 デューク大学

2006年3月4日の試合で,UNCはデューク大学に83-76で勝利しました.

タイラー・ハンズブロー(背番号#50)は27得点の活躍でした.

タイラー・ハンズブローを知りたいあなたは,こちらからどうぞ.

2007年3月4日:UNC 86-72 デューク大学

2007年3月4日の試合で,UNCはデューク大学に86-72で勝利しました.

タイラー・ハンズブロー(背番号#50)が後半残り14.5秒でデューク大学のジェラルド・ヘンダーソン・ジュニアの右肘を鼻にぶつけられて鼻血が出ているシーンは有名です.

UNCがデューク大学に勝利した後のフランクリンストリート(チャペルヒルにある大通り)の様子です.大はしゃぎですね.

UNCやフランクリンストリートがあるチャペルヒルを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

2009年2月11日:UNC 101-87 デューク大学

2009年2月11日の試合では,UNCがデューク大学に101-87で勝利しました.

タイラー・ハンズブローとダニー・グリーン(背番号#14)は,デューク大学のホームコート「キャメロン・インドア・スタジアム」で4勝0敗の成績です(4年連続で勝利)!

ダニー・グリーンを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

2012年3月3日:UNC 88-70 デューク大学

2012年3月3日の試合で,UNCはデューク大学に88-70で勝利しました.

UNCはACCレギュラーシーズンのタイトルと#1シードを獲得しました.

ケンドール・マーシャル(背番号#5)は20得点,10アシスト,タイラー・ゼラー(背番号#44)は19得点,ハリソン・バーンズ(背番号#40)は16得点,ジョン・ヘンソン(背番号#31)は13得点,10リバウンド,レジー・ブロック(背番号#35)は12得点,ジェームズ・マイケル・マカドゥ(背番号#43)は6得点の活躍でした.

ケンドール・マーシャル,タイラー・ゼラー,ハリソン・バーンズ,ジョン・ヘンソン,レジー・ブロック,ジェームズ・マイケル・マカドゥを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

2017年3月4日:UNC 90-83 デューク大学

2017年3月4日の試合で,UNCはデューク大学に90-83で勝利しました.

ジョエル・ベリー2世は28得点,ジャスティン・ジャクソンは15得点の活躍でした.

マイケル・ジョーダンもUNCの応援に来ていました(1:26:55).

ジョエル・ベリー2世とジャスティン・ジャクソンを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

マイケル・ジョーダンを知りたいあなたは,こちらからどうぞ.

2019年2月20日:UNC 88-72 デューク大学

2019年2月20日の試合で,UNCはデューク大学に88-72で勝利しました.

元アメリカ大統領のバラク・オバマも観に来た試合です.

また,デューク大学のザイオン・ウィリアムソン(背番号#1)が履いていたナイキのバッシュが壊れた事件がありました(6:00).

この影響で,ナイキの株価が前日比で約1%下落したとのことです.

下落幅は当時の時価総額で約11億ドル(約1,200億円)です.恐ろしいですね...

2021年3月6日:UNC 91-73 デューク大学

2021年3月6日の試合で,UNCはデューク大学に91-73で勝利しました.

2021年2月6日の試合も91-87で勝利し,レギュラーシーズンをスイープしました.

2022年3月5日:UNC 94-81 デューク大学

UNCはデューク大学に94-81で勝利しました.

アルマンド・バコーは23得点,7リバウンド,カレブ・ラブは22得点,R・J・デイビスは21得点,ブレイディ・マネクは20得点の活躍でした.

デューク大学のコーチ「コーチK」の最後のホームゲームを,UNCが勝利で飾りました!

2022年4月2日:UNC 81-77 デューク大学

NCAAトーナメントファイナルフォーでUNCはデューク大学に81-77で勝利しました.

NCAAトーナメントでUNCとデューク大学は初対決で,無事UNCは勝利を飾りました.

Awesome!

デューク大学のコーチKの最後の試合になりました.お疲れ様でした.

コーチKを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

-LIFE, NORTH CAROLINA
-, , , , , , , ,