LIFE BASKETBALL

2020年のNBA優勝はロサンゼルス・レイカーズ

本記事の信頼性

  • 2012年9月~2013年8月にマイケル・ジョーダンの母校「ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)」で客員研究員として働いた経験があり,アメリカの大学バスケ(NCAA)やNBAに詳しい
  • 2020年1月~現在はアメリカのノースカロライナ州チャペルヒル(UNCがある場所)にあるスタートアップ「Guarantee Happiness LLC」でCTOとして働いているので,アメリカの最新のバスケに詳しい.(コロナの影響のため,2021年現在は日本からアメリカの仕事をリモートワーク.)
  • 中高はバスケ部で,中学は千葉県ベスト8,高校は千葉県ベスト16.UNCの学生やノースカロライナの地元の方と一緒にアメリカのバスケの経験あり

こういった私が解説していきます.

2020年のNBA優勝はロサンゼルス・レイカーズに決まりました!

NBAファイナルのMVPはレブロン・ジェームズです!

ロサンゼルス・レイカーズのNBAプレーオフからファイナルまでの戦いを振り返ってみましょう!

目次

NBAウェスタンカンファレンス1回戦 vs. ポートランド・トレイルブレイザーズ

第1試合:レイカーズ 93 vs. トレイルブレイザーズ 100

トレイルブレイザーズのエースのデイミアン・リラードが34得点の大活躍でレイカーズに勝利しました.

コロナの影響で今年は特別ルールにより,プレーオフの進出チームを決めるシーディングゲームが開催されました.

トレイルブレイザーズはグリスリーズとのプレイイン・ゲーム(プレイオフ最終枠決定戦)に勝利し,その勢いでレイカーズとの初戦を戦いました.

対するレイカーズは試合が空いてしまって,試合感を取り戻していなかったのか,イマイチ調子が良くない印象でした.

第2試合:レイカーズ 111 vs. トレイルブレイザーズ 88

前回の試合からレイカーズが立て直してトレイルブレイザーズに勝利しました.

レイカーズのオフェンスとディフェンスの連携が改善しました.

デイミアン・リラードが左手の人差し指を脱臼したのが気になりました.

第3試合:レイカーズ 116 vs. トレイルブレイザーズ 108

レブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスのデュオが第3Qに猛攻をしかけて勝利しました.

強すぎですね...

第4試合:レイカーズ 135 vs. トレイルブレイザーズ 115

第1Qにトレイルブレイザーズを圧倒し,レブロン・ジェームズによる安定した試合運びで勝利しました.

隙がない王者の戦いでした.

第5試合:レイカーズ 131 vs. トレイルブレイザーズ 122

前半は同点でしたが,第4Qにトレイルブレイザーズに同点に追いつかれた後にレイカーズが猛攻を仕掛けて勝利しました.

レブロン・ジェームズは34得点,10リバウンド,10アシストのトリプルダブルの活躍でした!

NBAウェスタンカンファレンス準決勝 vs. ヒューストン・ロケッツ

第1試合:レイカーズ 97 vs. ロケッツ 112

ロケッツのエースのジェームズ・ハーデンの活躍で先勝しました.

ロケッツのスモールラインナップにレイカーズのディフェンスが翻弄されている印象でした.

第2試合:レイカーズ 117 vs. ロケッツ 109

第1Qにレイカーズが大量リードをして,このまま勝利するのかと思いきや,第3Qにロケッツが逆転し,第4Qにレイカーズが再逆転するというジェットコースターのような試合でした.

レイカーズがロケッツのスモールラインナップに振り回されながらも,レブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスの活躍でどうにか押し切りました!

第3試合:レイカーズ 112 vs. ロケッツ 102

第3Qまで接戦でしたが,第4Qにレイカーズが畳み掛けて勝利しました!

第4Qにロケッツのロバート・コビントンが顔面を強打したのが痛々しかったです...

第4試合:レイカーズ 110 vs. ロケッツ 100

レイカーズが安定した試合運びで,第3Q終了時には16点差まで開きましたが,残り58秒にロケッツに5点差まで追い上げられました.

