BUSINESS LIFE TECHNOLOGY ETHEREUM

有向非巡回グラフ(DAG:Directed Acyclic Graph)を利用する仮想通貨【ブロックチェーンキラー】

悩んでいる人

有向非巡回グラフ(DAG:Directed Acyclic Graph)を利用する仮想通貨を教えて!

こういった悩みにお答えします.

仮想通貨を取引したいあなたは,まずは国内取引所のCoincheckを開設しましょう!

Coincheck

Coincheckが扱っていない仮想通貨を取引したい場合や低い手数料で取引したい場合は,海外取引所を開設する必要があります.

しかし,海外取引所は日本円が使えないので,国内取引所から仮想通貨を送る必要があります.

そこで,以下のおすすめの仮想通貨取引所(主に海外)で開設して,Coincheckからビットコインやイーサリアムを送りましょう!

有向非巡回グラフ(DAG:Directed Acyclic Graph)を利用する仮想通貨

有向非巡回グラフ(DAG:Directed Acyclic Graph)を利用する仮想通貨を紹介します.

まずはDAGを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

DAGは,分散型台帳(DLT:Distributed Ledger Technology)のもう一つの形態で,ブロックチェーンに匹敵する技術になる可能性があります.

ブロックチェーンを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

DAGは複数のチェーンをもつブロックチェーンで,非巡回の場合において一つのチェーンに統合可能なものと言えます.

DAGはブロックチェーンと同様に分散型台帳に取引を記録しますが,その方法は大きく異なります.

ブロックチェーンとDAGの関係を語る動画です.

それでは,DAGとブロックチェーンの違いをそれぞれ解説していきます.

DAGがブロックチェーンキラーと呼ばれる理由がわかります.

DAGとブロックチェーンの構造

ブロックチェーンは,ネットワーク上のすべてのノードによって複製された分散型台帳です.

この分散型台帳は,改ざん不可能な時系列で取引のブロックの鎖(チェーン)を形成します.

取引はブロックに束ねられ,検証されます.

検証されたブロックにはスタンプが押され,以前に検証されたブロックのチェーンに追加されます.

これに対して,DAGは,個々のトランザクションが他の複数のトランザクションにリンクされたネットワークです.

DAGネットワークにはトランザクションのブロックは存在しません.

ブロックチェーンがリストだとすれば,DAGはツリーであり,あるトランザクションから別のトランザクションへ,さらに別のトランザクションへと枝分かれします.

リストを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

DAGとブロックチェーンのコンセンサス

ブロックチェーンでは,コンセンサスはブロックごとに取引を検証することで達成されます.

なので,PoWやPoS等の様々なコンセンサスアルゴリズムが存在します.

DAGでは,個々のトランザクションが互いの検証を行います.

ネットワーク利用者は,自分自身のトランザクションを検証することはできませんが,採掘者であり検証者になります.

なので,DAGでは一般的に手数料を支払う必要がほとんどないことを意味します.

ブロックチェーンとDAGの長所

ブロックチェーンの長所は,透明性と不変性を提供することです.

また,ビットコインのような暗号通貨やイーサリアムのような分散型アプリケーションプラットフォームの基盤として,比較的よく確立されています.

ブロックチェーンは,中~高額の取引に確かな保証と費用対効果を提供します.

DAGの長所は,効率的なスケーリングと手数料の回避・削減により,マイクロトランザクションを含む大量の取引に適していることです.

また,DAGはマイニングマシンや装置を必要としないため,エネルギー消費量も少なくなります.

ブロックチェーンとDAGの課題

ブロックチェーンの課題は,取引量が増加すると,ストレージとネットワークの帯域幅の要件が増加することです.

また,PoWは大量のコンピューティングパワーと電力を消費する可能性があります.

マイニングは一部の大手マイニングユーザや企業に集中する可能性があり,暗号通貨の価値が大きく下落した場合,マイニングのインセンティブが完全に失われる可能性があり,取引手数料の高さも問題である.

もちろん,PoWやPoSを含むコンセンサスアルゴリズムがありますが,完璧なコンセンサスアルゴリズムの構築は未解決の問題です.

