LIFE MICHAEL JORDAN

マイケル・ジョーダンの大学時代の活躍

悩んでいる人

マイケル・ジョーダンの大学時代の活躍を教えて!

こういった悩みにお答えします.

本記事の信頼性

  • 2012年9月~2013年8月にマイケル・ジョーダンの母校「ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)」で客員研究員として働いた経験があり,アメリカの大学バスケやNBAに詳しい
  • 2020年1月~現在はアメリカのノースカロライナ州チャペルヒル(UNCがある場所)にあるスタートアップ「Guarantee Happiness LLC」でCTOとして働いているので,アメリカの最新のバスケに詳しい.(コロナの影響のため,2021年現在は日本からアメリカの仕事をリモートワーク.)
  • 中高はバスケ部で,中学は千葉県ベスト8,高校は千葉県ベスト16.

こういった私が解説していきます.

マイケル・ジョーダンとは

マイケル・ジョーダンは,間違いなく史上最高のバスケットボール選手(GOAT:Greatest Of All Time)で,バスケの神様です.

ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)出身のマイケル・ジョーダンは,ノースカロライナから世界一のバスケ選手になりました.

私もUNCで客員研究員をしていた時は,よくマイケル・ジョーダンのシューズ「エア・ジョーダン」を履き,背番号#23のユニフォームを着て学生と一緒に「Go Heels!」と叫んで応援していました.

※Go HeelsはUNCを応援する時に言います.

マイケル・ジョーダンの活躍を紹介すると多すぎて語りきれませんね.

主な活躍は以下になります.

マイケル・ジョーダンの背番号#23はディーン・スミス・センターの天井に掲げられていますので,興味があるあなたはこちらの記事をどうぞ.

私をディーン・スミス・センターに連れてって

こういった私が解説していきます. 今回は,ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)のディーン・スミス・センター(ディーン・ドーム)に連れていきます. ディーン・スミス・センターは,1986年1月1 ...

続きを見る

マイケル・ジョーダンがNBAですごい成果を出したことはご存知でしょう.

マイケル・ジョーダンはUNC出身で,大学時代もすごい活躍をしています.

マイケル・ジョーダンのポジションはシューティングガード(SG)で,スラムダンクの流川のモデルになった選手です.

※流川のポジションはスモールフォワード(SF)ですが,ポジションの役割は結構似ています.

本記事では,マイケル・ジョーダンのUNCでの活躍を紹介します.

マイケル・ジョーダンの大学時代を知りたいファンのあなたにおすすめです.

マイケル・ジョーダンのUNC時代

マイケル・ジョーダンは,大学には3年間(1981-1984年)所属した後にアーリーエントリーしてNBAに入ります.

NBAに入った後にもオフシーズンに大学に通い,1986年に地理学の学位を取得しています.

UNC時代のハイライトは以下になります.

NCAAトーナメントのハイライトは以下になります.

それでは,マイケル・ジョーダンの1-3年生の活躍と地理学の学位取得について紹介します.

1981-1982年:1年生の時

マイケル・ジョーダンが1年生の時はジェームズ・ウォージーとサム・パーキンスの2大エースの次に活躍する3番手のプレイヤーという印象でした.

試合では,マイケル・ジョーダンはジェームズ・ウォージーやサム・パーキンスに対する厳しい相手ディフェンスのスキを狙って得点するシーンが多かったです.

1981-1982年の主要なメンバー3人のスタッツは以下になります.

マイケル・ジョーダンの得点は3番目ですが,ジェームズ・ウォージーやサム・パーキンスとバランスよく得点していることがわかります.

主要なメンバー得点リバウンドアシストスティールブロック
マイケル・ジョーダン13.54.41.81.20.2
ジェームズ・ウォージー15.66.32.41.51.1
サム・パーキンス14.37.81.10.91.9

マイケル・ジョーダンは,1982年のNCAAトーナメントの決勝でウイニングショット「The First Shot」を決めました.

この試合の詳細は,本記事のこちらに記載しています!

