LIFE TECHNOLOGY BASKETBALL

従来バスケと現代バスケのポジションの違い【AIによる分類】

2023年3月6日

悩んでいる人

従来バスケと現代バスケのポジションは違うって聞いたんだけど...

こういった悩みにお答えします.

本記事の信頼性

こういった私が解説していきます.

AIのプログラミング言語「C++/Python言語」を学べるおすすめのWebサイトを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

独学が難しいあなたは,AIを学べるオンラインプログラミングスクール3社で自分に合うスクールを見つけましょう.後悔はさせません!

国内・海外のAIエンジニアのおすすめ求人サイトを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

国内・海外のプロンプトエンジニアのおすすめ求人サイトを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

NBAを観たいあなたに「NBA Rakuten」をおすすめします.お申し込みはこちらからどうぞ.
NBA Rakuten

英語の動画を楽しみたいあなたは,アメリカ企業CTOがおすすめするオンラインビジネス英会話は1つを読みましょう.

従来バスケと現代バスケのポジションは違うという話は聞きますが,よくわかりませんよね.

そんなあなたに私が従来バスケと現代バスケのポジションについて解説します.

NBAやバスケを観戦する時に参考にして下さい.

バスケを知っている人でも少し難しい内容ですが,是非読みましょう!

目次

従来バスケの5個のポジション

従来バスケの5個のポジションを紹介します.

これらのポジションは1891年にジェームズ・ネイスミスが提案しました.

  • ポイント・ガード(PG:Point Guard)
  • シューティング・ガード(SG:Shooting Guard)
  • スモール・フォワード(SF:Small Forward)
  • パワー・フォワード(PW:Power Forward)
  • センター(C:Center)

従来バスケの5個のポジションの解説動画です.

黒子のバスケを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

シューティング・ガードの例として紹介されたコービー・ブライアント,スモール・フォワードの例として紹介されたレブロン・ジェームズを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

ポイント・ガード(PG:Point Guard)

ポイント・ガード(PG:Point Guard)は,1番(the one)とも呼ばれ,通常はチームで最も背が低く,最も優れたボールハンドリングとパサーを持つ選手です.

ポイント・ガードは通常,非常に速く,ドライブとショートレンジを得意としています.

そのため,アシスト数でチームをリードすることが多く,自分自身やチームメイトのためにショットを生み出すことができます.

素早い動きで,キー(制限区域,フリースローレーン)の外でもショットを打つことができますが,大半は3Pラインの内側かレイアップで,プレーヤーのスキルレベルに大きく左右されます.

ポイント・ガードは,「フロア将軍」(Floor General),「フロアコーチ」(Coach on the Floor),「チームの心臓」(The Heart of the Team)として注目されています.

彼らはゲームとゲーム動画を研究して,ディフェンスの弱点と自分のオフェンスの強みを認識できるようにしなければなりません.

アメフトのクォーターバック,サッカーのプレーメーカー,アイスホッケーのセンター,バレーボールのセッターに相当するポジションで,プレーを指示する責任があります.

優れたポイント・ガードは,チームの効率を高め,一般にアシスト数が多いです.

ドリブラーやプレーメーカーと呼ばれることもあります.

NBAでは,ポイント・ガードはほとんど5フィート10インチ(1.78メートル)と6フィート4インチ(1.93メートル)の間です.

ポイント・ガードは,後述する他の4つのポジションとは非常に異なっていて,バスケのゲームで多くのことを行う必要があります.

他の4つのポジションは主にシュートを決めることに焦点を当てているのに対して,ポイント・ガードは,チームに焦点を当てたメンタリティを持っている必要があります.

ポイント・ガードは主に以下の2種類があります.

  • スコアリングタイプのポイント・ガード(リードガード)
  • ファシリテータータイプのポイント・ガード(フロアのコーチ)

スコアリングタイプのポイント・ガードは,定期的に3Pまたはミッドレンジの距離から撮影する能力を持っています.

スコアリングタイプのポイント・ガードは,フローター,アクロバティックなレイアップやダンクでゴールの周りで得点することもできます.

スコアリングタイプのポイント・ガードの例として,デイミアン・リラードとステファン・カリーが挙げられます.

ステファン・カリーを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

ファシリテータータイプのポイント・ガードは,高いバスケIQ,つまりゲームに対する直感的な理解を持ち,プレーが起こる前にそれを察知できることが多いです.

さらに,ファシリテータータイプのタイプのポイント・ガードは,一般的にハーフコートセットオフェンスの達人であり,コート上の各プレーヤーの正しい位置を知っています.

ファシリテータータイプのポイント・ガードの例として,クリス・ポールが挙げられます.

シューティング・ガード(SG:Shooting Guard)

シューティング・ガード(SG:Shooting Guard)は,2番(the one)やオフガードとも呼ばれ,後述するスモール・フォワードと並んで,一般的なポジショニング戦術に用いられることから,しばしばウイングと呼ばれます.

その名の通り,ほとんどのシューティング・ガードは,3Pレンジとロングミッドレンジから多用します.

シューティング・ガードの重要な点は,辛抱強く,整然と3Pラインをボールと一直線上に循環させる能力を持つことです.

これにより,ボールを扱う他のポジションのために,オープンスペースに正しく入ることができるようになります.

バスケの他のポジションと同じように,チームメイトと効率的にコミュニケーションを取る能力が重要です.

チームメイトがいつ,どこで選手がオープンになっているかを知らなければ,チャンスが訪れたときにボールをパスすることができません.

ゲームの進化の過程で,シューティング・ガードは以下の2種類のタイプに分かれてきました.

  • オフェンシブ・スレット(Offensive Threat)
  • ディフェンシブ・ガード(Defensive Guard)

もしシューティング・ガードが,ダウンスクリーンなどのバスケのスクリーンを使って,ドリブルをあまりせずに,ペリメータージャンプショット,特に3Pを打つことに重点を置くなら,そのシューティング・ガードは一般的にキャッチ&シュートタイプのプレーヤーとして知られています.

J・J・レディックが,キャッチ&シュートタイプのタイプのプレースタイルに当てはまります.

もしシューティング・ガードがレーンへのドライブを重視し,ゴールの周辺で得点するのであれば,そのシューティング・ガードは一般的にスラッシャータイプのプレーヤーと呼ばれます.

ドウェイン・ウェイドは,レーンに切り込み,リム(ゴールの縁)の周りで得点する能力でよく知られています.

しかし,彼はミドルレンジのジャンプショットや3Pも得意としていました.

これらはオフェンシブ・スレットと呼ばれています.

もしシューティング・ガードの主な優先事項が,相手チームのスタープレーヤー(通常は他のシューティング・ガードや他のペリメータープレーヤー)を制限したり防いだりすることであれば,そのシューティング・ガードはディフェンスのスペシャリストとして知られていることでしょう.

トニー・アレンはディフェンスのスペシャリストです.