最後にレイカーズが突き放してどうにか逃げきました.

レイカーズの主な勝因は,スターティング5のセンターを典型的なセンターのジャベール・マギーではなく,俊敏性の高いマーキーフ・モリスに変更したことです.

つまり,ロケッツのスモールラインナップに対抗するためのレイカーズのスモールラインナップが功を奏しましたね.

第5試合:レイカーズ 119 vs. ロケッツ 96

レイカーズのスモールラインナップがうまく噛み合った試合です.

序盤から終盤まで圧倒し,ロケッツのスモールラインナップを完全攻略して勝利しました.

NBAウェスタンカンファレンス決勝 vs. デンバー・ナゲッツ

第1試合:レイカーズ 126 vs. ナゲッツ 114

レイカーズのセンターのドワイト・ハワードらの活躍により,ナゲッツのエースのニコラ・ヨキッチが第2Qにファウルトラブルでベンチに戻り,その間にレイカーズが突き放して勝利しました.

レイカーズのチーム層の厚さを感じる試合でした.

第2試合:レイカーズ 105 vs. ナゲッツ 103

最後まで手に汗握る接戦でしたが,アンソニー・デイビスの3Pのブザー・ビーターにより勝利しました.

このシュートはレイカーズとアンソニー・デイビスの歴史に刻まれるでしょう.必見です!

第3試合:レイカーズ 106 vs. ナゲッツ 114

ナゲッツのエースのジャマール・マレーが28得点,8リバウンド,12アシストの(トリプルダブルに近い)ダブルダブルの活躍により勝利しました.

レブロン・ジェームズは30得点,10リバウンド,11アシストのトリプルダブルの活躍でしたが,レイカーズは3Pとフリースローが不調でおもうように得点できなかったことが敗因です.

第4試合:レイカーズ 114 vs. ナゲッツ 108

レイカーズが3Pとフリースローと改善して勝利しました.

ジャマール・マレーは若かりし頃のマイケル・ジョーダンのようなダブルクラッチをレブロン・ジェームズ相手に決めましたが,あと一歩及ばなかったです.

第5試合:レイカーズ 117 vs. ナゲッツ 107

レイカーズがナゲッツの1勝3敗からの大逆転劇を阻止して勝利しました.

※ナゲッツはプレーオフの1回戦とカンファレンスファイナルを1勝3敗から3連勝して勝ち上がってきました.

この試合は,第1Qにナゲッツのニコラ・ヨキッチがファウルトラブルに陥ると,第2Q以降はレイカーズがリードを保ちました.

第4Qにナゲッツがジャマール・マレーを中心に追い上げようとしましたが,レブロン・ジェームズが9得点連続でシュートを決めて試合を決めました

NBAファイナル vs. マイアミ・ヒート

第1試合:レイカーズ 116 vs. ヒート 98

レイカーズが攻守ともにヒートを圧倒して勝利しました.

ヒートのバム・アデバヨが左肩を負傷,ゴラン・ドラギッチが左足裏を負傷したのが気になりました.

第2試合:レイカーズ 124 vs. ヒート 114

この試合でレイカーズは全勝のブラック・マンバ・ジャージを着て戦い,勝利しました!

ブラック・マンバ・ジャージを着たレイカーズは4戦全勝で負けませんね.

レイカーズのレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスのコンビが強すぎです!

ヒートのバム・アデバヨとゴラン・ドラギッチが負傷して試合に出られなかったのが大きく影響しています.

ヒートのジミー・バトラーは第1試合に足首を負傷しましたが,大事ではなかったのか,試合は出場して活躍していました.

ただ,チームの総合力は,レイカーズが勝っていた印象ですね.

第3試合:レイカーズ 104 vs. ヒート 115

ヒートのエースのジミー・バトラーが神がかり的な活躍をして勝利しました.

第1Qにレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスがそれぞれ4回ターンオーバーをし,アンソニー・デイビスがファウルトラブルに陥っていました.

ヒートのレイカーズ対策の戦術がうまくハマった印象でした.

特に,ジミー・バトラーはレブロン・ジェームズの1 on 1を制して勝利したのはすごかったです.かっこいい!