1982-1983年:2年生の時

昨年のエースのジェームズ・ウォージーが1982年のNBAのドラフトにアーリーエントリーし,マイケル・ジョーダンが大学バスケの経験により成長して2年生からエースになりました.

※ジェームズ・ウォージーは1982年のNBAドラフトでロサンゼルス・レイカーズに1位指名され,マジック・ジョンソンやカリーム・アブドゥル=ジャバーと共に活躍して,NBAチャンピオンになりました.

下表に1982-1983年の主要なメンバー2人のスタッツを示します.

マイケル・ジョーダンは20.0得点で,サム・パーキンスの16.9得点より多いことがわかります.

主要なメンバー得点リバウンドアシストスティールブロック
マイケル・ジョーダン20.05.51.62.20.8
サム・パーキンス16.99.41.31.21.9

1983-1984年:3年生の時

マイケル・ジョーダンは3年生の時も引き続きエースとしてチームを牽引しました.

下表に1983-1984年の主要なメンバー2人のスタッツを示します.

今年も昨年に続き,マイケル・ジョーダンはサム・パーキンスより得点が多いことがわかります.

主要なメンバー得点リバウンドアシストスティールブロック
マイケル・ジョーダン19.65.32.11.61.1
サム・パーキンス17.69.61.60.91.9

3年生の終了後に,コーチのディーン・スミスからアドバイスを受けて,大学を去りNBAにアーリーエントリーします.

そして,マイケル・ジョーダンは1984年のNBAドラフトでシカゴ・ブルズに3位で指名されました.

※サム・パーキンスは同年のNBAドラフトでダラス・マーベリックスに4位で指名されました.

1986年:地理学の学位取得

マイケル・ジョーダンは,1986年に地理学の学位を取得しています.

この時の卒業生の平均初任給に関する「マイケル・ジョーダンの誤謬(ごびゅう)」があります.

1986年,UNCの地理学の卒業生の平均初任給は25万ドルでしたが,一方,全米の卒業生の平均年収は22,000ドルでした.

しかし,マイケル・ジョーダンは1986年に地理学を専攻して卒業し,NBAで70万ドル以上稼いでいます.

このマイケル・ジョーダンの収入は「外れ値」とみなされ,結果に大きな影響を与えました.

この統計的誤差を修正するための解決策は,外れ値を除外する等の別の方法でデータを分析することです.

マイケル・ジョーダンが統計に大きな影響を与えた好例ですね!

マイケル・ジョーダンの大学バスケのベスト試合7選

UNCのユニフォームを着たマイケル・ジョーダンのベスト試合7選を紹介します.

1982/3/29:UNC 63 vs. ジョージタウン大学 62

マイケル・ジョーダンの伝説が生まれたのは,UNCが2度目のNCAAトーナメント決勝のジョージタウン大学との試合の残り15秒で決めたウイニングショット「The First Shot」です.

このウイニングショットでUNCはジョージタウン大学に63-62で勝利しました.

この試合でマイケル・ジョーダンは,16点,9リバウンド,2アシスト,2スティールの活躍でした.

マイケル・ジョーダンは,1982年のNCAAトーナメントを合計5試合66得点で終え,200分間のうち173分間を出場しました.

AP通信のオースティン・ウィルソンは,「1年生のガードのマイケル・ジョーダンは,ゲーム前のビジョンで勝利のシュートを見たと言ったが,彼がNCAAチャンピオンシップの試合で15秒後に本物のアーチを描いた後に何が起こったのかを見ることができなかった」と試合後に書いています.

この試合から24年後の2006年11月21日に発売した「LEGENDS in BLUE」は,当時のエピソードを交えて「The First Shot」について語っています.

UNCやマイケル・ジョーダンのファンのあなたにおすすめです!


この試合のハイライト版です.

この試合のフルゲーム版です.

1983/1/22:UNC 103 vs. デューク大学 82

次はライバルのデューク大学との試合を紹介します.