ペリメーターからシュートする能力を持ちながら,相手チームの最高のペリメータープレーヤーの得点機会を制限するシューティング・ガードは,3&Dタイプのプレーヤーと呼ばれることがあります.

ダニー・グリーンは,3&Dタイプのシューティング・ガードの例です.

これらは,ディフェンシブ・ガードとして知られています.

ダニー・グリーンを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

オフェンシブ・スレットとディフェンシブ・ガードの両方の特徴を持つ万能選手もいて,その例としてマイケル・ジョーダンやコービー・ブライアントが挙げられます.

マイケル・ジョーダンやコービー・ブライアントを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

スモール・フォワード(SF:Small Forward)

スモール・フォワード(SF:Small Forward)は3番(the three)とも呼ばれ,バスケッの主要5ポジションの中で最も汎用性の高いポジションです.

スモール・フォワードは,その役割の性質上,スモール・フォワードよりもシューティング・ガードに似ていることが多いため,多用性が重要です.

このため,スモール・フォワードとシューティング・ガードのポジションは,しばしば同じ意味で使われ,ウィングと呼ばれることもあります.

スモール・フォワードは,クイックネスやインサイドでの強さなど,さまざまな強みを持っています.

スモール・フォワードに共通するのは,積極的にポストアップやレイアップ,ダンクを試みることで,「ライン際(ペイントエリアの境界線)でファウルを誘う」能力です.

そのため,正確なファウルをもらうシュートもスモール・フォワードの共通スキルで,ファウルラインから得点の大部分を記録する選手も少なくありません.

ゴールにドライブできることに加えて,彼らは長距離からのシュートも得意です.

シューティング・ガードに次ぐ3Pシューターであり,通常,静止しているときは3Pラインのすぐ内側で待機しています.

スモール・フォワードの中には,パススキルが高く,ポイント・フォワードとしてポイント・ガードの責任を負うことができる選手もいます.

スモール・フォワードは,コート上であらゆることを少しずつこなすことができ,一般的にはスイングマンやディフェンスのスペシャリストのような役割を果たすことができます.

6フィート5インチ(1.96m)以下のスモール・フォワードは,シューティング・ガードのポジションでプレーすることもあれば,6フィート7インチ(2.01m)以上の長身のスモール・フォワードは,パワー・フォワードでプレーすることもあります.

NBAでは,スモール・フォワードは通常6フィート4インチ(1.92m)から6フィート9インチ(2.04m)の範囲です.

スモール・フォワードの代表的な選手として,レブロン・ジェームズ,ケビン・デュラント,ラリー・バード,ビリー・カニンガム,ジェームズ・ウォージー,スコッティ・ピッペンが挙げられます.

レブロン・ジェームズ,ビリー・カニンガム,ジェームズ・ウォージー,スコッティ・ピッペンを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

パワー・フォワード(PW:Power Forward)

パワー・フォワード(PW:Power Forward)は,4番(the four)としても知られ,センターと同様に「ポスト」または「ローブロック」(ローポスト)に位置する役割を果たすことが多いです.

※「ローブロック」(ローポスト)とは,ゴールに近いペイントエリアの両脇に位置するコート上の2つの長方形のうちの1つです.

パワー・フォワードは,ゴールの近くで得点することができる一方,ゴールから10~15フィートの距離からミドルレンジのジャンプショットを打つことができる,チームで最もパワフルで頼りになるスコアラーであることが多いです.

また,パワー・フォワードは非常に器用で,オフェンスとディフェンスの両方で多才でなければなりませんが,スモール・フォワードほどではありません.

パワー・フォワードの中には,シュートレンジを3Pまで広げることから,ストレッチ4と呼ばれるようになった選手もいます.

ディフェンスでは,ゴールの近くで大きな選手をガードできる強さと,ゴールから離れたところで素早い選手をガードできる運動神経が求められます.

パワー・フォワードの多くは,プレーの一部になることができ,常にローブロックにいるわけではないので,センターよりも多才な傾向があります.

6フィート8インチ(2.03m)以上の長身のパワー・フォワードは,フォワード・センターとしてパワー・フォワードとセンター担当することができます.

6フィート7インチ(2.01m)程度の小柄なパワー・フォワードは,コンボフォワードとしてSFを兼任することができます.

NBAでは,パワー・フォワードは通常6フィート7インチ(2.01メートル)から7フィート0インチ(2.13メートル)の範囲です.

パワー・フォワードは,基本的にスモール・フォワードの大きく強いバージョンですが,一般的にセンターほど背が高くなく,長くないです.

一般的に,パワー・フォワードはリバウンドが得意で,バスケIQが高いパワー・フォワードは,特にハイポストやローポストからポストスプリットアクションで素晴らしいパサーになることもあります.

身体能力の高いパワー・フォワードの代わりに,ストレッチ4はポストプレーの代わりに3Pやミッドレンジジャンプショットを主に撃つことで知られています.

ストレッチ4は,特にドロップカバレッジのディフェンステクニックに対して,ピック&ポップスクリーナーとしても非常に有用である.

例えば,ストレッチ4がスクリーンをセットした後にペリメーターにポップする場合,ディフェンダーがドロップカバレッジを実行すると,クローズアウトしてオープンジャンプの可能性のあるショットに対抗するのに十分な時間がないことがほとんどです.

パワー・フォワードの代表例として,ヤニス・アデトクンボ,ダーク・ノビツキー,デニス・ロッドマンが挙げられます.

デニス・ロッドマンを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

センター(C:Center)

センター(C:Center)は,5番(the five),ピボット,ビッグマンとも呼ばれる,通常,ベースライン付近やゴールの近くのローポストでプレーします.

センターは通常,フロアで最も背の高いプレーヤーで,「ダウンロー」または「インザペイント」(ゴールの近くのペイントエリア)で得点しますが,優れたペリメーターシューターでもあるセンターも多く存在します.

また,リバウンドを取り,ショットを競い,プレーヤーのスクリーンをセットすることに長けています.

センターのポジションに起用される選手の範囲は,比較的遅いけれどもはるかに背の高い「ゴールに向かう」選手から,パワー・フォワードにも分類されるが,ディフェンス能力,あるいはハイポストからシュートを打つミスマッチ能力で相手を圧倒できる選手に移行してきました.

この理由は,優れた技術,理想的な高さ,耐久性を兼ね備えた選手が希少であったことに起因しています.

また,より速いペースで運動量の多いバスケの発展により,伝統的なセンタープレーが少なくなり,コートを上下する万能型のプレースタイルが求められるようになったことも,時代とともに変化する要因となっています.

NBAでは,通常6フィート8インチ(2.03m)以上の身長があります.

伝統的なセンタープレーをするセンターとして,ウィルト・チェンバレン,カリーム・アブドゥル=ジャバー,ビル・ラッセル,シャキール・オニール(シャック),ボブ・マカドゥ,ドワイト・ハワードが挙げられます.

また,コートを上下するプレースタイルで活躍する万能型センターとして,ジョエル・エンビード,ニコラ・ヨキッチが挙げられます.

