LIFE NORTH CAROLINA

エド・コタ:NCAAで1,000得点,1,000アシスト,500リバウンドを初めて達成した名ポイント・ガード

本記事の信頼性

  • 2012年9月~2013年8月にマイケル・ジョーダンの母校「ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)」で客員研究員として働いた経験があり,アメリカの大学バスケ(NCAA)やNBAに詳しい
  • 2020年1月~現在はアメリカのノースカロライナ州チャペルヒル(UNCがある町)にあるスタートアップ「Guarantee Happiness LLC」でCTOとして働いているので,アメリカの最新のバスケに詳しい.(コロナの影響のため,2022年現在は日本からアメリカの仕事をリモートワーク.)
  • 中高はバスケ部で,中学は千葉県ベスト8,高校は千葉県ベスト16.UNCの学生やノースカロライナの地元の方と一緒にアメリカのバスケの経験あり

こういった私が解説していきます.

目次

エド・コタ

エド・コタは,1996~2000年にノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)で活躍した選手です.

また,エド・コタはNCAAで1,000得点,1,000アシスト,500リバウンドを初めて達成した名ポイント・ガードです.

それでは,エド・コタの活躍を紹介していきます.

エド・コタの大学時代の活躍

エド・コタの大学時代の活躍を紹介していきます.

エド・コタの背番号は#5です.

NCAAで1,000得点,1,000アシスト,500リバウンドを初めて達成したことを紹介する動画

NCAAで1,000得点,1,000アシスト,500リバウンドを初めて達成したことを紹介する動画です.

大学時代のハイライト動画

大学時代のハイライト動画です.

ビル・ガスリッジ コーチの6スターターシステムの1人

エド・コタは,ビル・ガスリッジ コーチの6スターターシステムの1人です.

スターティング5の6人は,アントワン・ジェイミソン,ビンス・カーター,エド・コタ,シャモンド・ウィリアムズ,アデモラ・オクラジャ,ムフタール・ヌディエです.

ビル・ガスリッジ コーチや他の選手を知りたいあなたはこちらからどうぞ.

UNCコーチ ビル・ガスリッジ
ビル・ガスリッジ:ディーン・スミスのDNAを引き継いだコーチ

こういった私が解説していきます. 目次1 ビル・ガスリッジ2 ビル・ガスリッジのUNCのコーチ時代の活躍2.1 1997年10月9日:UNCのコーチの就任スピーチ2.2 1997~1998年シーズンの ...

続きを見る

アントワン・ジェイミソン
アントワン・ジェイミソン:ビンス・カーターと大学時代の同期で永久欠番の選手【八村塁との関係を解説】

こういった私が解説していきます. 目次1 アントワン・ジェイミソン2 アントワン・ジェイミソンの大学時代の活躍2.1 ビル・ガスリッジ コーチの6スターターシステムの1人2.2 1996~1998年シ ...

続きを見る

ビンス・カーター
ビンス・カーター:マイケル・ジョーダンと同じ大学出身のスラムダンク王

こういった私が解説していきます. 目次1 ビンス・カーター2 ビンス・カーターのスラムダンク動画2.1 高校時代のダンク2.2 大学時代のTOP10のダンク2.3 2000年のNBAスラムダンクコンテ ...

続きを見る

シャモンド・ウィリアムズ
シャモンド・ウィリアムズ:UNCで3Pとフリースロー記録を達成した名コンボガード【ジョージア代表】

こういった私が解説していきます. 目次1 シャモンド・ウィリアムズ2 シャモンド・ウィリアムズの大学時代の活躍2.1 ビル・ガスリッジ コーチの6スターターシステムの1人2.2 1996~1998年シ ...

続きを見る

アデモラ・オクラジャ
アデモラ・オクラジャ:UNCで得点,リバウンド,3P,スティールでチーム1の成績を達成した初めての選手【ドイツ代表としても活躍】

こういった私が解説していきます. 目次1 アデモラ・オクラジャ2 アデモラ・オクラジャの大学時代の活躍2.1 ビル・ガスリッジ コーチの6スターターシステムの1人2.2 1996~1998年シーズンの ...

続きを見る

ムフタール・ヌディエ
ムフタール・ヌディエ:セネガル人初のNBA選手【セネガル代表としても活躍】

こういった私が解説していきます. 目次1 ムフタール・ヌディエ2 ムフタール・ヌディエの大学時代の活躍2.1 ビル・ガスリッジ コーチの6スターターシステムの1人2.2 1996~1998年シーズンの ...

続きを見る

1996~1998年シーズンのUNCのハイライト動画

1996~1998年シーズンのUNCのハイライト動画です.

エド・コタのインターナショナル・バスケットボール・リーグ(アメリカ)時代の活躍

エド・コタのインターナショナル・バスケットボール・リーグ(アメリカ)時代の活躍を紹介していきます.

2000~2001年:ゲイリースティール・ヘッド時代の活躍

2000~2001年のゲイリースティール・ヘッド時代の活躍を紹介していきます.

動画は見つかり次第追加します.

エド・コタのBNXTリーグ(ベルギー)時代の活躍

エド・コタのBNXTリーグ(ベルギー)時代の活躍を紹介していきます.

2001~2002年:テリンダス・オーステンデ時代の活躍

2001~2002年のテリンダス・オーステンデ時代の活躍を紹介していきます.

エド・コタの背番号は#12です.

2002年1月16日:アスヴェル・バスケット戦に出場

2002年1月16日:アスヴェル・バスケット戦に出場しました.

成績はわかり次第追加します.

テリンダス・オーステンデはアスヴェル・バスケットに76-89で敗戦しました.