当時2年生だったマイケル・ジョーダンは,UNCの選手としてはデューク大学との対戦で32得点(歴代トップ10の得点)を記録しました.

UNCはデューク大学を103-82で破り,この試合で11連勝しました.

「The News and Observer」のジョー・タイデ氏は,「マイケル・ジョーダンは後半になって,使命感に駆られた男になった.彼はチームの攻撃をハイギアに戻すことを厳格に決めていた.マイケル・ジョーダンは後半の9分間で19得点を記録し,フレッシュマン(1年生)の多いデューク大学に103-82で勝利しました.」と書いていました.

この試合のハイライト版です.

1983/1/29:UNC 72 vs. ジョージア工科大学 65

マイケル・ジョーダンは,印象的な3ポイントシュートのパフォーマンスのおかげで,キャリアハイの39得点を記録し,UNCはジョージア工科大学に72-65で勝利しました.

マイケル・ジョーダンの39得点は,ジョージア工科大学に対するUNCの試合の歴史の中で3番目に高得点です.

マイケル・ジョーダンとチームメイトのサム・パーキンスを合わせた合計は62得点で,UNCの歴史上のチームメイト同士の合計ポイント数では19位です.

マイケル・ジョーダンのシュートは,3Pライン内で11本中5本成功,3Pライン外で7本中6本成功,フリースローラインで13本中11本成功しました.

相手のジョージア工科大学のコーチのボビー・クレミンズは,マイケル・ジョーダンのキャリアハイとなる39得点のパフォーマンスを「私が大学時代に見た中で最高の選手はデビッド・トンプソンでした.マイケル・ジョーダンはそんな選手です.彼はゲームを変えた.」と総括しました.

また,The Asheville Citizen-Timesは「ジョーダンは素晴らしかった.」と報告しました.

1983/3/5:UNC 105 vs. デューク大学 81

1983年に2度目となるデューク戦で,マイケル・ジョーダンはUNCの選手としては最高得点のトップ10の1つを記録しました.

2年生のマイケル・ジョーダンは,UNCのレギュラーシーズンの最終試合でデューク大学に105-81で勝利し,再び100点以上を獲得したデューク戦で32得点を記録しました.

レギュラーシーズンでは,UNCはデューク大学を208-163で上回り,UNCは12-2のACCのレギュラーシーズンの成績でトップになりました.

UNCが3Pを15本中12本決めた日に,ジョーダンは3Pを7本中5本決めました.

The Asheville Citizen-Timesは,「マイケル・ジョーダンが得点することは簡単だった.3Pラインの外からシュートを打たないときは,レイアップとショートジャンパーの真ん中をドライブしていた.」

マイケル・ジョーダンは「私は多くのスコアを取得する機会があったし,それらを利用した.私はデューク大学に対してよくプレーするように見えるが,彼らは彼らのチームに非常に多くの1年生がいるからかもしれない.」と言いました.

1983/3/27:UNC 77 vs. ジョージア大学 82

マイケル・ジョーダンは今日までのNCAAトーナメントで最高の統計的パフォーマンスを発揮しました.

UNCはNCAAトーナメントの東地区決勝(Elite Eight)でジョージア大学に77-82で敗戦しました.

マイケル・ジョーダンは,当時NCAAトーナメントで自己最高のポイント合計26点,6リバウンドを記録し,それまでの自己ベストを8点上回りました.

The Daily Tar HeelのS. L. プライスは「そして,それは終わった.アルバカーキの沈んだ乾燥地ではなくニューヨーク州北部の寒く湿った街を背景に,UNCはシーズンを終え,今回はNCAAトーナメント準決勝(Final Four)まであと一歩のところで敗退しました.」と報じています.

この試合のフルゲーム版です.

1984/2/18:UNC 95 vs. ノースカロライナ州立大学 71

マイケル・ジョーダンは,州内のライバルのノースカロライナ州立大学に,キャリア2番目に高い合計32得点を記録しました.