ボブ・マカドゥを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

ローポスト(ゴールに最も近いエリア)で得点できるセンターの存在は,オフェンス内のインサイド(ゴールから近い場所)とアウトサイド(ゴールから遠い場所)のバランスを整えるのに役立ちます.

ローポストから得点するのが簡単になりすぎると,センターはダブルチームになります.

そうすると,センターが空いているペリメーターやウィングプレーヤーに「キックアウト」するので,ペリメータープレーヤーのオープンショットの機会が生まれます.

ペリメータープレーヤーのロングレンジからのシュートがうまくなると,ディフェンスがペリメーターシューターの近くでプレーすることが多いので,センターが得点するチャンスがうまれやすいです.

参考:従来バスケのポジションを兼務する特別なポジション

参考までに,従来バスケのポジションを兼務する特別なポジションがあります.

代表的な特別なポジションは以下になります.

従来バスケのポジションの課題と現代バスケのポジションの提案

従来バスケは5つのポジションがありますが,現代バスケのポジションはポジションにとらわれずに柔軟なプレーをするポジションレスバスケが主流になっています.

NBAを始めとしたトップレベルのリーグでは,スモールボールと呼ばれる小柄な選手を中心としたフォーメーションが増え,身長や体格にとらわれず,スピードやシュート精度,ボールスキルなどを重視しています.

これにより,選手たちは自由度が高く,相手チームの弱点を突くために様々なプレースタイルを模索することで,成功を収めているチームが生まれています.

例えば,2010~2020年代に多くのNBA優勝をしたゴールデンステート・ウォリアーズが挙げられます.

ゴールデンステート・ウォリアーズのスモールラインナップ(デスラインナップ)は有名ですね!

上記の理由により,従来バスケの5つのポジションだと,うまく分類できないことが多いです.

そこで,(非公式の)現代のバスケのポジションが提案されました.

本記事では,いくつかの分類方法がある現代バスケのポジションを解説していきます.

本記事の注意点は以下になります.

  • ポジションよりロール(役割)という表現が適切な場合もありますが,本記事ではポジションという表現に統一すること
  • 同じポジション名でも提案者により意味が少し異なる場合があること
  • ポジションの分け方は一例であり,チームによっては柔軟なプレースタイルをとる場合があること(例:「スモールラインナップ」のようなチームの戦術により特定の選手が他の選手との関係でポジションを変えること)

2012年:ムトゥ・アラガッパンが提案した現代バスケの13個のポジション

2012年にムトゥ・アラガッパンが提案した現代バスケの13個のポジションを紹介します.

※ポジションというよりはロール(役割)に近い表現になります.

ムトゥ・アラガッパン(Muthu Alagappan)は,当時スタンフォード大学の4年生です.

ムトゥ・アラガッパンの分類方法は以下になります.

13個のポジションは,以下の7つの統計カテゴリーにおいて,プレーヤーがリーグ平均からの乖離を基準にしています.

  • ポイント
  • リバウンド
  • アシスト
  • スティール
  • ブロックショット
  • ターンオーバー
  • ファウル

スタッツはプレー時間を調整するために1分単位で正規化され,スターティング5とリザーブは同じように分析しています.

オフェンシブ・ボールハンドラー(Offensive Ball-Handler)

オフェンシブ・ボールハンドラー(Offensive Ball-Handler)は,ボールを扱い,得点,フリースロー,シュート試投に特化した選手です.

これに対して,スティールやブロックは平均以下です.

オフェンシブ・ボールハンドラーの代表的な選手は以下になります.

  • ジェイソン・テリー
  • トニー・パーカー

ディフェンシブ・ボールハンドラー(Defensive Ball-Handler)

ディフェンシブ・ボールハンドラー(Defensive Ball-Handler)は,ボールを扱い,アシストやスティールに特化したディフェンス重視の選手です.

得点やフリースロー,シュートに関しては「そこそこ」という感じです.

ディフェンシブ・ボールハンドラーの代表的な選手は以下になります.

  • マイク・コンリー
  • カイル・ラウリー

コンボ・ボールハンドラー(Combo Ball-Handler)

コンボ・ボールハンドラー(Combo Ball-Handler)は,オフェンスとディフェンスの両方に長けているが,どちらのカテゴリーにも偏っていない選手です.

コンボ・ボールハンドラーの代表的な選手は以下になります.

  • ジャミーア・ネルソン
  • ジョン・ウォール

シューティング・ボールハンドラー(Shooting Ball-Handler)

シューティング・ボールハンドラー(Shooting Ball-Handler)は,平均以上のフィールドゴール試投回数と得点を特徴とする得点に長けた選手です.

シューティング・ボールハンドラーの代表的な選手は以下になります.

  • ステファン・カリー
  • マヌ・ジノビリ

ステファン・カリーを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

ロールプレイング・ボールハンドラー(Role-Playing Ball-Handler)

ロールプレイング・ボールハンドラー(Role-Playing Ball-Handler)は,プレー時間が短く,統計的にゲームに大きな影響を与えない選手です.

ロールプレイング・ボールハンドラーの代表的な選手は以下になります.

  • アーロン・アフラロ
  • ルディ・フェルナンデス

3Pリバウンダー(3-Point Rebounder)

3Pリバウンダー(3-Point Rebounder)は,ボールハンドラーと比較して,リバウンドと3Pの試投数・成功数ともに平均以上のビッグマンです.

3Pリバウンダーの代表的な選手は以下になります.

  • ルオル・デン
  • チェイス・バディンジャー

スコアリング・リバウンダー(Scoring Rebounder)

スコアリング・リバウンダー(Scoring Rebounder)は,頻繁にボールを持ち,オフェンス時には注目を浴びる選手です.

スコアリング・リバウンダーの代表的な選手は以下になります.

  • ダーク・ノビツキー
  • ラマーカス・オルドリッジ

ペイント・プロテクター(Paint Protector)

ペイント・プロテクター(Paint Protector)は,ショットをブロックしてリバウンドを取る選手です.

また,得点よりもファウルを多く重ねてしまうこともあります.

ペイント・プロテクターの代表的な選手は以下になります.

  • マーカス・キャンビー
  • タイソン・チャンドラー

スコアリング・ペイント・プロテクター(Scoring Paint Protector)

スコアリング・ペイント・プロテクター(Scoring Paint Protector)は,オフェンスとディフェンスの両方で目立ち,非常に高い確率で得点,リバウンド,ショットブロックをする選手です.

スコアリング・ペイント・プロテクターの代表的な選手は以下になります.

  • ケビン・ラブ
  • ブレイク・グリフィン

NBA 1st-Team

NBA 1st-Teamは,NBAのあらゆる統計カテゴリーで平均を大きく上回る選手の選抜グループで,身長や体重に関係なく,ソフトウェアが単純にグループ分けしたものです.

NBA 1st-Teamの代表的な選手は以下になります.

