BUSINESS LIFE TECHNOLOGY ETHEREUM

仮想通貨による資金調達とは【ICO,STO,IEO,IDO】

悩んでいる人

仮想通貨による資金調達を教えて!

こういった悩みにお答えします.

仮想通貨による資金調達とは

仮想通貨による資金調達とは,仮想通貨の運営元(企業等)が仮想通貨を発行して,法定通貨(米ドル,日本円等)や既存の仮想通貨(ビットコインやイーサリアム等)を調達することです.

いわゆる,株式の上場時等に,株式公開またはInitial Public Offering(IPO)を発行して資金調達をする仕組みの仮想通貨版ですね.

有名な仮想通貨の資金調達方法として以下がありますので,それぞれ解説していきます.

ICO,STO,IEO,IDOの解説動画はこちらです.

Initial Coin Offering(ICO)

Initial Coin Offering(ICO)とは,仮想通貨を用いた資金調達の一種です.

クラウドファンディングの一形態であることが多いですが,一般からの投資を求めないプライベートなICOも可能です.

ICOでは,法定通貨またはビットコインやイーサリアム等の他の(一般に確立され,より安定した)仮想通貨と引き換えに,仮想通貨の量が「トークン」の形で投資家に販売されています.

トークンは,ICOの資金調達目標が達成され,プロジェクトが成功した場合,将来の通貨機能単位として宣伝されます.

ICOの課題は,法的拘束力がなく,ICO詐欺(ICO Scams)が横行したことです.

ICO詐欺の事例はこちらの記事が参考になります.

Security Token Offering(STO)

Security Token Offering(STO)は,セキュリティトークンとして知られるデジタル証券をトークン化し,セキュリティトークン取引所において販売する公募の一種です.

トークンは,株式や債券などの実際の金融資産の取引に使用することができ,ブロックチェーンの仮想台帳システムを使用してトークン取引を保存し,検証することができます.

トークンは証券に分類されるため,STOは規制の影響を受けやすく,数多くの詐欺的なスキームが存在するICOよりも安全な投資の選択肢となります.

さらに,ICOは従来の取引所で行われないため,中小企業ではIPOと比較してSTOがより安価な資金源となります.

規制されている証券取引所のSTOは,大きな効率とコスト削減を実現できる可能性を持っています.

Initial Exchange Offering(IEO)

Initial Exchange Offering(IEO)は,株式公開またはIPOと同様の内容を仮想通貨取引所が行う公募です.

IEOは,新興企業の資金調達を目的として,確立された取引所を通じて仮想通貨を調達するプロセスです.

取引所は投資家と新興企業の仲介役として,デューデリジェンスのプロセスや資金調達段階で提供されるサービスから生じる手数料で利益を得ています.

IEOとICOは互いに似た特徴を持ちますが,IEOは暗号通貨市場における法的影響と金融規制の増加により,ICOから進化したものと見なすことができます.

国内ではCoincheck IEOの以下のトークンが挙げられます.

海外ではBybit IEOの以下のトークンがあります.

Initial DEX Offering(IDO)

Initial DEX Offering(IDO)は,分散型取引所(DEX:Decentralized EXchange)でホストされるあらゆるタイプの資産を表すトークンです.

IDOは,プロジェクトが分散型流動性取引所を通じて仮想通貨をローンチすることを指します.

また,IDOは,企業がその資産に関して賢明な経営判断を下しながら,製品やサービスを充実させる経済にコミュニティを参加させるためのツールを提供します.

まとめ

仮想通貨による資金調達方法のICO,STO,IEO,IDOを紹介しました.

仮想通貨のニュースでよく出てくる用語なので覚えておきましょう!

仮想通貨を取引したいあなたは,まずは国内取引所のCoincheckを開設しましょう!

Coincheck

Coincheckが扱っていない仮想通貨を取引したい場合や低い手数料で取引したい場合は,海外取引所を開設する必要があります.

しかし,海外取引所は日本円が使えないので,国内取引所から仮想通貨を送る必要があります.

そこで,以下のおすすめの仮想通貨取引所(主に海外)で開設して,Coincheckからビットコインやイーサリアムを送りましょう!

-BUSINESS, LIFE, TECHNOLOGY, ETHEREUM
-, , , , , ,