C LANGUAGE TECHNOLOGY

【C言語】OpenSSLでSSLクライアント・サーバ

悩んでいる人

C言語のOpenSSLでSSLクライアント・サーバを教えて!

こういった悩みにお答えします.

本記事の信頼性

  • リアルタイムシステムの研究歴12年.
  • 東大教員の時に,英語でOSの授業.
  • 2012年9月~2013年8月にアメリカのノースカロライナ大学チャペルヒル校コンピュータサイエンス学部2021年の世界大学学術ランキングで20位)で客員研究員として勤務.C言語でリアルタイムLinuxの研究開発
  • プログラミング歴15年以上,習得している言語: C/C++Solidity/Vyper,Java,Python,Ruby,HTML/CSS/JS/PHP,MATLAB,Assembler (x64,ARM).
  • 東大教員の時に,C++言語で開発した「LLVMコンパイラの拡張」,C言語で開発した独自のリアルタイムOS「Mcube Kernel」GitHubにオープンソースとして公開

こういった私から学べます.

【C言語】OpenSSLでSSLクライアント・サーバ

C言語のOpenSSLでSSLクライアント・サーバを紹介します.

OpenSSLのライブラリ関数の一覧はこちらを参照して下さい.(関数名に大文字を利用するものが多いです.)

OpenSSLでSSLクライアント・サーバのコード

OpenSSLでSSLクライアント・サーバのコードは,以下の4ファイルになります.

  • common.h,common.c:クライアント・サーバの共通コード
  • openssl_client.c:クライアントのコード
  • openssl_server.c:サーバのコード

クライアントとサーバがポート番号65432でローカル通信するコードになります.

これらのコードとMakefileは,こちらからダウンロードできます.

ダウンロードしたら以下の手順で解凍してmakeでビルドして下さい.

参考までに,common.h,common.c,openssl_client.c,openssl_server.cは以下になります.

SSLのサーバ鍵と証明書の作成とクライアント・サーバの実行

クライアント・サーバの実行前の準備として,SSLのサーバ鍵と証明書の作成を行います.

makeでビルド済みの状態から解説していきます.

試しにサーバを実行してみると,以下のようにSSL_CTX_use_cetificate_file関数の呼び出しでエラーになります.

SSLのサーバ鍵と証明書がないからですね.

「make gen」と入力してSSLのサーバ鍵と証明書を作成します.

入力を求められますが,デフォルトで構いませんので,エンターキーを連打します.

lsコマンドを入力するとserver.crt,server.csr,server.keyが作成されていることがわかります.

準備ができたので,クライアント・サーバを実行します.

まずはサーバの起動します.

ポート番号65432でコネクション待ちになっていることがわかります.

次に違う端末でクライアントを起動します.

何も表示されませんが,入力待ちになっていることがわかります.

サーバの端末を見てみると,「new connection from 127.0.0.1:35238」の表示が追加されています.(ポート番号は実行毎に変動します.)

そうしたらクライアント・サーバのどちらかで文字を入力してエンターキーを押すと,それぞれサーバ・クライアントにデータが送れることを確認しましょう!

まとめ

C言語のOpenSSLでSSLクライアント・サーバを紹介しました.

OpenSSLでSSL通信をしたいあなたは,参考にして下さい.

C言語を独学で習得することは難しいです.

私にC言語の無料相談をしたいあなたは,公式LINE「ChishiroのC言語」の友だち追加をお願い致します.

私のキャパシティもあり,一定数に達したら終了しますので,今すぐ追加しましょう!

友だち追加

独学が難しいあなたは,元東大教員がおすすめするC言語を学べるオンラインプログラミングスクール5社で自分に合うスクールを見つけましょう.後悔はさせません!

-C LANGUAGE, TECHNOLOGY
-, , , , , ,