C LANGUAGE TECHNOLOGY

【C言語】 メモリエリアを暗号化(操作)するmemfrob関数の使い方と自作関数

悩んでいる人

C言語でメモリエリアを暗号化(操作)するmemfrob関数の使い方と自作関数を教えて!

こういった悩みにお答えします.

本記事の信頼性

  • リアルタイムシステムの研究歴12年.
  • 東大教員の時に,英語でOSの授業.
  • 2012年9月~2013年8月にアメリカのノースカロライナ大学チャペルヒル校コンピュータサイエンス学部2021年の世界大学学術ランキングで20位)で客員研究員として勤務.C言語でリアルタイムLinuxの研究開発
  • プログラミング歴15年以上,習得している言語: C/C++Solidity/Vyper,Java,Python,Ruby,HTML/CSS/JS/PHP,MATLAB,Assembler (x64,ARM).
  • 東大教員の時に,C++言語で開発した「LLVMコンパイラの拡張」,C言語で開発した独自のリアルタイムOS「Mcube Kernel」GitHubにオープンソースとして公開

こういった私から学べます.

memfrob関数

memfrob関数は,メモリエリアsの最初のnバイトのそれぞれの文字を42との排他的論理和(XOR)を計算して暗号化(操作)します.

変換後のデータは,暗号化されているメモリエリアに(再度)memfrob関数を施すことで,元に戻すことができます.

memfrob関数の返り値は,暗号化されたメモリエリアへのポインタです.

memfrob関数は妥当な暗号化ルーチンであるとは言えないことに注意して下さい.

XORを計算する定数を42に固定しているため,簡単に復号できます.

なので,文字列を隠す程度の用途にしか向いていません.

暗号化の基本を学ぶ用途として適切です.

memfrob関数の使い方

memfrob関数の使い方は以下になります.

実行結果は以下になります.

abcと入力するとKHIに暗号化します.

KHIを入力するとabcに復号できることがわかります.

memfrob関数の自作関数

memfrob関数の自作関数は以下になります.

実行結果は以下になります.

まとめ

C言語でメモリエリアを暗号化(操作)するmemfrob関数の使い方と自作関数を紹介しました.

memfrob関数は暗号化の基本を学ぶ用途として適切であることがわかりました.

C言語を独学で習得することは難しいです.

私にC言語の無料相談をしたいあなたは,公式LINE「ChishiroのC言語」の友だち追加をお願い致します.

私のキャパシティもあり,一定数に達したら終了しますので,今すぐ追加しましょう!

友だち追加

独学が難しいあなたは,元東大教員がおすすめするC言語を学べるオンラインプログラミングスクール5社で自分に合うスクールを見つけましょう.後悔はさせません!

-C LANGUAGE, TECHNOLOGY
-, , , , , , ,