マイケル・ジョーダンのジュニア(3年生)シーズンには,UNCノースカロライナ州が(AP通信で)ほとんどNo. 1のチームだった頃(ターヒールは11月下旬から1週間No. 2),マイケル・ジョーダンはライバルのノースカロライナ州立大学を相手に95-71の勝利を収め,前のアーカンソー大学の試合の唯一のレギュラーシーズンの敗北から立ち直りました.

ノースカロライナ州立大学との試合では,UNC史上7番目タイの32得点を記録したほか,これまでのノースカロライナ州立大学との全試合のベストに並ぶ6スティールを記録しました.

ジョーダンはフィールドから18本中12本,フリースローラインから11本中8本決め,8リバウンドと2アシストを記録しました.

The Rockey Mount Telegramは,「マイケル・ジョーダンはノースカロライナ州立大学の手の届かないところに試合を進めた.」と報告しました.

ノースカロライナ州立大学のコーチのジム・ヴァルヴァーノは,「ランが出たときは何の役にも立たなかった.試合開始のスパートが勝負だった.マイケル・ジョーダンは素晴らしい.彼がフェイドアウェイのターンアラウンドジャンパーを放ったとき,止めることはできません.」と語りました.

1984/3/17:UNC 77 vs. テンプル大学 66

マイケル・ジョーダンは,NCAAトーナメントのキャリアハイをUNC最後のシーズンで記録しました.

1984年のNCAAトーナメント開幕戦では,UNCはテンプル大学に77-66で勝利しました.

マイケル・ジョーダンは,15本中11本の効率的なシュートを放ち,6リバウンドと6リバウンドでNCAAトーナメントのキャリアハイとなる27得点を記録しました.

The Charlotte Observerは,「最終的には,オフェンスがウォームアップし,小さくて傍若無人なフクロウがダウンを身に着けました.また,UNCはお気に入りのラベルを身につけて,NCAAトーナメントの旅を続ける理由を示しました.ハーフタイム後,マイケル・ジョーダンは27得点中15得点を挙げ,ポイントガードのケニー・スミスは負傷前のフォームに戻り,UNCは66%の確率でシュートを決めました.そうそう,UNCはボールを扱うのをやめました.まるでキャンディーバーのように一日中太陽の下に放置されていました.」と報告しました.

上記の説明はわかりにくいですが,一言でいうと「マイケル・ジョーダンは強すぎてどうしようもないよね.」という意味です.

まとめ

マイケル・ジョーダンの大学(UNC)時代の活躍を紹介しました.

本記事で,マイケル・ジョーダンのUNCの1-3年生の時の活躍や,ベスト試合7選がわかりました.

2021年2月現在,マイケル・ジョーダンはノースカロライナ州にあるNBAチーム「シャーロット・ホーネッツ」でオーナーをしています.

大学(NCAA)とNBAでチャンピオンになったマイケル・ジョーダンの次の目標は,オーナーとしてのNBAチャンピオンですので,あなたも是非応援しましょう!

I'm proud of you, Michael Jordan!(私はマイケル・ジョーダンを誇りに思います!)

最後まで読んで頂きありがとうございました.

マイケル・ジョーダンのエア・ジョーダンの情報は以下からどうぞ.

マイケル・ジョーダンの母校で働いていた私がおすすめするジョーダンのシューズ

悩んでいる人 マイケル・ジョーダンのシューズは,エア・ジョーダンを含めていろいろあるんだけど,どれを買うか迷っているのでおすすめを教えて! こういった悩みにお答えします. こういった私が解説していきま ...

続きを見る

英語の動画を観たいあなたにオンラインビジネス英会話をおすすめします.

アメリカ企業CTOがおすすめするオンラインビジネス英会話は1つ

悩んでいる人 ビジネスで外国人と英語で話せない.おすすめのオンラインビジネス英会話を教えて! こういった悩みにお答えします. こういった私が解説していきます. 私が大学の時の英語の授業では,ひたすらJ ...

続きを見る

-LIFE, MICHAEL JORDAN
-, , , , , , , ,

© 2021 元東大教員/アメリカのスタートアップCTO