C LANGUAGE TECHNOLOGY

【C言語】名前付きパイプを作成するmkfifo関数の使い方

悩んでいる人

C言語で名前付きパイプを作成するmkfifo関数の使い方を教えて!

こういった悩みにお答えします.

本記事の信頼性

  • リアルタイムシステムの研究歴12年.
  • 東大教員の時に,英語でOSの授業.
  • 2012年9月~2013年8月にアメリカのノースカロライナ大学チャペルヒル校コンピュータサイエンス学部2021年の世界大学学術ランキングで20位)で客員研究員として勤務.C言語でリアルタイムLinuxの研究開発
  • プログラミング歴15年以上,習得している言語: C/C++Solidity/Vyper,Java,Python,Ruby,HTML/CSS/JS/PHP,MATLAB,Assembler (x64,ARM).
  • 東大教員の時に,C++言語で開発した「LLVMコンパイラの拡張」,C言語で開発した独自のリアルタイムOS「Mcube Kernel」GitHubにオープンソースとして公開

こういった私から学べます.

C言語で名前付きパイプを作成するmkfifo関数

mkfifo関数は,名前pathnameを持つFIFOスペシャルファイル(名前付きパイプ)を作成します.

FIFOの許可モードはmodeで指定され,プロセスのumaskによって通常の方式で変更を受けます.

作成されたファイルの許可モードは(mode & ~umask)となります.

FIFOスペシャルファイルはパイプに似ていますが,作成方法が異なります.

FIFOスペシャルファイルは名前のない通信路ではなく,mkfifo関数の呼び出しによりファイルシステムの中に追加されます.

mkfifo関数の使い方

mkfifo関数を利用するコードは以下になります.

mkfifo.cはMKFIFO_FILEに書き込んだ後に読み込みます.

これに対して,mkfifo2.cはMKFIFO_FILEに読み込んだ後に書き込みます.

2つの端末でそれぞれのコードをコンパイルして実行して下さい.

まず,mkfifo.cの実行ファイルから「abc」と改行コードを入力すると,mkfifo2.cの端末に「user1: abc」と表示されます.

次に,mkfifo2.cの実行ファイルから「def」と改行コードを入力すると,mkfifo.cの端末に「user2: def」と表示されます.

つまり,mkfifo.cの端末は以下のように表示されます.

また,mkfifo2.cの端末は以下のように表示されます.

まとめ

C言語でmkfifo関数の使い方を紹介しました.

名前付きパイプを利用したい時は,参考にして下さい!

C言語を独学で習得することは難しいです.

私にC言語の無料相談をしたいあなたは,公式LINE「ChishiroのC言語」の友だち追加をお願い致します.

友だち追加

独学が難しいあなたは,元東大教員がおすすめするC言語を学べるオンラインプログラミングスクール5社で自分に合うスクールを見つけましょう.後悔はさせません!

-C LANGUAGE, TECHNOLOGY
-, , , , , ,