C LANGUAGE TECHNOLOGY

【C言語】ハッシュテーブルの管理関数の使い方【hcreate/hsearch/hdestroy/hcreate_r/hsearch_r/hdestroy_r関数】

悩んでいる人

C言語でハッシュテーブルの管理関数の使い方を教えて!

こういった悩みにお答えします.

本記事の信頼性

  • リアルタイムシステムの研究歴12年.
  • 東大教員の時に,英語でOSの授業.
  • 2012年9月~2013年8月にアメリカのノースカロライナ大学チャペルヒル校コンピュータサイエンス学部2021年の世界大学学術ランキングで20位)で客員研究員として勤務.C言語でリアルタイムLinuxの研究開発
  • プログラミング歴15年以上,習得している言語: C/C++Solidity/Vyper,Java,Python,Ruby,HTML/CSS/JS/PHP,MATLAB,Assembler (x64,ARM).
  • 東大教員の時に,C++言語で開発した「LLVMコンパイラの拡張」,C言語で開発した独自のリアルタイムOS「Mcube Kernel」GitHubにオープンソースとして公開

こういった私から学べます.

ハッシュテーブルの管理関数

ハッシュテーブルの管理関数を紹介します.

hcreate/hsearch/hdestroy関数の3つの関数を利用すると,キー(文字列)と対応するデータから構成されるエントリーを格納できるハッシュ検索テーブルを作成,管理することができます.

これらの関数を利用して一度に使用できるのは一つのハッシュテーブルだけです.

hcreate_r/hsearch_r/hdestroy_r関数の3つの関数は,hcreate/hsearch/hdestroy関数のリエントラント版です.

これらの関数を利用すると,一つのプログラムで同時に複数のハッシュテーブルを使うことができます.

最後の引数htabは関数の操作対象となるテーブルを示す構造体へのポインタです.

プログラマはこの構造体をブラックボックスとして扱うべきです.

なので,この構造体のフィールドに直接アクセスしたり変更したりしないように注意して下さい.

hcreate関数は,ハッシュテーブルを作成する関数です.

引数nelでテーブルの最大エントリ数を指定します (この最大値は後で変更できないので注意して下さい.).

hcreate_r関数はhcreate関数と同じ動作をしますが,構造体*htabで示されるテーブルを対象として動作します.
htabが指し示す構造体は,hcreate_r関数を初めて呼び出す前に0で埋めておかなければなりません.

hcreate/hcreate_r関数が成功した場合は0以外の値を返し,エラーの場合は0を返します.

hsearch関数は,第1引数itemと同じキーを持つ項目をハッシュテーブルから検索し,項目が見つかった場合にはその項目へのポインタを返します (「同じ」かどうかは strcmp関数を利用して判定します.).

引数itemはENTRY型であり,以下のように定義されています.

strcmp関数を知りたいあなたはこちらからどうぞ.

C言語 文字列の比較
【C言語】strcmp/strncmp関数と自作関数で文字列の比較

こういった悩みにお答えします. こういった私から学べます. 目次1 C言語で文字列の比較2 strcmp/strncmp関数2.1 strcmp/strncmp関数の利用例2.2 strcmp/str ...

続きを見る

検索が失敗した後の動作は,第2引数actionにより決まります.

この引数にはENTERかFINDのどちらかの値を指定します.

ENTERはitem のコピーを挿入することを(関数の結果として新しいハッシュテーブルエントリーへのポインターを返す),FINDはNULLを返すことを意味します(actionがFINDの場合,dataは無視されます.).

hsearch_r関数はhsearch関数と同様ですが,*htabで示されるハッシュテーブルに対して処理を行う点が異なります.

hsearch_r関数は,見つかった項目へのポインタを,関数の結果としてではなく,retvalに格納して返します.

hsearch関数の返り値は,ハッシュテーブル内のエントリーへのポインタです.

エラーの場合,hsearch関数はNULLを返します.

エラーとなるのは,actionがENTERでハッシュテーブルがいっぱいの場合か,actionがFINDでitemがハッシュテーブル内に見つからない場合です.

hsearch_r関数は,成功すると0以外を返し,エラーの場合は0を返します.

hdestroy関数は,hcreate関数で作成されたハッシュテーブルが占有していたメモリを解放します.

ハッシュテーブルによって占有されていたメモリを解放し,新しいテーブルを作成できるようにします.

hdestroy関数を呼び出すと,その後は hcreate関数を使って新しいハッシュテーブルを作成することができます.

hdestroy_r関数は,同様の処理を,それ以前にhcreate_r関数を使って作成した*htabで示されるハッシュテーブルに対して実行します.

ハッシュテーブルの管理関数の使い方

ハッシュテーブルの管理関数の使い方を紹介します.

hcreate/hsearch/hdestroy関数の使い方

hcreate/hsearch/hdestroy関数の使い方は以下になります.

実行結果は以下になります.

hcreate_r/hsearch_r/hdestroy_r関数の使い方

hcreate_r/hsearch_r/hdestroy_r関数の使い方は以下になります.

実行結果は以下になります.

まとめ

C言語でハッシュテーブルの管理関数の使い方を紹介しました.

ハッシュテーブルの標準ライブラリ関数を利用する時に参考にして下さい.

ハッシュテーブルの自作関数を知りたいあなたはこちらからどうぞ.

C言語 ハッシュテーブル
【C言語】ハッシュテーブルとは【ハッシュチェイン法,オープンアドレス法】

こういった悩みにお答えします. こういった私から学べます. 目次1 ハッシュテーブル(ハッシュ表)2 ハッシュチェイン法(オープンハッシュ法)3 オープンアドレス法(クローズドハッシュ法)4 まとめ ...

続きを見る

C言語を独学で習得することは難しいです.

私にC言語の無料相談をしたいあなたは,公式LINE「ChishiroのC言語」の友だち追加をお願い致します.

私のキャパシティもあり,一定数に達したら終了しますので,今すぐ追加しましょう!

友だち追加

独学が難しいあなたは,元東大教員がおすすめするC言語を学べるオンラインプログラミングスクール5社で自分に合うスクールを見つけましょう.後悔はさせません!

-C LANGUAGE, TECHNOLOGY
-, , , , , , ,