  • ケビン・デュラント
  • レブロン・ジェームズ

レブロン・ジェームズを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

NBA 2nd-Team

NBA 2nd-Teamは,NBA 1st-Teamに次ぐ良い選手のグループです.

NBA 2nd-Teamの代表的な選手は以下になります.

  • ルディ・ゲイ
  • カロン・バトラー

ロール・プレーヤー(Role Player)

ロール・プレーヤー(Role Player)は,NBA 2nd-Teamに次ぐ選手のグループです.

また,ロール・プレーヤーの出場時間は少ない傾向にあります.

ロール・プレーヤーの代表的な選手は以下になります.

  • シェーン・バティエ
  • ロニー・ブリュワー

唯一無二の存在(One-of-a-Kind)

唯一無二の存在(One-of-a-Kind)は,その名の通り,桁外れなほど優秀(ユニーク)な選手です.

※ソフトウェアは,彼らを他の選手と結びつけることができなかったとのことです.

唯一無二の存在の代表的な選手は以下になります.

  • デリック・ローズ
  • ドワイト・ハワード

2017年:ブラッド・スティーブンスが提案した現代バスケの3個のポジション(派生する4個のポジションを含めて合計12個のポジション)

2017年にブラッド・スティーブンスが提案した現代バスケの3個のポジションを紹介します.

ブラッド・スティーブンスは,当時ボストン・セルティックスのコーチです.

  • ボールハンドラー(Ball Handler),ハンドラー(Handler),ガード(Guard)
  • ウイング(Wing)
  • ビッグ(Big),ビッグマン(Big Man)

また,選手たちは自分の強みに合わせて,複数の役割を担うことが求められる場合もあるため,NBA 2Kが提案する3個のポジションからそれぞれ派生する4個のポジション(合計12個)も解説します.

ボールハンドラー(Ball Handler),ハンドラー(Handler),ガード(Guard)

ボールハンドラー(Ball Handler)は,パスやドリブルでボールをコントロールする選手です.

※ハンドラー(Handler)またはガード(Guard)と表記する場合があります.

ポイント・ガードやシューティング・ガードがこの役割を担うことが多いです.攻撃の主導権を握り,相手ディフェンスを崩すために,スピードやドリブル技術,判断力が求められます.

ボールハンドラーから派生する4個のポジション(主に5フィート7インチ~6フィート5インチのプレーヤー)は下表になります.

プレースタイルタイププライマリースキルプレーヤー例
ポイント・シューターオフェンス3P,パス,ミッドレンジショット,ドリブルステファン・カリー
スラッシャーオフェンスレイアップ,インサイドショット,ドリブル,ミッドレンジショットラッセル・ウェストブルック
バックコート・ディフェンダーディフェンスオンボールディフェンス,ドリブル,スティール,パスマイク・コンリー
プレーメーカーバランスドリブル,レイアップ,パス,スティールジョン・ウォール

ウイング(Wing)

ウイング(Wing)は,両サイドを守り,得点を生み出す選手です.

シューティング・ガードやスモール・フォワードがこの役割を担うことが多いです.

シュート精度やダンク力,守備力が求められます.

また,チームの戦術に応じて,攻撃的なウイングと守備的なウイングに分かれることもあります.

ウイングから派生する4個のポジション(主に6フィート5インチ~6フィート11インチのプレーヤー)は下表になります.

プレースタイルタイププライマリースキルプレーヤー例
ウイング・シューターオフェンス3Pショット,コンテスト(接触しながらの)ショット,インサイドショット,ミッドレンジショットクレイ・トンプソン
ウィング・スコアラーオフェンスレイアップ,ミッドレンジショット,ドリブル,インサイドショットデマー・デローザン
ウィング・ディフェンダーディフェンスオンボールディフェンス,ショットブロック,スティール,ダンクカワイ・レナード
ハイブリッド・ウィングバランスレイアップ,リバウンド,ミッドレンジショット,インサイドショットヤニス・アデトクンボ

ビッグ(Big),ビッグマン(Big Man)

ビッグ(Big)は,主にインサイドを守り,リバウンドやブロックショットを担当する選手です.

※ビッグマン(Big Man)と表記する場合があります.

パワー・フォワードやセンターがこの役割を担うことが多く,身体的な強さや高さ,守備力が求められます.

また,シュートやダンクなどの得点源としても活躍することがあります.

ビッグから派生する4個のポジション(主に6フィート8インチ~7フィート1インチのプレーヤー)は下表になります.

プレースタイルタイププライマリースキルプレーヤー例
リム・プロテクターディフェンスショットブロッキング,ポストディフェンス,リバウンド,ダンクデアンドレ・ジョーダン
ストレッチ4オフェンス3Pショット,コンテスト(接触しながらの)ショット,ミッドレンジショット,リバウンドケビン・ラブ
ポスト・アンカーバランスレイアップ,リバウンド,ポストディフェンス,ポストムーブマルク・ガソル
ポスト・スコアラーオフェンスポストムーブ,インサイドショット,レイアップ,ミッドレンジショットデマーカス・カズンズ

2019年:フェデリコ・ビアンキが提案した現代バスケの5~6個のポジション

2019年にフェデリコ・ビアンキが提案した現代バスケの5~6個のポジションを紹介します.

  • 著者:フェデリコ・ビアンキ(Federico Bianchi)
  • タイトル:Towards a new meaning of modern basketball players positions
  • 発表場所:パヴィア大学電気工学科コンピュータサイエンスとマルチメディアの分野の修士論文

AIによる分類方法は以下になります.

  • データのソース:basketball-reference.comから取得し,2015~2016年シーズンの各NBA選手とユーロリーグ選手の1試合あたりの成績(スタッツ)を利用する.
  • データの分類:自己組織化マップ((SOM:Self-Organizing Map)を利用する.
    • Five Positions Training Set:従来バスケの5個のポジション毎のデータセットで学習(論文中ではうまく分類できなかったと記載)
    • All Players Training Set:全選手を1つのデータセットで学習(得点等の統計データは出場分数毎に重み付け)
    • Starting Five Training Set:スターティング5のみ(NBAは30チームなので合計150人)のデータセットで学習(論文中ではうまく分類できなかったと記載)
    • Key Players Training Set:チームで平均プレー時間の上位8人(主にスターティング5の5人とリザーブの3人)のデータセットで学習(Starting Five Training Setより良い結果が得られたと記載(本記事では結果は未紹介))
    • Position Based Training Set:従来バスケの5個のポジション毎でトップ30のプレー時間(合計150人)のデータセットで学習(論文中ではトップ30の得点(合計150人)でも試したが,プレー時間の方が良かったと記載)

本記事で紹介する現代バスケのポジションは,「Position Based Training Set」を利用して実験しました.

自己組織化マップの解説動画はこちらです.

NBA選手の5個のポジション

NBA選手の5個のポジションは以下になります.

