BUSINESS LIFE TECHNOLOGY ETHEREUM

Web4.0とは【多くの定義があります】

悩んでいる人

Web4.0を教えて!

こういった悩みにお答えします.

本記事の信頼性

  • リアルタイムシステムの研究歴12年.
  • 東大教員の時に,英語でOS(Linuxカーネル)の授業.
  • 2012年9月~2013年8月にアメリカのノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)コンピュータサイエンス学部で客員研究員として勤務.C言語でリアルタイムLinuxの研究開発.
  • プログラミング歴15年以上,習得している言語: C/C++PythonSolidity/Vyper,Java,Ruby,Go,Rust,D,HTML/CSS/JS/PHP,MATLAB,Assembler (x64,ARM).
  • 東大教員の時に,C++言語で開発した「LLVMコンパイラの拡張」,C言語で開発した独自のリアルタイムOS「Mcube Kernel」GitHubにオープンソースとして公開
  • 2020年1月~現在はアメリカのノースカロライナ州チャペルヒルにあるGuarantee Happiness LLCのCTOとしてECサイト開発やWeb/SNSマーケティングの業務.2022年6月~現在はアメリカのノースカロライナ州チャペルヒルにあるJapanese Tar Heel, Inc.のCEO兼CTO.
  • 最近は自然言語処理AIイーサリアムに関する有益な情報発信に従事.
    • (AI全般を含む)自然言語処理AIの論文の日本語訳や,AIチャットボット(ChatGPT,Auto-GPT,Gemini(旧Bard)など)の記事を50本以上執筆.アメリカのサンフランシスコ(広義のシリコンバレー)の会社でプロンプトエンジニア・マネージャー・Quality Assurance(QA)の業務委託の経験あり.
    • (スマートコントラクトのプログラミングを含む)イーサリアムや仮想通貨全般の記事を250本以上執筆.イギリスのロンドンの会社で仮想通貨の英語の記事を日本語に翻訳する業務委託の経験あり.

こういった私から学べます.

国内・海外のブロックチェーンエンジニアのおすすめ求人サイトを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

仮想通貨を取引したいあなたは,まずは国内取引所のCoincheckを開設しましょう!

Coincheck

Coincheckが扱っていない仮想通貨を取引したい場合や低い手数料で取引したい場合は,海外取引所を開設する必要があります.

しかし,海外取引所は日本円が使えないので,国内取引所から仮想通貨を送る必要があります.

そこで,以下のおすすめの仮想通貨取引所(主に海外)で開設して,Coincheckからビットコインやイーサリアムを送りましょう!

Web4.0とは

Web4.0とは,Web3.0に続くWebの次のステージとして提案されているコンセプトです.

Web4.0の主な特徴は以下になります.

  • 人間と機械の共生:デジタル世界と物理世界のシームレスな融合を目指し,人間と機械が自然な形で相互作用し,コラボレーションします.AIを搭載したアシスタントが私たちのニーズを予測したり,コネクテッドデバイスが私たちの好みに適応したり,メタバースのような没入型体験がバーチャルと現実の境界線を曖昧にしたりすることが含まれます.
  • 高度なAIとデータ:強力な人工知能システムと高度なデータ分析は,Web4.0の機能を実現する上で重要な役割を果たします.例えば,インテリジェントなパーソナルエージェント,リアルタイムのデータに基づく自動化された意思決定,超パーソナライズされた体験などです.
  • 分散化とユーザコントロール:Web3.0の分散化に焦点を当て,Web4.0ではユーザが自分のデータとオンライン・アイデンティティをよりコントロールできるようになります.ブロックチェーンベースのプラットフォーム上で自分のデジタル資産を所有し,中央集権的な仲介者に頼ることなくウェブとやりとりすることができます.
  • ユーザ体験の重視:Web4.0の目的は,より直感的かつインタラクティブで,パーソナライズされたウェブ体験を創造することです.強化された感覚的インタラクション,適応型インターフェース,個々のユーザに合わせた没入型コンテンツなどの機能が含まれる可能性があります.

Web4.0とWeb3.0の比較は以下になります.

  • Web3.0は,分散型,ユーザの所有権,データの意味的理解を重視しています.Web4.0はこれらのアイデアをベースにしつつ,AI,人間と機械のインタラクション,没入型体験に強く焦点を当てています.
  • Web3.0はまだ開発の初期段階ですが,Web4.0はさらに概念的なものです.

Web4.0の注意点は以下になります.

  • Web4.0は,固定された技術や標準のセットではなく,Web4.0の未来像です.
  • Web4.0の正確な特徴や機能性はまだ議論され,模索されています.
  • Web4.0の開発と実装のスケジュールは不確定です.

全体として,Web4.0は,デジタルと物理の境界線を曖昧にし,より没入的でパーソナライズされたオンライン体験を生み出し,私たちのWebとの関わり方を変革する可能性を秘めています.

Web4.0を定義する記事・論文・動画

Web4.0を定義する記事・論文・動画です.

Web4.0は多くの定義があることがわかります.

参考:他のWeb

他のWeb(Web2.0とWeb3.0サービスの比較やWeb5.0)を知りたいあなたはこちらからどうぞ.

まとめ

Web3.0に続くWebの次のステージとして提案されているコンセプト「Web4.0」を紹介しました.

Web4.0には多くの定義があることがわかりました.

国内・海外のブロックチェーンエンジニアのおすすめ求人サイトを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

仮想通貨を取引したいあなたは,まずは国内取引所のCoincheckを開設しましょう!

Coincheck

Coincheckが扱っていない仮想通貨を取引したい場合や低い手数料で取引したい場合は,海外取引所を開設する必要があります.

しかし,海外取引所は日本円が使えないので,国内取引所から仮想通貨を送る必要があります.

そこで,以下のおすすめの仮想通貨取引所(主に海外)で開設して,Coincheckからビットコインやイーサリアムを送りましょう!

-BUSINESS, LIFE, TECHNOLOGY, ETHEREUM
-,