LIFE NORTH CAROLINA

R・J・デイビス:2022年のNCAAトーナメントを決勝に導いたを名シューティング・ガード

本記事の信頼性

  • 2012年9月~2013年8月にマイケル・ジョーダンの母校「ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)」で客員研究員として働いた経験があり,アメリカの大学バスケ(NCAA)やNBAに詳しい
  • 2020年1月~現在はアメリカのノースカロライナ州チャペルヒル(UNCがある町)にあるスタートアップ「Guarantee Happiness LLC」でCTOとして働いているので,アメリカの最新のバスケに詳しい.(コロナの影響のため,2022年現在は日本からアメリカの仕事をリモートワーク.)
  • 中高はバスケ部で,中学は千葉県ベスト8,高校は千葉県ベスト16.UNCの学生やノースカロライナの地元の方と一緒にアメリカのバスケの経験あり

こういった私が解説していきます.

R・J・デイビス

R・J・デイビスは,2020年~現在ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)で活躍している選手です.

R・J・デイビスは,2022年のNCAAトーナメントを決勝に導いたを名シューティング・ガードです.(ポイント・ガードでもプレイするコンボガードのようなポジションです.)

UNC時代の相棒のカレブ・ラブとのバックコートデュオは必見です!

カレブ・ラブを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

カレブ・ラブ
カレブ・ラブ:2022年のNCAAトーナメント準決勝のデューク大学戦でThe Shotを決めた名ポイント・ガード

こういった私が解説していきます. 目次1 カレブ・ラブ2 カレブ・ラブの大学時代の活躍2.1 大学時代のハイライト動画2.2 2021年1月20日:ウェイクフォレスト大学戦で20得点の活躍2.3 20 ...

続きを見る

それでは,R・J・デイビスの活躍を紹介していきます.

R・J・デイビスの大学時代の活躍

R・J・デイビスの大学時代の活躍を紹介していきます.

R・J・デイビスの背番号は#4です.

R・J・デイビスの主な実績は以下になります.

大学時代のハイライト動画

大学時代のハイライト動画です.

2021年11月13日:ブラウン大学戦で26得点の活躍

2021年11月13日のブラウン大学戦で26得点の活躍でした.

R・J・デイビスの活躍により,UNCはブラウン大学に94-87で勝利しました.

2022年3月5日:デューク大学戦で21得点の活躍

2022年3月5日のデューク大学戦で21得点の活躍でした.

R・J・デイビスの活躍により,UNCはデューク大学に94-81で勝利しました.

2022年3月19日:ベイラー大学戦で30得点の活躍

2022年3月19日のベイラー大学戦で30得点の活躍でした.

R・J・デイビスの活躍により,UNCはオーバータイムの末,ベイラー大学に93-86で勝利しました.

2022年4月2日:NCAAトーナメント準決勝のデューク大学戦で18得点,7リバウンドの活躍

2022年4月2日のNCAAトーナメント準決勝のデューク大学戦で18得点,7リバウンドの活躍でした.

R・J・デイビスの活躍により,UNCはデューク大学に81-77で勝利しました.

2022年4月4日:NCAAトーナメント決勝のカンザス大学戦で15得点,12リバウンドの活躍

2022年4月4日のNCAAトーナメント決勝のカンザス大学戦で15得点,12リバウンドの活躍でした.

UNCはカンザス大学に69-72で惜敗しました.

まとめ

2022年のNCAAトーナメントを決勝に導いたを名シューティング・ガード「R・J・デイビス」を紹介しました.

今後のR・J・デイビスのUNCでの活躍に期待しましょう!

Go RJ!

英語の動画を楽しみたいあなたは,アメリカ企業CTOがおすすめするオンラインビジネス英会話は1つを読みましょう.

-LIFE, NORTH CAROLINA
-, , ,