  • オールラウンド・オールスター(All-Around All Star)
  • スコアリング・バックコート(Scoring Backcourt)
  • スコアリング・リバウンダー(Scoring Rebounder)
  • ペイント・プロテクター(Paint Protector)
  • ロール・プレーヤー(Role Player)

オールラウンド・オールスター(All-Around All Star)

オールラウンド・オールスター(All-Around All Star)は,ゲームの多くの側面で傑出しているため,多くの統計分野でリーグ平均をはるかに上回る統計値を持つ選手のことです.

オールラウンド・オールスターは,さまざまな方法でチームに変化をもたらすことができます.

オールラウンド・オールスターは基本的にはエリートスコアラーですが,スコアリング能力に優れたパススキル,多くのリバウンド,優れたディフェンススキルの特徴をすべて兼ね備えています.

オールラウンド・オールスターの代表的な選手は以下になります.

  • レブロン・ジェームズ
  • ケビン・デュラント
  • ポール・ジョージ
  • ステファン・カリー
  • ジェームズ・ハーデン

レブロン・ジェームズとステファン・カリーを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

スコアリング・バックコート(Scoring Backcourt)

スコアリング・バックコート(Scoring Backcourt)は,オフェンスのポテンシャルが高く,フロアでの主な武器となる選手です.

スコアリング・バックコートは得点が多く,パススキルも高く,アシストも多いです.

ゴールから離れてプレーすることを好むため,リバウンドやブロックでは平均以下が多いです.

スコアリング・バックコートの代表的な選手は以下になります.

  • コービー・ブライアント
  • デイミアン・リラード
  • カイリー・アービング
  • ドウェイン・ウェイド

スコアリング・リバウンダー(Scoring Rebounder)

スコアリング・リバウンダー(Scoring Rebounder)は,主に得点とリバウンドの統計分野で高い平均的な統計値を持つ選手です.

スコアリング・リバウンダーは,ゴールに背を向けたり(ローポスト)やゴールに向かったりするプレーでも熟練したスコアラーであり,高いリバウンド能力を持ちます.

また,スコアリング・バックコートよりも体格が良く,ゴールに近い位置でプレーすることが多いです.

スコアリング・リバウンダーの代表的な選手は以下になります.

  • マーク・ガソル
  • カーメロ・アンソニー
  • カール・アンソニー・タウンズ
  • アンソニー・デイビス
  • ブレイク・グリフィン

ペイント・プロテクター(Paint Protector)

ペイント・プロテクター(Paint Protector)は,サイズと優れたディフェンススキルにより,リバウンドやブロックに非常に優れた選手です.

ペイント・プロテクターは,フロアの両端でゴールに近い位置でフィジカルなプレーをします.

また,得点力は高くなく,ポイントではリーグ平均を下回ります.

ペイント・プロテクターの代表的な選手は以下になります.

  • デアンドレ・ジョーダン
  • アンドリュー・ボーガット
  • スティーブン・アダムズ
  • ケネス・フェリード

ロール・プレーヤー(Role Player)

ロール・プレーヤー(Role Player)は,1つの統計カテゴリーにおいて非常に優れているスペシャリスト(特化型の選手)か,または全統計カテゴリーにおいてリーグの平均をわずかに下回る数字を持つ選手です.

ロール・プレーヤーは,ゲームの特定の側面のスペシャリストとされる選手も含まれるため,これらの選手のプレーをユニークに表現することは難しいです.

例えば,アウトサイドシューターと呼ばれる他のプレーヤーの隙をついて得点することが主な役割の選手や,ディフェンスのスペシャリストと呼ばれる相手チームのベストプレーヤーをガードすることが役割の選手などです.

このような役割はチームにとって極めて重要ですが,その重要性は通常は統計値に反映されず,他の選手よりも低いことが多いです.

これにより,自己組織化マップの出力層でこれらの選手が一緒にクラスタ化されます.

ロール・プレーヤーの代表的な選手は以下になります.

  • マルコ・ベリネッリ
  • J・J・レディック
  • ハリソン・バーンズ
  • ジャバリ・パーカー
  • エイブリー・ブラッドリー

ユーロリーグ選手の6個のポジション

ユーロリーグ選手の6個のポジションを紹介します.

ユーロリーグ選手のオフェンシブ・バックコート(Offensive Backcourt)

ユーロリーグ選手のオフェンシブ・バックコート(Offensive Backcourt)は,ユーロリーグの選手を対象に定義された最初の新しいカテゴリーです.

ユーロリーグ選手のオフェンシブ・バックコートは,特に得点やパスなど,非常に優れたオフェンス能力を持ち,得点とアシストの値が高いことが統計的な特徴を持つ選手です.

通常は決定的なポゼッション(セットオフェンスやチームオフェンス等)でボールを扱う選手であり,いつでも最高のオフェンスプレーをすることができ,自ら得点したり,より良いポジションにいるチームメイトをアシストすることができます.

ユーロリーグ選手のオフェンシブ・バックコートの代表的な選手は以下になります.

  • アレッサンドロ・ジェンティーレ
  • ナンド・デ・コロ
  • セルジオ・ロドリゲス
  • ヴァシリス・スパヌリス

ユーロリーグ選手のスコアリング・バックコート(Scoring Backcourt)

ユーロリーグ選手のスコアリング・バックコート(Scoring Backcourt)は,NBA選手のスコアリング・バックコートと似た特徴を持つ選手です.

ユーロリーグ選手のスコアリング・バックコートは,ユーロリーグ選手のオフェンシブ・バックコートの選手に対して,得点ゲームにより専念しています.

このため,ユーロリーグ選手のスコアリング・バックコートは,偉大なスコアラーでありながらアシスト統計の値は低くなります.

ユーロリーグ選手のスコアリング・バックコートの代表的な選手は以下になります.

  • クルノスラフ・シモン
  • ルディ・フェルナンデス
  • セルヒオ・リュル

ユーロリーグ選手のアウトサイド・スコアリング・リバウンダー(Outside Scoring Rebounder)

ユーロリーグ選手のアウトサイド・スコアリング・リバウンダー(Outside Scoring Rebounder)は,スコアリング・リバウンダーのようにポイント,リバウンドに優れた数字を特徴とする統計的プロフィールを持つ選手です.

※NBA選手のために定義されたスコアリング・リバウンダーのポジションは,ヨーロッパの選手のために2つのポジションに分かれています.

アウトサイド・スコアリング・リバウンダーの特徴は,ゴールから遠く離れた場所でプレーする姿勢が良く,3Pフィールドゴール成功率が良いことです.

彼らはゴールの近くでプレーすることができ,かつ効果的なアウトサイドスコアラーでもあります.

ユーロリーグ選手のアウトサイド・スコアリング・リバウンダーの代表的な選手は以下になります.

  • ペロ・アンティック
  • ダリオ・サリッチ
  • ニコロ・メリ
  • ジャスティン・ドルマン

ユーロリーグ選手のインサイド・スコアリング・リバウンダー(Inside Scoring Rebounder)

ユーロリーグ選手のインサイド・スコアリング・リバウンダー(Inside Scoring Rebounder)は,NBA選手のスコアリング・リバウンダーと似た特徴を持つ選手です.

