MICHAEL JORDAN LIFE

マイケル・ジョーダンとルーク・ロングリーの物語【1996~1998年のシカゴ・ブルズの3連覇に貢献】

本記事の信頼性

  • 2012年9月~2013年8月にマイケル・ジョーダンの母校「ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)」で客員研究員として働いた経験があり,アメリカの大学バスケ(NCAA)やNBAに詳しい
  • 2020年1月~現在はアメリカのノースカロライナ州チャペルヒル(UNCがある町)にあるスタートアップ「Guarantee Happiness LLC」でCTO,2022年6月~現在はアメリカのノースカロライナ州チャペルヒルにあるJapanese Tar Heel, Inc.のCEO兼CTOとして働いているので,アメリカの最新のバスケに詳しい
  • 中高はバスケ部で,中学は千葉県ベスト8,高校は千葉県ベスト16.UNCの学生やノースカロライナの地元の方と一緒にアメリカのバスケの経験あり

こういった私が解説していきます.

マイケル・ジョーダンとルーク・ロングリーの物語

マイケル・ジョーダンとルーク・ロングリーの物語を紹介します.

マイケル・ジョーダンとルーク・ロングリーは,1995~1998年のNBAのシカゴ・ブルズ時代にチームメイトで,1996~1998年のシカゴ・ブルズの3連覇に貢献しました.

マイケル・ジョーダンのNBA時代の活躍を知りたいあなたはこちらからどうぞ.

マイケル・ジョーダン NBA
マイケル・ジョーダンのNBA時代の活躍

こういった悩みにお答えします. こういった私が解説していきます. マイケル・ジョーダンのNBA時代の活躍は,とても長い記事です. 記事を全部読む時間がないあなたは,興味がある部分だけでも読んで頂ければ ...

続きを見る

ルーク・ロングリーの主な実績は以下になります.

  • 1996~1998年:シカゴ・ブルズの3連覇に貢献
  • 2000年:シドニーオリンピックでオーストラリア代表として4位入賞に貢献

ルーク・ロングリーの解説動画です.

ルーク・ロングリーのNBA選手時代の活躍

ルーク・ロングリーのNBA選手時代の活躍を紹介していきます.

ルーク・ロングリーのポジションは,センターです.

ルーク・ロングリーは,1991~2001年にNBA選手でした.

  • 1991~1994年:ミネソタ・ティンバーウルブズ
  • 1994~1998年:シカゴ・ブルズ
  • 1998~2000年:フェニックス・サンズ
  • 2000~2001年:ニューヨーク・ニックス

本記事では,マイケル・ジョーダンと共にプレイした1995~1998年のシカゴ・ブルズ時代について主に解説していきます.

ルーク・ロングリーのハイライト動画です.

ルーク・ロングリーの「マイケル・ジョーダン:ラストダンス」に関する動画

ルーク・ロングリーの「マイケル・ジョーダン:ラストダンス」に関する動画です.

「マイケル・ジョーダン:ラストダンス」は2020年に公開されたマイケル・ジョーダンが主演のドキュメンタリーです.

「マイケル・ジョーダン:ラストダンス」を含むマイケル・ジョーダンが主演の映画を知りたいあなたはこちらからどうぞ.

マイケル・ジョーダン 映画
マイケル・ジョーダンが主演のバスケ映画

こういった悩みにお答えします. こういった私が解説していきます. 目次1 1989年:Come Fly With Me2 1991年:Prostars3 1996年:スペース・ジャム4 1999年:M ...

続きを見る

まとめ

マイケル・ジョーダンとルーク・ロングリーの物語を紹介しました.

ルーク・ロングリーは,1996~1998年のシカゴ・ブルズの3連覇に貢献したことがわかりました.

英語の動画を楽しみたいあなたは,アメリカ企業CTOがおすすめするオンラインビジネス英会話は1つを読みましょう.

-MICHAEL JORDAN, LIFE
-, , ,