エド・コタのリトアニア・バスケットボール・リーグ(リトアニア)第1期時代の活躍

エド・コタのリトアニア・バスケットボール・リーグ(リトアニア)第1期時代の活躍を紹介していきます.

2002~2004年:BCジャルギリス第1期時代の活躍

2002~2004年のBCジャルギリス第1期時代の活躍を紹介していきます.

エド・コタの背番号は#10です.

BCジャルギリス時代のハイライト動画

BCジャルギリス時代のハイライト動画です.

エド・コタのロシア・バスケットボール・スーパーリーグ(ロシア)時代の活躍

エド・コタのロシア・バスケットボール・スーパーリーグ(ロシア)時代の活躍を紹介していきます.

2004~2005年:BCディナモ・サンクトペテルブルク時代の活躍

2004~2005年のBCディナモ・サンクトペテルブルク時代の活躍を紹介していきます.

動画は見つかり次第追加します.

エド・コタのリトアニア・バスケットボール・リーグ(リトアニア)第2期時代の活躍

エド・コタのリトアニア・バスケットボール・リーグ(リトアニア)第2期時代の活躍を紹介していきます.

2005~2006年:BCジャルギリス第2期時代の活躍

2005~2006年のBCジャルギリス第2期時代の活躍を紹介していきます.

エド・コタのリーガACB(スペイン)時代の活躍

エド・コタのリーガACB(スペイン)時代の活躍を紹介していきます.

2006年:FCバルセロナ・バスケット時代の活躍

2006年のFCバルセロナ・バスケット時代の活躍を紹介していきます.

シャモンド・ウィリアムズの背番号は#12です.

UNCのシャモンド・ウィリアムズ(背番号#10)とチームメイトになりました.

2006年2月24日:FCバルセロナ・バスケット戦で6得点,3アシストの活躍

2006年2月24日のFCバルセロナ・バスケット戦で6得点,3アシストの活躍でした.

FCバルセロナ・バスケットはBCジャルギリスに86-85で勝利しました.

2006年4月29日:ユーロリーグ準決勝のCSKAモスクワ戦で2アシストの活躍

2006年4月29日のユーロリーグ準決勝のCSKAモスクワ戦で2アシストの活躍でした.

FCバルセロナ・バスケットはCSKAモスクワに75-84で敗戦しました.

2006年5月1日:ユーロリーグ3位決定戦のTAU・セラミカ・ビトリア=ガステイス戦で6得点,2スティールの活躍

2006年5月1日のユーロリーグ3位決定戦のTAU・セラミカ・ビトリア=ガステイス戦で6得点,2スティールの活躍でした.

FCバルセロナ・バスケットはTAU・セラミカ・ビトリア=ガステイス戦に82-87で敗戦しました.

エド・コタのイスラエル・バスケットボール・プレミアリーグ(イスラエル)時代の活躍

エド・コタのイスラエル・バスケットボール・プレミアリーグ(イスラエル)時代の活躍を紹介していきます.

2006~2007年:ハポエル・エルサレムBC時代の活躍

2006~2007年のハポエル・エルサレムBC時代の活躍を紹介していきます.

エド・コタの背番号は#5です.

2007~2008年シーズンのハイライト動画

2007~2008年シーズンのハイライト動画です.

動画の最初にエド・コタが登場します!

エド・コタのポーランド・バスケットボールリーグ(ポーランド)時代の活躍

エド・コタのポーランド・バスケットボールリーグ(ポーランド)時代の活躍を紹介していきます.

2007~2008年:スタル・オストルフ・ビエルコポルスキ時代の活躍

2007~2008年のスタル・オストルフ・ビエルコポルスキ時代の活躍を紹介していきます.

エド・コタの背番号は#5です.

2008年3月16日:プロコム・トレフ・ソポト戦でアリウープをアシスト

2008年3月16日のプロコム・トレフ・ソポト戦でアリウープをジョン・オデンにアシストしました.

エド・コタの活躍により,スタル・オストルフ・ビエルコポルスキはプロコム・トレフ・ソポトに81-79で勝利しました.

エド・コタのパナマ代表時代の活躍

エド・コタのパナマ代表時代の活躍を紹介していきます.

2006年:セントロバスケットで金メダルを獲得

2006年のセントロバスケットで金メダルを獲得しました.

エド・コタの背番号は#12です.

2006年7月7日:準決勝のメキシコ代表戦に81-66で勝利

2006年7月7日の準決勝のメキシコ代表戦に81-66で勝利しました.

2006年7月8日:決勝のアメリカ領ヴァージン諸島代表戦に73-59で勝利し,金メダルを獲得

2006年7月8日の決勝のアメリカ領ヴァージン諸島代表戦に73-59で勝利し,金メダルを獲得しました.

2006年:バスケットボール世界選手権に出場

2006年のバスケットボール世界選手権に出場しました.

エド・コタの背番号は#12です.

2006年8月21日:日本代表戦で6得点,2アシストの活躍

2006年8月21日の日本代表戦で6得点,2アシストの活躍でした.

パナマ代表は日本代表に61-78で敗戦しました.(日本の勝利です!)

まとめ

NCAAで1,000得点,1,000アシスト,500リバウンドを初めて達成した名ポイント・ガード「エド・コタ」を紹介しました.

エド・コタはUNCの歴史でも偉大なポイント・ガードであることがわかりました.

英語の動画を楽しみたいあなたは,アメリカ企業CTOがおすすめするオンラインビジネス英会話は1つを読みましょう.

-LIFE, NORTH CAROLINA
-, , ,