インサイド・スコアリング・リバウンダーは,リバウンド,得点の数値が高いです.

また,3Pフィールドゴール成功率は低いですが,2Pフィールドゴール成功率は高いため,ゴールに近いところでプレーします.

ユーロリーグ選手のインサイド・スコアリング・リバウンダーの代表的な選手は以下になります.

  • ジェームズ・オーガスティン
  • ミロ・ビラン
  • ヤニス・ブルーシス

ユーロリーグ選手のペイント・プロテクター(Paint Protector)

ユーロリーグ選手のペイント・プロテクター(Paint Protector)は,ゴールに近い位置でプレーし,良いディフェンスをする選手です.

ユーロリーグ選手のインサイド・スコアリング・リバウンダーと比較して,ユーロリーグ選手のペイント・プロテクターは得点が少ないが,ブロックとスティールは多いです.

ユーロリーグ選手のペイント・プロテクターの代表的な選手は以下になります.

  • エペイ・ウドゥ
  • ブライアント・ダンストン
  • オセロ・ハンター

ユーロリーグ選手のロール・プレーヤー(Role Player)

ユーロリーグ選手のロール・プレーヤー(Role Player)は,NBA選手のロール・プレーヤーと似た特徴を持つ選手です.

つまり,ユーロリーグ選手のロール・プレーヤーは,アウトサイドシューターやディフェンスのスペシャリストのような専門的なプレーをする選手です.

なので,ゲームに与える影響が統計に反映されない場合もあります.

※統計的なプロフィールがそれほど整っていないため,一緒に分類されます.

ユーロリーグ選手のロール・プレーヤーの代表的な選手は以下になります.

  • ダービス・ベルターンス
  • チャールズ・ジェンキンス
  • ジョシュ・カーター

2019年:クリス・ザイールが提案した現代バスケの8個のポジション

2019年にクリス・ザイールが提案した現代バスケの8個のポジションを紹介します.

  • 著者:クリス・ザイール(Chris Zaire)
  • タイトル:Redefining Positions and Players In Todays NBA, Using Machine Learning
  • 発表場所:ブログ記事

AIによる分類方法は以下になります.

  • データのソース:basketball-reference.comから取得し,2018~2019年シーズンの各NBA選手の1試合あたりの成績(スタッツ)を利用する.
  • データの前処理:線形判別分析(LDA:Linear Discriminant Analysis)で特徴量を減らして次元削減する.
  • データの分類:クラスタリング手法のk-means法を利用し,クラスタ数(k = 8)を設定して8つのクラスタに分類する(k = 8は著者が決めたマジックナンバー).
  • データの後処理:主成分分析(PCA:Principal Component Analysis)で,最終的にいくつの特徴量が欲しいかを指定してから次元削減する.

線形判別分析,k-means法,主成分分析は以下の動画がわかりやすいです.

上記の分類をすると,以下の8個のポジションになりました.

  • 据え置き型ビッグ(Stationary Big)
  • モバイル型ビッグ(Mobile Big)
  • 指名スコアラー(Designated Scorer)
  • フロア将軍(Floor General)
  • コンボ・プレーヤー(Combo Player)
  • 3Pスペシャリスト(3-Point Specialist)
  • 汎用性の高いフォワード(Versatile Forward)
  • ロール・プレーヤー(Role Player)

据え置き型ビッグ(Stationary Big)

据え置き型ビッグ(Stationary Big)は,よりオールドスクールなタイプのバスケをプレーする選手です.

2Pフィールドゴールで2位,トータルリバウンド(オフェンスリバウンドとディフェンスリバウンドを含む)で1位となり,ゴールの近くにいて,主にペイント内でディフェンスとスコアをします.

据え置き型ビッグの名前の通り,フロアをあまり動き回りません.

そのため,3Pは最下位ですが,常にゴールの近くにいるため,ブロックとファウルは1位です.

これは,オフェンスプレーヤーがゴールにドライブするとき,ペイント内のプレーヤーにぶつかることが多く,その結果,ファウルを取られることが多いからです.

据え置き型ビッグの代表的な選手は以下になります.

  • アンソニー・デイビス
  • ジョエル・エンビード
  • ラマーカス・オルドリッジ
  • カール=アンソニー・タウンズ
  • ハッサン・ホワイトサイド

モバイル型ビッグ(Mobile Big)

モバイル型ビッグ(Mobile Big)は,先述した据え置き型ビッグと多くの点で異なりますが,似ているところもある選手です.

据え置き型ビッグと同じく,モバイル型ビッグはセンターとパワー・フォワードを中心に構成されており,フロアのディフェンス面で非常に優れています.

ブロック数,ディフェンスリバウンド数,スティール数で上位にランクインしています.

両者が異なるのは,フロアのオフェンス面です.

このグループのプレーヤーは,2Pフィールドゴールは据え置き型ビッグほど多くありませんが,3Pを多く決め,一般的にオフェンスに優れています.

モバイル型ビッグの代表的な選手は以下になります.

  • ニコラ・ヨキッチ
  • パスカル・シアカム
  • マーク・ガソル
  • ルディ・ゲイ
  • アーロン・ゴードン

指名スコアラー(Designated Scorer)

指名スコアラー(Designated Scorer)は,オフェンシブなスコアリングマシンであり,シューティング・ガード,ポイント・ガード,スモール・フォワードなどのプレーヤーとポジションが混在している選手です.

指名スコアラーは,フロアのほぼすべての場所から得点することができ,素晴らしいハンドリング技術を持っており,高確率のショットを試みるために自分のスポットに簡単に到達することができます.

フィールドゴール,2Pフィールドゴール,3Pフィールドゴール,フリースロー,フリースロー率,得点と,ほとんどすべてのオフェンスカテゴリーで1位を独占しています.

指名スコアラーは最もスター性の高いグループですが,それには理由があります.

指名スコアラーは「使用率」(別名:NBA使用率)で1位になっており,チームのプレーの中で誰よりも活用されていることを意味します.

ここで,使用率とは,ある選手がフロアにいる間に使用したチームプレーの割合を推定したもので,ポゼッションがどのように終わるかで計算することができます.

例えば,フィールドゴールやフリースローの試投,あるいはターンオーバーなどです.

指名スコアラーの代表的な選手は以下になります.

  • ステファン・カリー
  • クレイ・トンプソン
  • デビン・ブッカー
  • ケンバ・ウォーカー
  • ビクター・オラディポ

ステファン・カリーを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

フロア将軍(Floor General)

フロア将軍(Floor General)は,NBAのクォーターバックと呼ばれ,フロアにいるときはチームのキャプテンであり,進行役の選手です.

コート上でボールを運び,チームのプレーやペースを指示します.

NFLのクォーターバックのように,彼らのプレーが悪いと,チーム全体がうまくいかなくなります.