DAGの課題は,トランザクションの量が減ると,攻撃に対して脆弱になる可能性があります.

このリスクを軽減するために,DAGのプロジェクトでは,中央コーディネーター,事前に選択された検証者または証人ノード,あるいは完全にプライベートなネットワークシステムといった中央集権型な機能が盛り込まれてきました.

しかしながら,これらの中央集権的な機能により,DAGは高いレベルの分散型の機能を維持することができていません.

DAGを利用する仮想通貨

DAGを利用する仮想通貨を紹介します.

IOTA(アイオタ)

IOTA(アイオタ)は,IoTシステム向けにTangleと呼ばれる有向非巡回グラフ(DAG:Directed Acyclic Graph)を利用して非許可型の分散型台帳を実装する仮想通貨です.

IOTAの詳細を知りたいあなたはこちらからどうぞ.

Obyte(Byteball)

Obyte(Byteball)は,DAGをベースとした分散型台帳です.

Obyteの特徴は,中央集権型台帳やブロックチェーンとは異なり,分散,仲介なし,フリー(自由という意味),平等,オープンであることです.

Byteballの解説動画はこちらです.

Obyteが取引できる主な仮想通貨取引所はUniswap,PancakeSwapです(取引できる仮想通貨取引所はこちら).

Uniswap,PancakeSwapを含む分散型取引所(DEX:Decentralized EXchange)を知りたいあなたはこちらからどうぞ.

ADK(Aidos Kuneen)

ADK(Aidos Kuneen)は,ポスト量子時代の高速,匿名,ブロックレス,分散型,スケーラブルなソリューションとして,手数料ゼロの送金を実現するために開発された仮想通貨です.

ADKは,iMeshと呼ばれる機構を採用しており,iMesh内では全ての取引が直接参照され,DAG構造を形成しています.

.た,量子安全暗号であるWinternitzワンタイム署名方式を採用しています.

ADKの解説動画はこちらです.

ADKの代表が「諦めた?」という発言に関する動画です.

気になるあなたは是非観ましょう!

ADKが取引できる仮想通貨取引所はこちらです.

※結構マイナーな仮想通貨取引所です.

Nano(旧RailBlocks,XRB)

Nano(旧RailBlocks,XRB)は,DAGと分散型台帳をベースとする仮想通貨です.

Nanoは仲介者を介さずに機能することが可能になります.

Nanoでどのような取引をコミットするか(=コンセンサス)の合意形成には,口座の保有通貨量に応じた重みを持つ「公開代表投票」(Open Representative Voting)と呼ばれるシステムを採用しています.

Nanoの解説動画はこちらです.

Nanoは多くの仮想通貨取引所で取引できます(取引できる仮想通貨取引所はこちら).

おすすめの仮想通貨取引所で取引しましょう!

Sui

Suiは,DAGを利用するイーサリアムのライバル(イーサリアムキラー)の仮想通貨です.

Suiを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

Hedera

Hederaは,DAGを利用するイーサリアムのライバル(イーサリアムキラー)の仮想通貨です.

Hederaを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

Kaspa

Kaspaは,blockDAGと呼ばれるDAGを利用するイーサリアムのライバル(イーサリアムキラー)の仮想通貨です.

Kaspaを知りたいあなたはこちらからどうぞ.

まとめ

有向非巡回グラフ(DAG:Directed Acyclic Graph)を利用する仮想通貨を紹介しました.

DAGはブロックチェーンキラーであることがわかりました.

仮想通貨を取引したいあなたは,まずは国内取引所のCoincheckを開設しましょう!

Coincheck

Coincheckが扱っていない仮想通貨を取引したい場合や低い手数料で取引したい場合は,海外取引所を開設する必要があります.

しかし,海外取引所は日本円が使えないので,国内取引所から仮想通貨を送る必要があります.

そこで,以下のおすすめの仮想通貨取引所(主に海外)で開設して,Coincheckからビットコインやイーサリアムを送りましょう!

-BUSINESS, LIFE, TECHNOLOGY, ETHEREUM
-, , , ,