C LANGUAGE TECHNOLOGY

【C言語】浮動小数点数の剰余演算ができるfmod/remainder関数の使い方

悩んでいる人

C言語で浮動小数点数の剰余演算ができるfmod/remainder関数の使い方を教えて!

こういった悩みにお答えします.

本記事の信頼性

  • リアルタイムシステムの研究歴12年.
  • 東大教員の時に,英語でOSの授業.
  • 2012年9月~2013年8月にアメリカのノースカロライナ大学チャペルヒル校コンピュータサイエンス学部2021年の世界大学学術ランキングで20位)で客員研究員として勤務.C言語でリアルタイムLinuxの研究開発
  • プログラミング歴15年以上,習得している言語: C/C++Solidity/Vyper,Java,Python,Ruby,HTML/CSS/JS/PHP,MATLAB,Assembler (x64,ARM).
  • 東大教員の時に,C++言語で開発した「LLVMコンパイラの拡張」,C言語で開発した独自のリアルタイムOS「Mcube Kernel」GitHubにオープンソースとして公開

こういった私から学べます.

C言語で剰余演算子(%)を利用すれば整数で剰余演算ができます.

しかし,浮動小数点数(実数)では剰余演算子で剰余演算はできません.

そこで本記事ではC言語で浮動小数点数の剰余演算ができるfmod/remainder関数の使い方を紹介します.

C言語の浮動小数点数で剰余演算子(%)を利用

C言語の浮動小数点数で剰余演算子(%)を利用したコードは以下になります.

コンパイル結果は以下になります.

コンパイルエラーになってしまいました.

fmod関数

fmod関数と派生関数を紹介します.

fmod/fmodf/fmodl関数は,xをyで割った浮動小数点剰余を計算します.

返り値はx-n*yです(nはx/yの商を0に近い方に丸めたものです).

fmod/fmodf/fmodl関数の使い方は以下になります.

実行結果は以下になります.

3/1.6=1.875なのでn=1となり,返り値は3-1*1.6=1.4になりました.

浮動小数点数で剰余演算ができることがわかりました.

remainder関数

remainder関数と派生関数を紹介します.

remainder/remainderf/remainderl関数は,浮動小数点数xをyで割った余りを計算します.

返り値はx-n*yです(nはx/yの値を最も近い整数に丸めたもの).

x-n*yの絶対値が0.5の場合,偶数になるようにnが選ばれます.

remainder/remainderf/remainderl関数の使い方は以下になります.

実行結果は以下になります.

3/1.6=1.875なのでn=2となり,返り値は3.0-2*1.6=-0.2になりました.

fmod関数と結果が異なりますので注意して下さい.(同じ結果になる場合もあります.)

まとめ

C言語で浮動小数点数の剰余演算ができるfmod/remainder関数の使い方を紹介しました.

浮動小数点数で剰余演算をしたい時に利用しましょう!

C言語を独学で習得することは難しいです.

私にC言語の無料相談をしたいあなたは,公式LINE「ChishiroのC言語」の友だち追加をお願い致します.

私のキャパシティもあり,一定数に達したら終了しますので,今すぐ追加しましょう!

友だち追加

独学が難しいあなたは,元東大教員がおすすめするC言語を学べるオンラインプログラミングスクール5社で自分に合うスクールを見つけましょう.後悔はさせません!

-C LANGUAGE, TECHNOLOGY
-, , , , , , , ,