フロア将軍が他の選手をアシストすることで,アシスト数が1位となり,ボールを周囲に広げ,プレーヤーにショットを打たせます.

また,スティール数も1位で,オフェンスに得点の機会を与えます.

フロア将軍は,得点源ではない選手もいますが,得点源になる選手もいます.

フロア将軍の代表的な選手は以下になります.

  • レブロン・ジェームズ
  • カイリー・アービング
  • デイミアン・リラード
  • クリス・ポール
  • ラッセル・ウェストブルック

レブロン・ジェームズを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

コンボ・プレーヤー(Combo Player)

コンボ・プレーヤー(Combo Player)は,オフェンスとディフェンスの両方でバランスの良い選手です.

※NBAではツーウェイプレーヤーと呼ばれています.

コンボ・プレーヤーは,フロアの両側(オフェンスとディフェンスの両方)で平均以上のレベルでプレーします.

オフェンスで攻撃してバケットを獲得した後,戻ってロックダウン・ディフェンスをすることができます.

ランキングもそれを表しており,オフェンスとディフェンスのすべてのカテゴリーで平均以上か中位に位置しています.

3Pスペシャリストが3Pに強いように,コンボ・プレーヤーには特別な長所はありませんが,短所もありません.

コンボ・プレーヤーの代表的な選手は以下になります.

  • カワイ・レナード
  • ポール・ジョージ
  • ジェームズ・ハーデン
  • ジミー・バトラー
  • カイル・クズマ

3Pスペシャリスト(3-Point Specialist)

3Pスペシャリスト(3-Point Specialist)は,その名前の通りの3Pに特化したスペシャリストのバスケ選手です.

現在のNBAでは,3Pラインが重視されるようになり,数年前と比べると圧倒的に3Pシュートが多くなっています.

現代NBAでは,3Pスペシャリストが重要な存在となっています.

3Pスペシャリストは,3Pを決めるのが特別に上手ですが,他のことはあまり得意ではありません.

ランクとしては,3Pフィールドゴール,3Pフィールドゴール試投数,3Pフィールドゴール率で非常に高いランクに位置していますが,他のすべてのカテゴリーに関しては,ほとんど平均以下です.

3Pスペシャリストをフルチームにするのはベストなアイデアではないかもしれないが,クラッチタイムに3Pが必要なとき,彼らは非常に貴重な存在になっています.

3Pスペシャリストの代表的な選手は以下になります.

  • カイル・コーバー
  • ダニー・グリーン
  • セス・カリー
  • チャニング・フライ
  • テレンス・ロス

ダニー・グリーンを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

汎用性の高いフォワード(Versatile Forward)

汎用性の高いフォワード(Versatile Forward)は,スモール・フォワードとパワー・フォワードのポジションの役割を果たすことが多い選手です.

スモール・フォワードとパワー・フォワードのポジションの役割を果たすことが多い選手で構成されています.

スモール・フォワードのように,汎用性の高いフォワードはゴールにドライブし,ロングレンジからシュートすることができます.

さらに,パワー・フォワードのようにミドルレンジのジャンプショットを放ちながら,ゴールの近くで得点することもできます.

攻守ともに中位ですが,平均以上の長さの割にリバウンドを取るのが得意で,トータルリバウンド数は据え置き型ビッグとモバイル型ビッグに次いで3位です.

汎用性の高いフォワードの代表的な選手は以下になります.

  • ケビン・デュラント
  • ヤニス・アデトクンボ
  • トバイアス・ハリス
  • アンドレ・イグダーラ
  • ブルック・ロペス

ロール・プレーヤー(Role Player)

ロール・プレーヤー(Role Player)は,スタッツには表れにくいが,チームにも欠かせない役割をする選手です.

ランクを見ると,ほとんどすべての項目で最下位に近いですが,だからといって重要度が低いというわけではありません.

実際,これらの選手は,チームのスター選手が高いレベルで活躍するのをサポートしています.

なぜなら,チームのスター選手やスターティング5の選手が疲れてくると,ロール・プレーヤーがベンチから戻ってきて,チームの質を高く維持するために試合に出場します.

つまり,ロール・プレーヤーは,スター選手やスターティング5の選手に必要な休息を取るために貢献します.

また,ロール・プレーヤーが出場してチームのリードを維持したり,数分間の短い時間を高いレベルで戦ったりします.

ロール・プレーヤーの代表的な選手は以下になります.

  • テリー・ロジール
  • ロドニー・フッド
  • ランス・スティーブンソン
  • ザザ・パチュリア

2020年:サミュエル・カルマンとジョナサン・ボッシュが提案した現代バスケの9個のポジション

2020年にサミュエル・カルマンとジョナサン・ボッシュが提案した現代バスケの9個のポジションを紹介します.

※クリス・ザイールが提案した現代バスケの8個のポジションと似ていますが,若干異なります.

こちらの内容は以下の論文になります.

  • 著者:パデュー大学の学部生のサミュエル・カルマン(Samuel Kalman)とシラキュース大学の学部生のジョナサン・ボッシュ(Jonathan Bosch)
  • タイトル:NBA Lineup Analysis on Clustered Player Tendencies: A new approach to the positions of basketball & modeling lineup efficiency
  • 国際会議:14th Annual MIT Sloan Sports Analytics Conference(2020年3月開催)

AIによる分類方法は以下になります.

AIによる分類結果では,以下の9個のポジションになりました.

  • ボール支配型のガード(High-Usage Guard)
  • ストレッチフォワード(Stretch Forward)
  • 3Pシューティング・ガード(3-Point Shooting Guard)
  • 伝統的なセンター(Traditional Center)
  • 汎用的なロール・プレーヤー(Versatile Role Player)
  • フロア将軍(Floor General)
  • ミッドレンジビッグ(Mid-Range Big)
  • スキルのあるフォワード(Skilled Forward)
  • ボール支配型のスコアラー(Ball-Dominant Scorer)

ボール支配型のガード(High-Usage Guard)

ボール支配率が高いガード(High-Usage Guard)は,ボールを手に持って動き,パスやアシストに関して優れた能力を持つガードの選手です.

ボール支配型のスコアラーより効率が悪く,フロア将軍ほどパスファーストではありません.

  • 高い数値の成績:アシスト率,使用率
  • 低い数値の成績:2Pのフィールドゴールのアシスト率,身長

ボール支配率が高いガードの代表的な選手は以下になります.

  • 2013~2014年シーズンのルーウィリアムズ
  • 2013~2014年シーズンのブランドン・ジェニングス

ストレッチフォワード(Stretch Forward)

ストレッチフォワード(Stretch Forward)は,フロアを広げて(ストレッチして)3Pを打つのが役割の選手です.

3Pシューティング・ガードより背が高く,リバウンドに優れていますが,後述するスキルのあるフォワードほどドリブルをしません.