ジミー・バトラーはレブロン・ジェームズに第1Qに"You're in Trouble!"と言われたので,第4Qに言い返したそうです.

第4試合:レイカーズ 102 vs. ヒート 96

レイカーズがヒートとの接戦をものにして,3勝1敗で優勝に王手を掛けました.

レブロン・ジェームズが試合のペースを握り,最後にアンソニー・デイビスがダメ押しの3Pとジミー・バトラーへのブロックで勝負ありでした.

バム・アデバヨが怪我から復帰して活躍しましたが,レブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスのデュオが上回った印象でした.

第5試合:レイカーズ 108 vs. ヒート 111

これまでNBAプレーオフでは4戦全勝のブラック・マンバ・ジャージを着て戦ったレイカーズを,ヒートのエースのジミー・バトラーがトリプルダブル(35得点,12リバウンド,11アシスト)の活躍で打ち破りました!

レイカーズは最後の最後でダニー・グリーンのシュートが決まらず,マーキーフ・モリスのアンソニー・デイビスへのパスミスが響きました...

第6試合:レイカーズ 106 vs. ヒート 93

第5試合の接戦を落としたレイカーズが奮起して序盤からレイカーズが圧倒しました.

ヒートは第5試合の疲れが残っているのか,精細を書きハーフタイムではレイカーズ 64点に対してヒートは36点と28点差がつきました.

レブロン・ジェームズは28得点,14リバウンド,10アシストのトリプルダブルでチームを引っ張りました.

レイカーズは第5試合のブラック・マンバ・ジャージで土をつけられた借りを返して優勝ですね!

まとめ

2020年のNBA優勝はロサンゼルス・レイカーズです!

ロサンゼルス・レイカーズのNBAプレーオフの戦いで優勝までの試合を紹介しました.

今回のロサンゼルス・レイカーズの成績をまとめると以下になります.

  • ロサンゼルス・レイカーズは通算17回目の優勝(コービー・ブライアント率いる2010年以来10年ぶり)
  • NBAプレーオフとファイナルの成績:16勝5敗
    • vs. ポートランド・トレイルブレイザーズ:4勝1敗
    • vs. ヒューストン・ロケッツ:4勝1敗
    • vs. デンバー・ナゲッツ:4勝1敗
    • vs. マイアミ・ヒート:4勝2敗
  • ブラック・マンバ・ジャージを着た試合:4勝1敗

レイカーズの主力プレイヤーのレブロン・ジェームズ,アンソニー・デイビス,ダニー・グリーンの実績は以下になります.

  • レブロン・ジェームズ:通算4回目の優勝,通算4回目のファイナルMVP,異なる3チームで優勝(マイアミ・ヒート,クリーブランド・キャバリアーズ,ロサンゼルス・レイカーズ)
  • アンソニー・デイビス:初優勝
  • ダニー・グリーン:異なる3チームで優勝(サンアントニオ・スパーズ,トロント・ラプターズ,ロサンゼルス・レイカーズ)

ノースカロライナ大学チャペルヒル校出身で私と同じターヒールズのダニー・グリーンが優勝できて嬉しいです!Congratulations!

ダニー・グリーンに興味があるあなたはこちらの記事をどうぞ.

ダニー・グリーン:マイケル・ジョーダンと同じ大学出身でNCAAとNBAで優勝した選手

こういった私が解説していきます. 目次1 ダニー・グリーン2 ダニー・グリーンの大学時代の活躍3 ダニー・グリーンのNBA時代の活躍3.1 2009~2010年:クリーブランド・キャバリアーズ時代の活 ...

続きを見る

NBAを観たいあなたに「NBA Rakuten」をおすすめします.お申し込みはこちらからどうぞ.
NBA Rakuten

ロサンゼルス・レイカーズの優勝をお祝いしたいあなたに優勝記念グッズをおすすめします!




英語の動画を楽しみたいあなたは,アメリカ企業CTOがおすすめするオンラインビジネス英会話は1つを読みましょう.

-LIFE, BASKETBALL
-, , , , , , , , , , , , ,

© 2021 元東大教員/アメリカのスタートアップCTO