  • 高い数値の成績:3Pのフィールドゴールの試投率,身長
  • 低い数値の成績:使用率,フリースロー率(フリースローの試投数/フィールドゴールの試投数)

ストレッチフォワードの代表的な選手は以下になります.

  • 2011~2012年シーズンのシェーン・バティエ
  • 2012~2013年シーズンのスティーブ・ノヴァック

3Pシューティング・ガード(3-Point Shooting Guard)

3Pシューティング・ガード(3-Point Shooting Guard)は,キャッチ&シュートの3Pシューターです.

ストレッチフォワードより背が低く,ボール支配率が高いガードほどボールを手にすることはありません.

シュートを打つのが役割で,クリエイトするのが役割ではありません.

  • 高い数値の成績:3Pフィールドゴールの成功率,3Pフィールドゴールのアシスト率
  • 低い数値の成績:オフェンスリバウンド率(ディフェンスリバウンド率が多いという意味),ターンオーバー率(1回の攻撃でターンオーバーする割合,パスが少ないことが理由)

3Pシューティング・ガードの代表的な選手は以下になります.

  • 2016~2017年シーズンのクレイ・トンプソン
  • 2017~2018年シーズンのJ・J・レディック

伝統的なセンター(Traditional Center)

伝統的なセンター(Traditional Center)は,リム付近でプレーする選手です.

ミッドレンジビッグのように遠くからシュートを打つことはあまりないですが,リバウンダーやリム・プロテクターとして非常に効果的です.

  • 高い数値の成績:ダンクの試投率,オフェンスリバウンド率
  • 低い数値の成績:3Pフィールドゴールの試投率,3Pフィールドゴールの成功率

伝統的なセンターの代表的な選手は以下になります.

  • 2014~2015年シーズンのデアンドレ・ジョーダン
  • 2017~2018年シーズンのタイソン・チャンドラー

汎用的なロール・プレーヤー(Versatile Role Player)

汎用的なロール・プレーヤー(Versatile Role Player)は,ほとんどの統計で平均的な選手です.

何かに秀でているわけではないが,平均を大きく下回ることはありません.

汎用的なロール・プレーヤーにはガードとフォワードが混在しています.

  • 高い数値の成績:2Pフィールドゴールのアシスト率,オフェンスリバウンド率
  • 低い数値の成績:得点,フィールドゴールの試投数

汎用的なロール・プレーヤーの代表的な選手は以下になります.

  • 2013~2014年シーズンのショーン・リビングストン
  • 2017~2018年シーズンのバム・アデバヨ

フロア将軍(Floor General)

フロア将軍(Floor General)は,パスファーストのガードの選手です.

身長が低く,高使用率のガードやボール支配力のあるスコアラーのようにシュートを打つことはありません.

  • 高い数値の成績:アシスト率,ターンオーバー率1回の攻撃でターンオーバーする割合,パスが多いことが理由)
  • 低い数値の成績:身長,2Pフィールドゴールのアシスト率

フロア将軍の代表的な選手は以下になります.

  • 2010~2011年シーズンのジェイソン・キッド
  • 2011~2012年シーズンのラジョン・ロンド

ミッドレンジビッグ(Mid-Range Big)

ミッドレンジビッグ(Mid-Range Big)は,リムでプレーするが,ステップアウトして10~16フィートのジャンプショットを打つことができる選手です.

オフェンスリバウンドよりもディフェンスリバウンドに優れています.

  • 高い数値の成績:10~23.75フィート(ゴールから3Pラインまでの距離)のフィールドゴールの試投率,ディフェンスリバウンド率
  • 低い数値の成績:3Pフィールドゴールの試投率,3Pフィールドゴールの成功率

ミッドレンジビッグの代表的な選手は以下になります.

  • 2008~2009年シーズンのパウ・ガソル
  • 2014~2015年シーズンのティアゴ・スプリッター

スキルのあるフォワード(Skilled Forward)

スキルのあるフォワード(Skilled Forward)は,長身のフォワードでスキルが高い選手です.

ディフェンダーにドライブすることができるが,ほとんどの3Pがアシストから決めます.

ストレッチフォワードよりもリバウンドに優れているが,3Pのシュートは少ないです.

  • 高い数値の成績:ディフェンスリバウンド率,3Pフィールドゴールのアシスト率
  • 低い数値の成績:アシスト率,スティール率(その選手がフロアにいる間にスティールで終わった相手ポゼッションの割合を推定した割合)

スキルのあるフォワードの代表的な選手は以下になります.

  • 2013~2014年シーズンのアンソニー・デイビス
  • 2010~2011年シーズンのサージ・イバカ

ボール支配型のスコアラー(Ball-Dominant Scorer)

ボール支配型のスコアラー(Ball-Dominant Scorer)は,ボール支配型のガードよりも効率的な選手です.

ボール支配型のスコアラーは,得点を取るだけでなく,必要であればパスする能力もあります.

多くの2Pシュートは,ゴールにドライブして決めます.

また,チームの得点源になることが多いです.

ボール支配型のスコアラーの代表的な選手は以下になります.

  • 2017~2018年シーズンのジェームズ・ハーデン
  • 2017~2018年シーズンのレブロン・ジェームズ

レブロン・ジェームズを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

まとめ

従来バスケと現代バスケのポジションの違いについて紹介しました.

現代バスケのポジションは多様化していて,AIによる分類の研究があることがわかりました.

従来バスケと現代バスケのポジションの分類は下表になります.

NBAやバスケを観戦する時に参考にして下さい.

項目従来バスケ
(公式)
現代バスケ
(非公式)
現代バスケ
(非公式)
現代バスケ
(非公式)
現代バスケ
(非公式)
現代バスケ
(非公式)
提案年1891年2012年2017年2019年2019年2020年
提案者ジェームズ・ネイスミスムトゥ・アラガッパンブラッド・スティーブンス(派生はNBA 2K)フェデリコ・ビアンキクリス・ザイールサミュエル・カルマンとジョナサン・ボッシュ
ポジション数5個13個3個(派生は12個)5~6個8個9個
ポジションの分類方法独自の考え統計データを平均からの乖離で分類独自の考え統計データを自己組織化マップで分類統計データをk-means法で分類統計データをModel-based Clusteringで分類

AIのプログラミング言語「C++/Python言語」を学べるおすすめのWebサイトを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

独学が難しいあなたは,AIを学べるオンラインプログラミングスクール3社で自分に合うスクールを見つけましょう.後悔はさせません!

国内・海外のAIエンジニアのおすすめ求人サイトを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

国内・海外のプロンプトエンジニアのおすすめ求人サイトを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

NBAグッズが欲しいあなたはNBA Storeへどうぞ!

NBAを観たいあなたに「NBA Rakuten」をおすすめします.お申し込みはこちらからどうぞ.
NBA Rakuten

英語の動画を楽しみたいあなたは,アメリカ企業CTOがおすすめするオンラインビジネス英会話は1つを読みましょう.

-LIFE, TECHNOLOGY, BASKETBALL
-, , , ,